ここは知っておくべき!Windows Server 2008技術TIPS

第2回 シンプルなOSの提供「Server Core」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

Windows Server 2008では新しいインストールオプションとして「Server Core」が選択できるようになりました。これはWindows Serverの「Core(中核)⁠のみが提供され,それ以外のプログラムは一切排除された必要最小限のOSのことです。

Windowsといえばお馴染みのGUIが省略され,いわばコマンドプロンプトのみのOSです。管理全てをコマンドラインから行う必要があります(図1)⁠

図1 Server Coreの画面

図1 Server Coreの画面

今回はこのServer Coreの管理方法などを中心に見ていきましょう。前半は2008での機能,後半は2008R2での新機能を紹介します。

なぜServer Coreなのか

まずはメリットです。

従来のWindows Serverでは,使っている構成には必要の無いサービスが動いていることも多く,それが原因で攻撃を受けたり,あるいは適切なパッチを当てる手間をかけていることがあったかと思います。

このServer Coreでは,用途に必要な役割・機能だけを選んで構成するため,動いているサービスなども最低限のものに絞ることが可能です。その分,攻撃されるポイントを減らすことが可能となり,また必要なパッチなども減るため管理者のメンテナンスの負荷も軽減されるというメリットもあります。

また,必要なシステム要件も通常インストールのおよそ半分程度で動くとされており(メモリ1Gバイト以上,ハードディスク40Gバイト以上)⁠現状のマシンスペックのまま2008を検証することも実現しやすくなります。

ただし,すべてのServer要素がCoreで実現できるわけではなく,また管理作業は基本的にすべてコマンドラインで行うという,少し面倒な作業も発生することになります。

サポートされている役割

  • DHCPサーバー
  • DNSサーバー
  • IIS(ただし.NET Frameworkが提供されないためASP.NETは不可)
  • Active Directoryドメイン サービス
  • Active Directoryライトウェイト ディレクトリ サービス
  • ファイル サービス
  • Hyper-V(Windows Server仮想化)
  • 印刷サービス

サポートされている機能

  • BitLockerドライブ暗号化
  • BITSサーバー拡張
  • フェールオーバークラスタリング
  • マルチパスI/O
  • ネットワーク負荷分散
  • 高品質なWindows オーディオビデオエクスペリエンス
  • リムーバブル記憶域マネージャ
  • SNMPサービス
  • UNIXベースアプリケーション用サブシステム
  • Telnetクライアント
  • Windowsインターネットネームサービス (WINS)
  • Windows Serverバックアップ

上記でおわかりいただけるように,Server CoreをファイルサーバやDHCP/DNSサーバ,ドメインコントローラとして,またWebサーバとして使用することもできます。ただし,.NET Frameworkは利用できないため,ASP.NETが対応外となり,アプリケーションサーバとして使用することはできません。また,同じ理由からPower Shellを使うこともできませんので注意が必要です。

Server Coreを導入する場面としてお勧めするのが,支店などのサーバです。たとえば,BitLockerドライブ暗号化を組み入れたファイルサーバとしてServer Coreを構成したり,同じくBitLockerで暗号化した読取専用のドメインコントローラ(後日紹介予定)を導入するといったことが想定されます。

Server Coreの導入

次に,インストールやその後の作業についてご紹介しましょう。

インストール

まずインストールです。2008のどのエディションでもServer Coreのオプションを選択することができます。ただし,対応しているのはクリーンインストール(新規インストール)のみで,既存のWindows Serverや2008のフルインストールからのアップグレードはできなくなっています。また現時点では,いったんCoreで構成した2008をフルインストールしたServerへアップグレードすることもできないため,最初の段階でCoreと決めた場合にはずっとCoreオプションの状態で使用し続ける必要があります。

インストール作業はフルインストールとほぼ同じく,最小限の設定のみがウィザードで行われ,管理者パスワードやコンピュータ名などはインストール後に行うこととなります。通常であればGUIによる「初期構成タスク」画面で設定ができますが,Coreの場合にはコマンドからこれらを設定する必要があります。

まずは,管理者administratorのパスワード設定です。このコマンドで確認用も含め2回パスワードを入力すると設定完了です。

net user administrator *

次に,コンピュータ名の変更も行います。インストール直後はランダムな英数字で名前が付けられています。⁠%computername%」を使用することで,わざわざ現在のコンピュータ名を調べて入力する必要はなくなります。

SV1CORE という名前にセットする例

netdom renamecomputer %computername% /newname:SV1CORE

また必要に応じて,コンピュータを再起動させます。

shutdown /r

図2 コンピュータ名を変更する例

図2 コンピュータ名を変更する例

著者プロフィール

安藤奈帆子(あんどうなほこ)

マイクロソフト認定トレーナー(パソナテック所属)として,ITプロフェッショナル向けコースを担当するほか,教育企画・開発を担当。

Microsoft Certified Trainer Award 2006新人賞 受賞
Microsoft Certified Trainer Award 2009優秀賞 受賞

パソナテックMicrosoft University
URLhttp://www.pasonatech.co.jp/msu/

コメント

コメントの記入