技術者のためのWindows2000 Server セキュリティ完全対策

[表紙]技術者のためのWindows2000 Server セキュリティ完全対策

B5変形判/480ページ

定価(本体2,980円+税)

ISBN 4-7741-1580-0

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

Windows2000 ServerはGUIツールによって,非常に扱いやすいOSとして人気がありますが,使いやすい半面,セキュリティ上,危険な状態となっている場合があります。

本書は,Webサーバーからイントラネット用のサーバー用途まで,セキュリティ対策を網羅した決定版です。

こんな方におすすめ

  • Windows 2000 Serverを使っている人全般
  • 特に、Windows 2000 Serverを使っているシステム管理者

目次

第1章 インターネットセキュリティ

  • 1.1 コンピュータとセキュリティ
  • 1.1.1 セキュリティ対策の必要性
  • 1.1.2 不正アクセス
  • 1.1.3 脆弱性(セキュリティホール)の原因
  • 1.1.4 デフォルトインストールの危険性
  • 1.2 コンピュータ社会での脅威
  • 1.2.1 Webサイトを閲覧する際の危険性
  • 1.2.2 電子メールでの危険性
  • 1.2.3 ソーシャルエンジニアリング
  • 1.2.4 情報発信する際の注意点
  • 1.3 セキュリティ対策概要
  • 1.3.1 セキュリティ情報収集の必要性
    • ・コンピュータ緊急対応センター(JPCERT)
    • ・情報処理振興事業協会(IPA)
    • ・Microsoft TechNet セキュリティ センター
    • ・CERT/CC Advisories(米国)
    • ・SecurityFocus(米国)
  • 1.3.2 セキュリティ対策手順
  • 1.3.3 セキュリティポリシーの策定
  • 1.3.4 マシンの要塞化
  • 1.3.5 セキュリティホールの検査
  • 1.3.6 不正アクセスの継続的な監視
  • 1.4 クラッカーの手口
  • 1.4.1 はじめに
  • 1.4.2 攻撃までの手順
  • 1.4.3 情報収集(OSやソフトウェアに関する情報収集)
    • ・PortScanによる情報収集
    • ・ICMPの特性を利用した情報収集
    • ・サーバーアプリケーションのヘッダ情報収集
    • ・クライアントのヘッダ情報収集
  • 1.4.4 情報収集(アカウント情報収集)
    • ・ユーザーIDの取得
    • ・パスワードの取得
    • ・その他のアカウント収集
  • 1.4.5 情報収集(盗聴)
    • ・リモート盗聴
    • ・ローカル盗聴
  • 1.4.6 なりすまし
    • ・パケット情報:Source Addressの偽造
    • ・IPプロトコルのオプションを使用した偽造
    • ・シーケンス番号によるセッションハイジャック
    • ・Cookieによるセッションハイジャック
    • ・DNSによるサーバーのなりすまし
    • ・暗号化による秘密鍵奪取による偽造
  • 1.4.7 DoS攻撃/DDoS攻撃
    • ・SynFlood攻撃
    • ・Smurf攻撃
    • ・UDP Flood攻撃
    • ・メール爆弾
    • ・DDoS攻撃
    • ・その他のDoS攻撃
  • 1.4.8 侵入(攻撃実行)
    • ・盗難アカウントによるログイン
    • ・セキュリティホール(仕様バグ)によるコマンド実行
    • ・セキュリティホール(メモリ書き換え)によるコマンド実行
    • ・バックドアによる侵入
  • 1.4.9 受動的攻撃
    • ・悪意あるスクリプトを含むWebページ
    • ・悪意あるメール
  • 1.4.10 その他
    • ・トロイの木馬
    • ・スパイウェア
    • ・SPAM メール
    • ・メールの不正中継

第2章 セキュリティパッチの適用

  • 2.1 セキュリティパッチとは
  • 2.1.1 セキュリティパッチの基本
  • 2.1.2 パッチ適用の注意点
  • 2.2 セキュリティパッチの適用
  • 2.2.1 Service Packレベルの確認
  • 2.2.2 Service Packの適用
  • 2.2.3 Hotfixの適用

第3章 アカウントの管理とアクセス権の変更

  • 3.1 アカウントの管理
  • 3.1.1 不要なアカウントの削除
  • 3.1.2 パスワードの強化
  • 3.1.3 ビルトインアカウント名の変更
  • 3.1.4 アカウントポリシー
    • ・パスワードの長さ
    • ・パスワード変更禁止期間
    • ・パスワードの有効期間
    • ・パスワードの履歴を記録する
    • ・アカウントのロックアウトのしきい値
    • ・ロックアウト カウントのリセット
    • ・ロックアウト期間
  • 3.1.5 Syskey
  • 3.2 アクセス権の変更
  • 3.2.1 すべてのファイル,フォルダの表示
  • 3.2.2 ファイル,フォルダのアクセス権の変更方法
  • 3.2.3 ファイルのアクセス権
  • 3.2.4 フォルダのアクセス権
  • 3.2.5 レジストリのアクセス権の設定方法

第4章 セキュリティ監査

  • 4.1 ファイル/フォルダへの監査
  • 4.1.1 ファイル/フォルダへの監査
  • 4.1.2 監査の設定
  • 4.1.3 アクセス権の強化
  • 4.2 レジストリの監査
  • 4.2.1 レジストリの監査
  • 4.2.1 レジストリ監査の設定
  • 4.3 イベントの監査
  • 4.3.1 監査ポリシー
  • 4.3.2 ログの管理

第5章 サービス

  • 5.1 不要サービスの停止
  • 5.1.1 サービスの設定
  • 5.1.2 停止前の準備
  • 5.1.3 サービスの停止
  • 5.1.4 スタートアップの種類の変更
  • 5.1.5 デフォルトで提供されるサービスの種類
  • 5.1.6 停止すべきサービス
  • 5.2 NetBIOSの無効化
  • 5.2.1 NetBIOSの危険性
  • 5.2.2 ファイル共有の無効化
  • 5.3 Task Schedulerの危険性
  • 5.4 サービス停止作業の注意点
  • 5.5 Telnet
  • 5.5.1 Telnetとは
  • 5.5.2 Telnetの弱点
  • 5.5.3 Telnetの認証方式の変更
  • 5.6 DNS
  • 5.6.1 ゾーン転送の危険性
  • 5.6.2 ゾーン転送先の制限
  • 5.7 Exchange Server
  • 5.7.1 メールの不正中継
  • 5.7.2 メール中継の制限
  • 5.7.3 メール中継の停止
  • 5.7.4 アクセス制限

第6章 ポリシー

  • 6.1 ローカル/ドメインセキュリティポリシー
  • 6.1.1 ネットワーク経由でのアクセス権
  • 6.1.2 FTP匿名接続の禁止
  • 6.1.3 セキュリティオプションの設定
  • 6.2 フィルタリング
  • 6.2.1 TCP/IPフィルタリング
  • 6.2.2 IPセキュリティポリシー
  • 6.2.3 IPセキュリティポリシーを用いたフィルタリング

第7章 IIS

  • 7.1 デフォルトインストールの危険性
  • 7.1.1 インストールにおける注意点
  • 7.1.2 IISインストール後の諸設定
  • 7.2 Webサーバーの設定
  • 7.2.1 ホームディレクトリ
  • 7.2.2 ディレクトリ参照
  • 7.2.3 親パス
  • 7.2.4 仮想ディレクトリの設定
  • 7.2.5 不要な仮想ディレクトリ
  • 7.2.6 サンプルアプリケーションの脆弱性
  • 7.2.7 IISADMPWD(IIS4.0からのアップデートの場合のみ)
  • 7.2.8 FrontPage Server Extensions
  • 7.2.9 RDS機能
  • 7.2.10 不要なスクリプトマッピングの脅威と対策
  • 7.2.11 ログ収集のカスタマイズ設定
    • ・NCSA共通ログファイル形式
    • ・Microsoft IISログファイル形式
    • ・W3C拡張ログファイル形式
  • 7.2.12 IISの認証方式
  • 7.2.13 内部IPアドレスの漏洩
  • 7.2.14 Web DAV
  • 7.3 FTPサーバーの設定
  • 7.3.1 FTP匿名接続
  • 7.3.2 匿名接続のアカウント変更
  • 7.3.3 FTPサーバーのセッション数
  • 7.4 Hisecweb.inf セキュリティテンプレート

第8章 クライアントセキュリティ

  • 8.1 セキュリティ対策の基本
  • 8.1.1 最新バージョンのアプリケーションを利用する
  • 8.1.2 既知のセキュリティホールを修正する
  • 8.1.3 Windows Update
  • 8.1.4 Windows自動更新機能
  • 8.2 各アプリケーションのセキュリティ設定を行う
  • 8.2.1 ブラウザのセキュリティ
    • ・ActiveX/Java/JavaScriptの制限
    • ・重要情報の暗号化
    • ・サイトごとでのセキュリティ対策
  • 8.2.2 Internet Explorer6.0の設定
  • 8.2.3 Netscapeの設定
  • 8.2.4 メールソフトのセキュリティ
  • 8.2.5 HTMLメールの対応
    • ・HTMLメールの表示方法
    • ・HTML形式のメールを送信しない
  • 8.2.6 暗号化への対応
    • ・受信時の認証を暗号化
    • ・送信時の暗号化
  • 8.2.7 ウイルス添付メールへの対応
    • ・セキュリティホールの発生率とベンダーサポート
    • ・メールの保存形式
  • 8.2.8 Outlook Express6.0の設定

第9章 暗号化

  • 9.1 暗号化
  • 9.1.1 はじめに
  • 9.1.2 暗号化の仕組み
  • 9.1.3 共通鍵暗号方式
    • ・DES(Data Encryption Standard)
    • ・3DES(Triple DES)
    • ・AES(Advanced Encryption Standard)
  • 9.1.4 公開鍵暗号方式
    • ・RSA
  • 9.1.5 複数の暗号方式の利用
  • 9.1.6 電子署名
    • ・MD5
    • ・SHA-1
  • 9.1.7 CAの役割
  • 9.1.8 電子メールでの鍵の利用
    • ・PGP(Pretty Good Privacy)
    • ・S/MIME(Secure Multipurpose Internet Mail Extensions)
  • 9.1.9 ホームページの信頼性
  • 9.1.10 SSH(Secure SHell)
    • ・ホスト認証
    • ・通信内容の暗号化
    • ・ユーザー認証
  • 9.2 IISの暗号化設定
  • 9.2.1 スタンドアロンルートCAの構築
  • 9.2.2 サーバー証明書の要求の作成
  • 9.2.3 サーバー証明書の作成
  • 9.2.4 サーバー証明書のインストール
  • 9.2.5 IISのSSL有効化
  • 9.2.6 クライアント証明書の発行

第10章 ファイアウォールによるセキュリティ

  • 10.1 はじめに
  • 10.2 ファイアウォールの仕組み
  • 10.2.1 情報収集
  • 10.2.2 フィルタリング(制御)
  • 10.3 ファイアウォールの種類
  • 10.3.1 パケットフィルタリング方式
  • 10.3.2 アプリケーションゲートウェイ方式
  • 10.4 CheckPoint FireWall-1
  • 10.4.1 FireWall-1とは
    • ・構成
    • ・特徴
  • 10.5 ポリシーと想定ルール作成
  • 10.5.1 ポリシーと想定ルールについて
  • 10.6 CheckPoint FireWall-1の導入と設定
  • 10.6.1 OSのセキュア化とネットワークチューニング
  • 10.6.2 FW ModuleとFW Managementのインストール
  • 10.6.3 ServicePack導入
  • 10.6.4 GUI Clientのインストール
  • 10.6.5 環境の設定
    • ・環境変数の設定
    • ・ルーティングの有効化
  • 10.6.6 ライセンスの設定
  • 10.6.7 GUIの接続確認
  • 10.6.8 Objectsの作成
    • ・NetworkObjects
    • ・ServiceObjects
  • 10.6.9 ルール設定とインストール(ルール適用)
    • ・ルール設定
    • ・インストール(適用)
  • 10.7 NAT
  • 10.7.1 NATとは
    • ・Hide NAT
    • ・Static NAT
  • 10.8 Implied Rules
  • 10.8.1 Implied Rulesとは
  • 10.8.2 Implied Rulesを削除する
  • 10.8.3 削除したルールのうち必要なルールを意識的に追加する
  • 10.9 運用
  • 10.9.1 設定ファイルのバックアップ
  • 10.9.2 パッチ適用
  • 10.9.3 ログ運用
  • 10.10 FireWall-1 NextGeneration
  • 10.10.1 呼び名
  • 10.10.2 変更点
    • ・カーネルに関する変更
    • ・インストール手順の変更
    • ・ライセンスに関する変更
    • ・GUI Client画面の変更
    • ・ロギング方式に関する変更
    • ・NATに関する変更
    • ・VPNに関する変更
    • ・その他の変更

第11章 IDS

  • 11.1 侵入検知システム(Intrusion Detection System)
  • 11.1.1 IDSとは
  • 11.2 IDSの種類
  • 11.2.1 監視対象データによる分類
  • 11.2.2 検知方法による分類
  • 11.3 IDSにできること,できないこと
  • 11.3.1 誤検知
  • 11.3.2 すべての脅威に対処できるのではない
  • 11.3.3 Windowsで利用できるIDS
  • 11.4 Snort
  • 11.4.1 Snort概要
  • 11.4.2 GNUライセンス
    • ・GNU Public License (GPL)
  • 11.4.3 Snortのインストール
  • 11.4.4 IDSCenterのインストール
  • 11.4.5 General Setup
  • 11.4.6 IDS rules
  • 11.4.7 snort.conf
  • 11.4.8 ルールファイル
  • 11.4.9 ログファイルの設定
  • 11.4.10 アラートの設定
  • 11.4.11 Snortの起動
  • 11.4.12 シグネチャの作成
    • ・ルールヘッダ
    • ・ルールオプション
  • 11.5 RealSecure
  • 11.5.1 RealSecure概要
  • 11.5.2 RealSecure Workgroup Managerを構成するコンポーネント
  • 11.5.3 Workgroup Manager
    • ・Workgroup Managerのインストール
  • 11.5.4 Network Sensor
    • ・ステルスモード
    • ・ポリシー
  • 11.5.5 Server Sensor
    • ・ポリシー
  • 11.5.6 RealSecureの運用
    • ・レポート機能

第12章 ウイルスに対するセキュリティ

  • 12.1 はじめに
  • 12.2 ウイルスの歴史
  • 12.2.1 第1期 外部記憶媒体を介した感染
  • 12.2.2 第2期 ネットワークを介した感染
  • 12.2.3 第3期 クライアント/サーバーを利用した感染
  • 12.3 ウイルスの定義
  • 12.3.1 経済産業省の定義
  • 12.3.2 ウイルスの3つの特徴
  • 12.3.3 感染経路
  • 12.4 ウイルスの種類
  • 12.4.1 感染対象による分類
  • 12.4.2 ウイルスの活動による分類
  • 12.4.3 メモリに常駐するかどうかによる分類
  • 12.4.4 ファイルタイプによる分類
  • 12.5 ウイルスの紹介
  • 12.5.1 Happy99
  • 12.5.2 ILOVEYOU
  • 12.5.3 CodeRed
  • 12.5.4 CodeRed?
  • 12.5.5 Sircam
  • 12.5.6 Nimda
    • ・電子メールを介しての感染
    • ・Windowsの共有フォルダを介しての感染
    • ・Webページを閲覧した際の感染
    • ・IISの脆弱性を悪用された感染
  • 12.6 対策
  • 12.6.1 添付ファイルへの対策
  • 12.6.2 ブラウザとメールソフトのバージョンアップ
  • 12.6.3 Windows Updateの使用
  • 12.6.4 ファイルタイプの表示
  • 12.6.5 マクロの警告
  • 12.7 ワクチンソフト
  • 12.7.1 レイヤーによる分類
    • ・クライアントにおける対策
    • ・ゲートウェイにおける対策
    • ・サーバーマシンにおける対策
  • 12.7.2 ウイルス定義情報
  • 12.7.3 未知のウイルスの検出方法
    • ・スタテックヒューリステック法
    • ・ダイナミックヒューリステック法
  • 12.7.4 Norton AntiVirus 2002
  • 12.7.5 ウイルスバスター2002
  • 12.7.6 VirusScan4.5.1
  • 12.7.7 InterScanVirusWall
  • 12.7.8 オンラインスキャン
    • ・Symantec Security Check
    • ・ウイルスバスター On-Line Scan

第13章 安全なプログラム

  • 13.1 危険なプログラムとは
  • 13.2 バッファオーバーフロー
  • 13.3 C言語における注意点
  • 13.3.1 strcpy関数
  • 13.3.2 その他の標準関数
  • 13.4 Perlにおける注意点
  • 13.4.1 ディレクトリトラバーサル
  • 13.4.2 ダイレクトOSコマンドインジェクション
  • 13.4.3 対策

Appendix 付録

  • Appendix A Windows2000ネットワーク標準コマンド一覧
  • Appendix B Windows2000のデフォルトポート