情報処理試験シリーズ基本情報技術者試験 標準基礎テキスト(2) ネットワークと情報化の総合研究

[表紙]基本情報技術者試験 標準基礎テキスト(2) ネットワークと情報化の総合研究

A5判/312ページ

定価(本体2,380円+税)

ISBN 4-7741-1375-1

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

新制度のスキル標準に完全準拠.本書と本書の(1)巻「コンピュータ基礎の総合研究」で基本情報技術者試験の午前試験の勉強は,完璧です.

こんな方におすすめ

  • 午前試験の勉強をしたい方
  • 基本情報技術者試験を受験する方

目次

第1部 データ構造およびデータベースに関すること

  • 第1章 データ構造について
  • 第2章 ファイル
  • 第3章 データベース

第2部 通信ネットワークに関すること

  • 第1章 通信ネットワーク
  • 第2章 ネットワークアーキテクチャ
  • 第3章 ローカルエリアネットワーク

第3部 セキュリティと標準化

  • 第1章 セキュリティ
  • 第2章 標準化

第4部 情報化と経営

  • 第1章 情報戦略
  • 第2章 企業会計
  • 第3章 経営工学
  • 第4章 情報システムの活用(エンジニアリングシステム)
  • 第5章 情報システムの活用(ビジネスシステム)
  • 第6章 関連法規

著者プロフィール

八鍬幸信(やくわゆきのぶ)

1946年生まれ,札幌市出身。博士(経営学)北海道大学大学院博士課程退学,専攻は経営情報システム論。現在,札幌大学経営学部教授。「経営情報論」,「ビジネスコミュニケーション論」,「情報セキュリティ」,「Webマーケティング」,「事業構想学」を担当。日本情報経営学会,経営情報学会,システム監査学会に所属。【著書】『経営学がわかる本』(共著,同文館,2000年),『利用者指向に基づく経営情報論の再構築』(学文社,2009年)など。