まるごと図解シリーズ最新 ブロードバンド通信がわかる

[表紙]最新 ブロードバンド通信がわかる

A5判/240ページ

定価(本体1,580円+税)

ISBN 4-7741-1277-1

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

ADSL,FTTHなどの高速な個人向けインターネット接続「ブロードバンド通信」のしくみや特徴,利用法をはじめ,関連するLANの技術,携帯電話の通信サービス,無線インターネット,今後のさらなる高速化の動向など,話題のキーワードを図解でやさしく解説します。

こんな方におすすめ

  • ブロードバンドという言葉の意味していることを知りたい方
  • FOMAやcdma2000について知りたい方

目次

  • はじめに

1章 百花繚乱,ブロードバンド開始

  • 1-1. ブロードバンド通信事始め
  • 1-2. ブロードバンドって,実は曖昧なのです
  • 1-3. ブロードバンドは,どこまで指すか
  • 1-4. 1分間でどれだけできるか
  • 1-5. どこまでブロードバンド通信は伸びるか
  • 1-6. ラストワンマイルの通信手段
  • 1-7. ヘビー or ライトなブロードバンド
  • 1-8. ブロードバンド通信の条件
  • 1-9. 変化する電話の世界
  • コラム「CATVインターネットに関して」
  • 2章 ブロードバンドで何ができる
  • 2-1. ブロードバンドで新たにできること
  • 2-2. ブロードバンドがオフィスにもたらすもの
  • 2-3. ストリーミングアプリケーション
  • 2-4. なぜ,ストリーミング技術は必要か
  • 2-5. ストリーミングの仕組み
  • 2-6. 圧縮技術の歴史
  • 2-7. MPEG1/2の圧縮の仕組み
  • 2-8. MPEG4の特徴
  • 2-9. MPEG7とMP3
  • 2-10. P2P
  • 2-11. ユーザーが用意するもの
    • ●モデムとメディア・コンバーター
  • 2-12. LANカードとLANケーブル
  • 2-13. パワーのあるパソコンが不可欠
  • 2-14. PPPoEとDHCP
  • 2-15. 簡便ファイヤーウォール
  • 2-16. ブロードバンドルーター
  • コラム「国際標準」

3章 ヘビーなFTTHは速い

  • 3-1. FTTHへの足どり
  • 3-2. NTTのFTTHとユーセンのFTTH
  • 3-3. シェアドアクセスの仕組み
  • 3-4. シェアドアクセスとインターネット電話
  • 3-5. 2段階アクセスの要,地域IP網
  • 3-6. 2段階接続の認証で使われるPPPoE接続
  • 3-7. 本格化するフレッツ・Office
  • 3-8. Bフレッツの実力は?
  • 3-9. NTTのFTTHサービスの課題
  • 3-10. ユーセン低価格設定の秘密
    • ●月額6000円の源泉
  • 3-11. コア・テクノロジー,WDM
  • 3-12. 2段構えの光ファイバー網
  • 3-13. 出発点は,イーサネット
  • 3-14. 普及の決め手,10BASE-T
  • 3-15. 光ファイバーの高速LANが登場
  • 3-16. FTTHの立て役者,光ファイバー
  • 3-17. 交通整理をするLANスイッチ
    • ●LANスイッチの交通整理
  • 3-18. 遅いネットワークと速いネットワーク
  • 3-19. いよいよユーザー宅に
    • ●100Mbps出せるのだろうか
  • 3-20. ユーセンFTTHの使い勝手
    • ●コンテンツ・プロバイダー
  • 3-21. ユーセンFTTHとNTT地域会社FTTH
  • 3-22. FTTH普及の障害
  • 3-23. 100MbpsFTTH以上のブロードバンド
  • コラム「ストリーミング・サービス」

4章 ADSL,自由自在

  • 4-1. ライト・ブロードバンド,ADSL
  • 4-2. 世界のDSLの普及度
  • 4-3. DSLの一族
  • 4-4. DSLの仕組み
  • 4-5. ADSLと距離の宿命
  • 4-6. ノイズとADSL
  • 4-7. ADSLの最大の敵,ISDN
  • 4-8. なぜ1.5Mbpsなのか
  • 4-9. ADSLで使用する装置類
  • 4-10. ADSLはどこまで指すか
  • 4-11. ADSLモデムの仕組み
  • 4-12. ダイヤルアップ感覚でADSLを使う
  • 4-13. ADSLサービスが受けられる距離
  • 4-14. チューンアップして最高速度を目指す
    • ●パケット・サイズを適正化する
    • ●受け取るデータ量を増やして,高速化する
  • コラム「ADSLと無線LAN」

5章 ブロードバンド候補生,FOMA

  • 5-1. ブロードバンドを実現する4機能
  • 5-2. 3GとFOMAの関係
  • 5-3. 多様な携帯端末
  • 5-4. 複数の端末を使い分けるFOMAカード
  • 5-5. FOMAの気になる料金と全国展開
  • 5-6. 多彩な応用分野を生み出す高速iモード
  • 5-7. ドコモの全サービスをカバーするFOMA
  • 5-8. 加速するモバイルECビジネス,次の一手
  • 5-9. FOMAのストリーミングとMPEG4
  • 5-10. FOMAで常時接続は可能だろうか
  • 5-11. CDMAの原理
  • 5-12. 冷戦が発展させたスペクトル拡散技術
  • 5-13. スペクトル拡散の核心はPN符号
  • 5-14. PN(拡散)符号はどう使われる
  • 5-15. CDMAの天敵には熊手(レイク)を
  • 5-16. 常時電力チェックされるFOMA端末
  • 5-17. どこまでデータはCDMA化されている
  • 5-18. ハンドオーバーとPN符号
  • 5-19. 2つのデータ通信モードの違いは
  • 5-20. なぜ,上りは最高64kbpsなのか
  • 5-21. 同番移行は可能だろうか
  • コラム「位置情報とIMT-2000」

6章 無線ブロードバンドはどう変わる

  • 6-1. FOMAのライバル,cdma2000
  • 6-2. MC-CDMAとW-CDMAの違い
  • 6-3. データ通信主体のHDR
  • 6-4. cdma2000 1xEV
  • 6-5. 携帯電話のお供,ブルートゥース
  • 6-6. 無線LAN
  • 6-7. 2つのモードがある無線LAN
  • 6-8. 無線LANとLANの違い
  • 6-9. 11Mbps無線LANを応用する
  • 6-10. 大規模展開をする5GHz帯無線LAN
  • 6-11. 次世代無線の核心技術,OFDM
  • 6-12. 1台の携帯端末ですべてOK
  • コラム「マルチキャリア」
  • 索引