かんたんプログラミングシリーズかんたんプログラミング
Excel2002 VBA 応用編

[表紙]かんたんプログラミング Excel2002 VBA 応用編

B5変形判/368ページ/CD1枚

定価(本体2,580円+税)

ISBN 4-7741-1508-8

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

VBAの応用文法やメニューバーやツールバー/ファイルやフォルダの操作などの高度なテクニックを解説します。前2編同様,即効性の高いサンプルマクロを使って丁寧に解説。前2編で身に付けた基礎力と本編の応用テクニックを組み合わせてVBAの真髄に迫ります。

こんな方におすすめ

  • Excel VBAの高度なプログラミング方法を知りたい方
  • Excel VBAを仕事で使っている方

目次

第1章 プロシージャの連携とユーザー定義関数

  • 1-1 プロシージャの部品化
    • ●サブルーチンとは?
  • 1-2 引数付きでプロシージャを呼び出す
    • ●引数付きサブルーチンを体験する
    • ●引数付きサブルーチンの特徴
    • ●サブルーチンに引数を渡すときの注意点
  • 1-3 他のブックのプロシージャを呼び出す
    • ●Callステートメントを使ってプロシージャ呼び出しを明示する
    • ●参照設定で他のブックのプロシージャを呼び出す
    • ●Runメソッドで他のブックのプロシージャを呼び出す
    • ●パスを指定して他のブックのプロシージャを呼び出す
  • 1-4 同一ブック内のプロシージャ呼び出しの制限
    • ●他のモジュールにあるプロシージャを呼び出せなくする
    • ●Privateキーワードを自動的に挿入する
    • ●同じ名前のプロシージャがある場合の呼び出し方法
  • 1-5 参照渡しと値渡し
    • ●参照渡しで引数を渡す−ByRefキーワード−
    • ●値渡しで引数を渡す−ByValキーワード−
    • ●実引数をかっこで囲むと値渡しとなる
  • 1-6 プロシージャを強制終了する
    • ●Exit SubステートメントとEndステートメント
    • ●Endステートメントのもう1つの機能
  • 1-7 Functionプロシージャ
    • ●プロシージャの種類
    • ●Functionプロシージャの役割
    • ●Functionプロシージャを作成する
  • 1-8 ユーザー定義関数
    • ●引数が1つのユーザー定義関数
    • ●引数が複数のユーザー定義関数
    • ●ユーザー定義関数の制約
    • ●ユーザー定義関数を自動再計算関数にする
    • ●数式とプロシージャの処理速度
    • ●ユーザー定義関数の分類を変更する

第2章 イベントプロシージャ

  • 2-1 イベントプロシージャを作成する
    • ●イベントプロシージャとは?
    • ●イベントプロシージャを体験する
    • ●イベントプロシージャを作成する
    • ●イベントプロシージャの仕組み
    • ●オブジェクト名(CodeName)とシート名
  • 2-2 ブックのイベント
    • ●ブックのイベントの種類
    • ●新しいシートを作成したときに発生するイベント
    • ●ブックを閉じるときに発生するイベント
  • 2-3 シートのイベント
    • ●シートのイベントの種類
    • ●シートをアクティブにしたときに発生するイベント
    • ●セルの値が変更されたときに発生するイベント
    • ●選択範囲を変更したときに発生するイベント
  • 2-4 アプリケーションのイベント
    • ●アプリケーションのイベントの種類
    • ●アプリケーションのイベントプロシージャを作成する
    • ●アプリケーションのイベントプロシージャのコード
    • ●クラスとインスタンス

第3章 エラー処理と高度なデバッグ

  • 3-1 エラーを適切に処理する
    • ●エラーが発生した場合に備える
    • ●ON Error GoToステートメント
    • ●On Error Resume Nextステートメント
    • ●ON Error GoTo 0ステートメント
    • ●Resumeステートメント/Resume Nextステートメント
  • 3-2 エラー番号とエラー内容を調べる
    • ●Err.NumberとErr.Description
    • ●エラーの種類によって処理を分岐する
  • 3-3 値をイミディエイトウィンドウに出力する
    • ●Debugオブジェクト
  • 3-4 ステップモードでデバッグを行う
    • ●ステップイン
    • ●ステップオーバー
    • ●ステップアウト
    • ●カーソル行の前まで実行
    • ●次のステートメントの設定/表示
  • 3-5 ウォッチウィンドウでデバッグを行う
    • ●ウォッチウィンドウを体験するためのサンプルプロシージャ
    • ●変数をウォッチ式に追加する
    • ●変数の値をウォッチウィンドウで観察する
    • ●ウォッチ式の内容に応じてプロシージャを中断する
  • 3-6 ローカルウィンドウでデバッグを行う
    • ●変数の値をローカルウィンドウで観察する
  • 3-7 [呼び出し履歴]ダイアログボックスでデバッグを行う
    • ●[呼び出し履歴]ダイアログボックスで処理の流れを追う

第4章 VBAの上級文法

  • 4-1 配列の基本構文
    • ●規則性のある複数のデータは配列変数に格納する
    • ●配列変数のインデックス番号の下限値を「1」にする
    • ●配列処理の高速化と配列の初期化
  • 4-2 動的配列
    • ●ReDimステートメントで動的配列を定義する
    • ●配列の要素数を求める
    • ●配列の値を保持したまま要素数を変更する
  • 4-3 2次元配列
    • ●2次元配列の基本的な使い方
    • ●2次元配列に対するFor Each...Nextステートメント
    • ●セル範囲の値をバリアント型変数に代入する
  • 4-4 ユーザー定義型変数
    • ●Typeステートメントを使う
  • 4-5 プロシージャレベルの静的変数
    • ●Staticステートメントを使う
  • 4-6 ユーザー定義定
    • ●Constステートメントを使う

第5章 画面表示と組み込みダイアログボックス

  • 5-1 Excelのタイトルバーの文字列を変更する2
    • ●ApplicationとWindowオブジェクトのCaptionプロパティ
  • 5-2 ウィンドウやExcelの表示位置とサイズを変更する
    • ●ウィンドウをウィンドウ枠に合わせて表示する
    • ●Excelを画面の表示領域外に表示する
  • 5-3 画面のちらつきを抑止する
    • ●プロシージャの実行中に画面表示の動きを停止する
  • 5-4 確認/警告メッセージを非表示にする
    • ●シートの削除確認のメッセージを非表示にする
  • 5-5 ステータスバーにメッセージを表示する
    • ●ステータスバーに処理の進捗状況を表示する
  • 5-6 組み込みダイアログボックス
    • ●Excel2002の組み込みダイアログボックスを開く
    • ●ダイアログボックスの初期値を変更して表示する
    • ●Showメソッドの戻り値を利用する
  • 5-7 ダイアログボックスで指定されたファイル名を取得する
    • ●GetOpenFilenameメソッドで[ファイルを開く]ダイアログボックスを開く
    • ●GetSaveAsFilenameメソッドで[名前を付けて保存]ダイアログボックスを開く

第6章 メニューバーとツールバーの操作

  • 6-1 コマンドバーの階層構造
    • ●Excel2002ではメニューもツールバーもコマンドバー
  • 6-2 Excel2002のコマンドバーと組み込み機能を取得する
    • ●Excel2002のコマンドバーを取得する
    • ●Excel2002の組み込み機能を取得する
  • 6-3 コマンドバーの作成とマクロの登録
    • ●ツールバーを作成する
    • ●ツールバーボタンに自作のマクロを登録する
    • ●コンボボックスコントロールに自作のマクロを割り当てる
    • ●標準の「Worksheet Menu Bar」をカスタマイズする
    • ●自作のツールバーを「Worksheet Menu Bar」と置き換える
    • ●既定のショートカットメニューをカスタマイズする
    • ●ユーザー定義のショートカットメニューを表示する
  • 6-4 コマンドバーに関するその他のテクニック
    • ●すべてのコマンドバーを非表示にする
    • ●メニューを淡色表示にする
    • ●メニューのチェックマークのオン/オフを切り替える
  • 6-5 [作業ウィンドウ]ツールバーをVBAで操作する
    • ●[作業ウィンドウ]ツールバーとは?
    • ●[作業ウィンドウ]ツールバーをVBAで操作する

第7章 グラフの操作

  • 7-1 データ範囲と系列を指定してグラフを作成する
    • ●データ範囲と系列を指定する
    • ●グラフの種類を変更する
  • 7-2 グラフタイトルを設定する
    • ●グラフタイトルの文字列を設定する
    • ●グラフタイトルの配置位置を設定する
  • 7-3 軸と目盛線を設定する
    • ●横棒グラフの項目軸を反転する
    • ●軸ラベルを設定する
    • ●目盛線を設定する
  • 7-4 凡例とデータテーブルを設定する
    • ●凡例を設定する
    • ●データテーブルを設定する
  • 7-5 データラベルを設定する
    • ●散布図にデータラベルを表示する
  • 7-6 データ系列とグラフ種類グループを設定する
    • ●データ系列を参照する
    • ●SeriesオブジェクトのコレクションはSeriesCollectionコレクション
    • ●グラフ種類グループを参照する
  • 7-7 データ要素とマーカーを設定する
    • ●データ要素を参照する
    • ●マーカーを参照する

第8章 ファイルの操作

  • 8-1 テキストファイルの種類とテキストファイルウィザード
    • ●テキストファイルの種類
    • ●手作業でテキストファイルを開く
  • 8-2 OpenTextメソッドでテキストファイルを開く
    • ●カンマ区切りのテキストファイルを開く
    • ●カンマ+スペースで区切られたテキストファイルを開く
    • ●数値データを文字列として取り込む
    • ●列数が可変のテキストファイルの全データを文字列で取り込む
    • ●固定長フィールド形式のテキストファイルを開く
  • 8-3 ブックを開かずにテキストファイルの入出力を行う
    • ●ブックを開かずにテキストファイルを読み込む
    • ●文書形式のテキストファイルを読み込む
    • ●ワークシートの内容をCSV形式で保存する
    • ●ワークシートの内容を文書形式で保存する
  • 8-4 ファイルを操作するステートメントと関数
    • ●フォルダ内のファイルを削除する
    • ●フォルダ内のファイルを複数検索する
    • ●フォルダとファイルの操作に関するキーワード一覧
  • 8-5 検索したファイル名をソートする
    • ●FileSearchオブジェクトを利用する
  • 8-6 ファイルシステムオブジェクト
    • ●ファイルシステムオブジェクトの構成要素とコマンド
    • ●FSOを構成するオブジェクトとプロパティ,メソッドの一覧
    • ●ファイルシステムオブジェクトを使うためには
    • ●ドライブの容量を調べる
    • ●ドライブの種類を調べる
    • ●デバイスの準備ができているかを調べる
    • ●サブフォルダを取得する
    • ●フォルダ内のファイルとサブフォルダの合計サイズを取得する
  • 8-7 アドインファイルの作成と活用
    • ●アドインファイルを作成する
    • ●アドインファイルのマクロを実行する
    • ●アドインの組み込みと解除

第9章 他のソフトとの連携

  • 9-1 ExcelとWordの連携
    • ●ActiveXオートメーションとは?
    • ●オートメーションサーバーへの参照の設定
    • ●実行時バインディングと事前バインディング
    • ●事前バインディングでWordオブジェクトをリモートコントロールする
    • ●ExcelのワークシートをWordの定型文書に転送する
    • ●すでに起動している外部アプリケーションにアクセスする
  • 9-2 VBAで他のプログラムをリモートコントロールする
    • ●Shell関数とSendKeysステートメントでメモ帳をリモートコントロールする
    • ●Shell関数を使う
    • ●Shell関数を使う際の注意点
    • ●Shell関数で起動したアプリケーションが終了するまで待機する
    • ●電卓が起動していなかったら電卓を起動する

第10章 スマートタグの開発

  • 10-1 スマートタグとは?
    • ●スマートタグの仕組み
    • ●標準スマートタグ
  • 10-2 カスタムスマートタグの開発(1)〜参照設定およびクラスモジュールの準備〜
    • ●カスタムスマートタグを作成する
    • ●プロジェクトを作成する
    • ●SmartTagRecognizerクラスモジュールを作成する
    • ●ライブラリの参照設定をする
    • ●SmartTagActionクラスモジュールを作成する
    • ●プロジェクトの互換設定をする
  • 10-3 カスタムスマートタグの開発(2)〜コードの記述〜
    • ●ISmartTagRecognizerインターフェースを実装する
    • ●ISmartTagActionインターフェースを実装する
    • ●DLLを作成する
  • 10-4 カスタムスマートタグの開発(3)〜レジストリへの登録と動作の確認〜
    • ●レジストリに登録する
    • ●作成したスマートタグの動作を確認する

第11章 XMLスプレッドシート

  • 11-1 XMLとは?
    • ●XMLの誕生
    • ●XMLとHTMLの関係
    • ●XMLとデータベース
  • 11-2 XMLスプレッドシートの操作
    • ●XML形式で保存する
    • ●XMLスプレッドシートを開く
  • 11-3 XMLスプレッドシートの利用方法
    • ●XML+XSLでWebページとして表示する
    • ●特定のデータを抽出して表示する

付録

  • 付録1 本書および付属CD-ROMの利用の前に
    • ●サンプルブックのインストール方法
    • ●パーソナルメニューについて
    • ●VBA(Visual Basic for Applications)のインストール方法
  • 付録2 トラップできるエラー
  • 付録3 Excel2002の組み込みダイアログボックス一覧
  • 付録4 Excel2002コマンドバー一覧
  • 付録5 CommandBarControlオブジェクトのインデックス番号・機能一覧
  • 付録6 FaceId一覧
  • 付録7 Visual Basicの組み込み定数一覧
  • 付録8 練習問題の解答
    • 索引

著者プロフィール

大村あつし(おおむらあつし)

Excel VBAが上陸した直後から啓蒙活動を始めた先駆者であり,『VBAest(ブイビエスト=「VBAをする人」と「VBAの最上級」を意味する造語)』の愛称を持つ。代表作である『かんたんプログラミング Excel VBA』シリーズでは「プログラムと図解の融合」に取り組んだが,そのほかにも,「即効性の高いExcelマクロ集」「Excel VBAとWin32 API」など,のちにブームとなる数々の革新的な解説書を世に送り出してきたことから『過去10年でもっとも成功したITライター』と評され,活動の幅をテレビにも広げている。パソコン関連書籍だけでなく,『人生は数式で考えればうまくいく』(サンマーク出版)などビジネス系の著書も多い。

URLhttp://www.fushicho.com