かんたん図解シリーズかんたん図解
Excel 2002 基本操作

[表紙]かんたん図解 Excel 2002 基本操作

B5変形判/296ページ

定価(本体1,280円+税)

ISBN 4-7741-1291-7

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

大好評だった『かんたん図解Excel 2000 活用編』の内容を見直し,さらに充実した1冊となりました。具体的な例題を使って,計算式の入力から複数シートを使った集計,グラフ機能やデータベース機能の基本まで,じっくりていねいに解説します。

こんな方におすすめ

  • データを打つくらいはできるけど、もうちょっと使いこなせるようになりたい方
  • WindowsMeでExcel2002を初めて使う方

目次

第1章 Excelの基本操作を覚える

  • 1-1 Excelを起動する
    • Excelを画面に表示しよう
  • 1-2 ライセンス認証を行う
    • Excelを使えるようにしよう
  • 1-3 Excelの画面の名称を覚える
    • Excelの画面やシートの名称と役割を確認しよう
  • 1-4 日本語入力モードを設定する
    • 日本語を入力できるようにしよう
  • 1-5 文字列を入力する
    • 家計簿の見出しを入力してみよう
  • 1-6 数値や日付を入力する
    • 家計簿の繰越金額や日付を入力しよう
  • 1-7 オートコンプリートで入力する
    • すでに入力した文字列を簡単に入力する操作を覚えよう
  • 1-8 列幅を調整する
    • 列の境界部分をドラッグして,列幅を変更しよう
  • 1-9 罫線を引く
  • 1-10 シートの枠線を消す
    • シートの枠線を消して罫線を見やすくしよう
  • 1-11 数式を入力して計算する
    • セルに数式を入力して残高を計算しよう
  • 1-12 合計を計算する
    • SUM関数を入力して合計を計算しよう
  • 1-13 表示位置を変更する
    • セルに表示される文字や数値の配置を指定しよう
  • 1-14 数値に表示形式を設定する
    • 3桁区切りのカンマを付けて,金額を表示しよう
  • 1-15 ファイルを保存して閉じる
    • 作成した表に名前を付けて保存しよう
  • 1-16 ファイルを開いて更新する
    • 保存した表を画面に呼び出そう
  • 1-17 Excelを終了する
    • Excelの作業を終わりにしよう
  • 確認しよう!

第2章 見栄えよく表を装飾する

  • 2-1 罫線を引く前の下準備
    • 作業ウィンドウとシートの枠線を非表示にしよう
  • 2-2 [罫線]ツールバーで罫線を操作する
    • 線の種類や引き方を指定して,罫線を引こう
  • 2-3 [セルの書式設定]ダイアログで罫線を操作する
    • 部分的に罫線を引いたり消したりしてみよう
  • 2-4 データの配置を変更する
    • 表示位置を指定したり,縦書き表示やセルの結合をしてみよう
  • 2-5 文字列の折り返しの設定
    • セルに複数行を表示できるようにして,改行してみよう
  • 2-6 文字のサイズや太字などの設定
    • 文字のフォントやサイズ,スタイルなどを指定しよう
  • 2-7 セルや文字の色の設定
    • セルや文字に色を付けて表示しよう
  • ■確認しよう!

第3章 数式を使いこなして計算する

  • 3-1[オートSUM]ボタンで合計を計算する
    • 売上げの合計金額をSUM関数で計算しよう
  • 3-2 数式の参照先を修正する
    • SUM関数で使うセルやセル範囲を変更しよう
  • 3-3 エラーの指摘を無視する
    • エラーではないセルに表示されたエラーのマークを消そう
  • 3-4 総合計をすばやく計算する
    • [オートSUM]ボタンで小計の合計(総合計)を計算しよう
  • 3-5 相対参照と絶対参照を使い分ける
    • 数式に使うセル番地の2つの指定方法を覚えよう
  • 3-6 IF関数で条件によって処理を変える
    • 「○○のときは××,□□のときは△△」という数式を入力しよう
  • 3-7 エラー値を画面から消す
    • IF関数を利用して,エラー表示を消そう
  • 3-8 条件によって書式を変える
    • 指定した条件に合うセルに,色を付けてみよう
  • ■確認しよう!

第4章 シートを編集して印刷する

  • 4-1 操作を戻したり,やり直したりする
    • 操作ミスに気付いたら,操作を取り消して元に戻そう
  • 4-2 行や列を挿入する
    • 行を挿入してデータを追加しよう
  • 4-3 行や列を削除する
    • 不要な行や列は,思い切って削除しよう
  • 4-4 セルや範囲を移動する
    • 2通りの方法で移動してみよう
  • 4-5 セルや範囲を複写する
    • Officeクリップボードを含む3通りの方法で複写してみよう
  • 4-6 シートを複写または移動する
    • シート見出しをドラッグ&ドロップしてみよう
  • 4-7 シートの挿入と削除
    • シートが足りなくなったら挿入し,不要なシートは削除しよう
  • 4-8 シート名とシート見出しの色を変更する
    • 作成した表の内容がわかるように,シート名を変更しよう
  • 4-9 複数のシートを一度に編集する
    • 作業グループを利用して,表のレイアウトを統一しよう
  • 4-10 シート間で串刺し集計する
    • 各月のシートの合計をSUM関数で計算しよう
  • 4-11 データの統合による集計
    • 複数の表を1つに統合すれば,各項目の合計が計算できる
  • 4-12 表を印刷する
    • 印刷プレビューを使って,印刷のイメージを確認しよう
  • 4-13 印刷する対象を指定する
    • ある特定の範囲や,すべてのシートなどを印刷してみよう
  • 4-14 改ページプレビューで微調整する
    • 印刷範囲の微調整や改ページ位置の修正をしよう
  • ■確認しよう!

第5章 グラフを描く

  • 5-1 グラフウィザードでグラフを描く
    • グラフにするデータの範囲を指定して作成しよう
  • 5-2 グラフの要素の選択
    • グラフを変更するための基本事項を覚えよう
  • 5-3 グラフの基本操作
    • グラフの移動や複写,サイズの変更から削除まで
  • 5-4 グラフの種類や系列の変更
    • グラフウィザードで簡単に変更してみよう
  • 5-5 文字のスタイルなどを設定する
    • グラフ内の文字サイズや属性を変更しよう
  • 5-6 凡例の配置や目盛りなどを変更する
    • 凡例の位置や,Y軸の目盛りの間隔を変更しよう
  • 5-7 グラフの色を変更する
    • グラフの色を整え,見栄えをよくしよう
  • 5-8 図形による文字の挿入や表の装飾
    • Y軸の単位やコメントなどはテキストボックスで追加しよう
  • 5-9 グラフや図形をセルに固定する
    • 挿入/削除や列幅/行高の変更に影響されないようにしよう
  • 5-10 グラフの作成場所の変更
    • ワークシートとグラフシート間でグラフを移動しよう
  • 5-11 グラフを印刷する
    • ワークシートに貼り付けたグラフだけを印刷することもできる
  • ■確認しよう!

第6章 データベースを効率よく操作する

  • 6-1 台帳を作成して名前を付ける
    • データベースの枠組みを作成しよう
  • 6-2 連続データや日付を入力する
    • オートフィルを使って,通し番号や日付を入力しよう
  • 6-3 翌々月の月末の日を計算する
    • n月前やn月後の日付の計算は,アドイン関数を利用する
  • 6-4 リストや日本語入力モードを割り当てる
    • リストからデータが選択できるようにしよう
  • 6-5 コード表を参照する数式を入力する
    • 該当するコードのデータはVLOOKUP関数で表示しよう
  • 6-6 1円未満の端数の切り捨てや四捨五入
    • 画面の値と実際の値が一致しないことがあるので注意しよう
  • 6-7 ウィンドウ枠を固定する
    • 列や行の見出しが常に表示されるように固定しよう
  • 6-8 列や行の見出しを付けて印刷する
    • 大きな表は,各ページに同じ見出しを付けて印刷しよう
  • 6-9 アクティブセルの移動範囲を限定する
    • 入力セル以外の箇所が選択できないように保護をかけよう
  • 6-10 列や行を非表示にして隠す
    • 不要な列や行を画面から隠して印刷しないようにしよう
  • ■確認しよう!

第7章 データベースの集計やほかのソフトとのやりとり

  • 7-1 データを並べ替える
    • 大きい順や小さい順にデータを並べ替えてみよう
  • 7-2 ふりがなに依存しないで並べ替える
    • 並べ替える順番を独自に作成してみよう
  • 7-3 複数の列を基準にして並べ替える
  • 同じデータの中で,さらに並べ替えの基準が設定できる
  • 7-4 オートフィルタで抽出する
    • 抽出したデータの合計金額を計算してみよう
  • 7-5 複合条件で抽出する
    • 「○○から××まで」のような複合条件による指定もできる
  • 7-6 データを集計する
    • 簡単な集計は[データ(D)]−[集計(B)...]コマンドにお任せ
  • 7-7 ピボットテーブルで集計する
    • ダイナミックなクロス集計表を作成しよう
  • 7-8 ピボットテーブルの見栄えをよくする
    • オートフォーマットを利用して装飾しよう
  • 7-9 さらに月別の集計を行う
    • 日付を月単位にグループ化して,月別の集計を行おう
  • 7-10 ピボットグラフを作成する
    • ピボットテーブルと連携したダイナミックなグラフを作ろう
  • 7-11 ピボットテーブルとグラフを更新する
    • データベースの修正内容を反映させよう
  • 7-12 ソフト間/バージョン間でのやりとり
    • ほかのソフトやバージョンの違うもので作成したファイルを開く
  • 7-13 テキストファイルの保存や読み込み
    • Excelでテキスト形式のファイルを操作する
  • 7-14 ソフト間でデータを複写する
    • ソフト間でデータを「コピー」→「貼り付け」してみよう
  • ■確認しよう!
  • 索引

著者プロフィール

川口輝久(かわぐちてるひさ)

1964年生まれ。産業能率大学経営情報学部情報学科卒。在学中に,CAIソフトの開発および英文ワープロソフトのマニュアル作成に携わる。卒業後,統計解析ソフトの開発およびVAR事業に従事。現在,株式会社しろくま庵代表取締役。