Windows XP 300の技 超カスタマイズ編

[表紙]Windows XP 300の技 超カスタマイズ編

B5変形判/352ページ

定価(本体2,280円+税)

ISBN 4-7741-1596-7

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

パフォーマンスを向上させるTips,みばえを良くするTips,安定性を向上するTipsなど,Windows XPの使用目的やカスタマイズの方向性に合わせて300のTipsを分類/整理しました。より効果的かつ実用的に,Windows XPをチューンナップできます。

こんな方におすすめ

  • Windows XPをもっと使いこなしたい中上級ユーザー
  • クライアント/サーバにWindows XPを採用したネットワーク管理者
  • 自宅サーバOSとしてWindows XPを安定動作させたい方

著者の一言

本書では,Windows XPをより有効に使いこなしたい,よりスムーズで安定した状態で使いたい,セキュリティにも配慮したいという方々を対象に,ステップ・バイ・ステップで300の技を紹介しています。紹介されているTipsには,Windowsにまだ慣れていないという方だけでなく,Windowsを一通り使いこなせる方にとっても,意外な発見や重要なヒントが隠されていると思います。(序文より)

目次

■インストール/アンインストール/修復の技

  • 001 【初】フォーマットしてXPをインストールする
  • 002 【上】マシンに適したシステムタイプを指定する(HAL)
  • 003 【初】以前のWindowsとXPを選択して使えるようにする
  • 004 【上】出なくなったブートメニューを復旧する
  • 005 【中】デュアルブートから古いWindowsを削除する
  • 006 【中】デュアルブートからWindows XPを削除する
  • 007 【上】CD-ROMから起動できないPCにXPをクリーンインストールする
  • 008 【中】無人セットアップを実行する
  • 009 【中】Documents and Settingsフォルダを別ドライブにする
  • 010 【初】XPのプロダクトキーを確認する
  • 011 【中】間違えて入力した使用者名を書き換える
  • 012 【初】Windows XPをアンインストールする
  • 013 【中】Windows XP CD-ROMがなくてもコンポーネントを追加できるようにする
  • 014 【中】コンピュータ名とユーザー名を一致させる
  • 015 【初】BIOSアップデートに使える起動ディスクを作成する
  • 016 【上】緊急修復ディスク(ERD)を作成する
  • 017 【中】回復コンソールをインストールする
  • 018 【上】回復コンソールでハードディスク全体にアクセスする
  • 019 【中】ブートセクタやMBRを修復する
  • 020 【中】in-place Upgradeを実行する
  • 021 【中】セーフモードでシステムを復元する
  • 022 【初】「バックアップ」で自動バックアップする
  • 023 【中】システムの復元で保存されるファイルを理解する
  • 024 【中】変更のあったファイルだけバックアップする
  • 025 【中】boot.iniを自動構成する
  • 026 【中】回復コンソールに自動ログオンする
  • 027 【中】回復コンソールを削除する

■インターフェース(操作性向上)の技

  • 028 【中】「最近使ったファイル」の表示を変更する
  • 029 【中】ログオフ時に「最近使ったファイル」を自動消去する
  • 030 【初】スタートメニューに項目が追加されるのを防ぐ
  • 031 【中】特定のプログラムがスタートメニューに登録されないようにする
  • 032 【中】スタートメニューを変更できなくする
  • 033 【初】「すべてのプログラム」を1列で表示する
  • 034 【初】スタートメニューですべての項目を表示する
  • 035 【中】スタートメニューにURLリンクを追加する
  • 036 【中】タスクバーのボタンがグループ化される数を変更する
  • 037 【中】タスクバーのボタンの既定サイズを変更する
  • 038 【中】特定ユーザーの環境をほかのユーザーで使う
  • 039 【初】マイドキュメントの場所を設定する
  • 040 【中】圧縮フォルダを無効にする
  • 041 【中】お気に入りを複数のユーザーで共有する
  • 042 【初】ファイルのコピー/移動時に便利な操作法
  • 043 【初】マウスポインタをテンキーで移動する
  • 044 【中】[Caps]と左[Ctrl]キーを入れ替える
  • 045 【初】ショートカットキーでアプリケーションを起動する
  • 046 【初】任意のフォルダをカレントにしてコマンドプロンプトを開く
  • 047 【初】コマンドプロンプトの補完機能を使う
  • 048 【中】コマンドプロンプト起動時に特定のコマンドを自動実行する
  • 049 【中】コマンドプロンプトで4文字以上の拡張子を区別する
  • 050 【上】予約デバイス名ファイルを削除する
  • 051 【中】「ファイルを開く」ダイアログのプレースバーをカスタマイズする
  • 052 【中】「ファイルを開く」ダイアログのプレースバーを非表示にする
  • 053 【中】ファイルやフォルダの右クリックメニューを拡張する
  • 054 【上】Windowsのシェルを変更する
  • 055 【初】メッセージボックスのメッセージを保管する
  • 056 【上】特定の種類のファイルに含まれる語句を検索する
  • 057 【中】デスクトップを右クリックしたときの新規作成項目を追加する
  • 058 【中】エクスプローラで開く既定のフォルダを変更する
  • 059 【上】ハードリンクを作成する

■インターフェース(見映え向上)の技

  • 060 【初】クリアタイプをチューンナップする
  • 061 【中】ようこそ画面にクリアタイプを適用する
  • 062 【中】ログオン画面の背景やスクリーンセーバーを変更する
  • 063 【中】古いアプリでフォントを正しく表示する
  • 064 【中】古いアプリをXPスタイルに対応させる
  • 065 【中】通知領域の「過去の項目」を削除する
  • 066 【中】「〜へのショートカット」という名前が付かないようにする
  • 067 【中】ショートカットアイコンの矢印を消す
  • 068 【初】アイコンテキストを透明化する
  • 069 【中】インフォチップの内容を変更する
  • 070 【中】「マイコンピュータ」を実際のコンピュータ名に変更する
  • 071 【中】サムネイル画像の表示サイズや品質を変更する
  • 072 【初】スクリーンセーバーを画像のスライドショーにする
  • 073 【初】スクリーンセーバーに伝言を残す
  • 074 【初】ブラウザの表示スタイルを変更する
  • 075 【中】検索画面をWindows 2000と同じにする
  • 076 【初】切り替えキーを使用したときに音を鳴らす
  • 077 【初】ヘルプの文字サイズを変更する
  • 078 【中】マイコンピュータに共有ドキュメントや各ユーザーのフォルダを表示 91
  • 079 【中】スタートメニューのインターネットや電子メールを表示しない
  • 080 【初】特定の拡張子だけ表示する
  • 081 【中】特定の拡張子を表示させない

■セキュリティ/安定化の技

  • 082 【中】[Ctrl]+[Alt]+[Del]で安全にログオンする
  • 083 【中】ようこそ画面に特定のユーザーを表示しない
  • 084 【初】Home EditionのAdministratorにパスワードを設定する
  • 085 【初】スクリーンセーバーから回復するときにパスワード入力を要求する
  • 086 【中】離席時にコンピュータをロックする
  • 087 【中】コンピュータのロックを禁止する
  • 088 【中】FAT32ドライブをNTFSドライブに変換する
  • 089 【中】NTFSのアクセス権を設定する
  • 090 【初】ファイル/フォルダを暗号化やパスワードで保護する
  • 091 【上】暗号化ファイルシステムの回復エージェントを作成する
  • 092 【上】Administrator権限でほかのユーザーの隠しファイルを見る
  • 093 【中】アクセス権の設定ごとファイルをコピーする
  • 094 【初】ユーザーが使用できるディスク容量を制限する
  • 095 【中】ストリームを使って隠しファイルを作成する
  • 096 【中】削除済みデータを完全に削除する
  • 097 【上】メールで来るウィルスを予防する
  • 098 【初】メールをプレビューしない
  • 099 【中】セキュリティパッチの適用状態を確認する
  • 100 【中】セキュリティ修正モジュールをインストールする
  • 101 【中】Windows Updateを禁止する
  • 102 【中】特定のドライブを非表示にする
  • 103 【中】ごみ箱を初期化する
  • 104 【中】シャットダウン時にページファイルを削除する
  • 105 【中】「ファイル名を指定して実行」の履歴を削除する
  • 106 【初】WindowsユーザーとPassportアカウントの関連付けを解除する
  • 107 【中】レジストリエディタを起動できないようにする
  • 108 【初】Thumbs.dbファイルが作成されないようにする
  • 109 【初】英数字だけのユーザー名を使う
  • 110 【中】Windows Messengerを自動起動させない
  • 111 【中】エクスプローラを別プロセスで起動する
  • 112 【初】Force Guestを無効にする
  • 113 【中】ローカルセキュリティポリシーを設定する
  • 114 【初】コンテンツアドバイザを使う
  • 115 【中】標準のセキュリティ設定を適用する
  • 116 【中】Windowsのシステムファイルをチェックする
  • 117 【初】Internet Explorerの設定を変更して安定化する
  • 118 【初】タスクバーが反応しなくなる現象を防止する
  • 119 【中】リンク先のソースを表示する
  • 120 【中】ログオンしないとシャットダウンできないようにする
  • 121 【上】特定のアプリケーションの実行を禁止する
  • 122 【中】ネットワークからストレージデバイスを使えなくする
  • 123 【上】制限ユーザーのみグループポリシーを適用する
  • 124 【中】エラー報告の送信先を変更する
  • 125 【中】アプリケーションの互換性をテストする
  • 126 【初】グループポリシーを即時に適用する
  • 127 【中】グループポリシーの結果セットを確認する
  • 128 【中】Administratorの名前を変更する
  • 129 【上】ユーザーデータベースの暗号化パスワードを保護する
  • 130 【上】NTFSの暗号化機能を無効にする

■ネットワークの技

  • 131 【初】GUIでIP設定を確認する
  • 132 【中】複数のネットワーク設定を切り替える
  • 133 【中】ネットワークの設定をバックアップする
  • 134 【上】ルーティングテーブルを構成する
  • 135 【上】IPv6を使う
  • 136 【中】DNSキャッシュをコントロールする
  • 137 【初】NetBEUIプロトコルをインストールする
  • 138 【中】自分のコンピュータがネットワークコンピュータに登録されないようにする
  • 139 【中】ネットワーク上に共有フォルダを公開しない
  • 140 【中】マスターブラウザにならないようにする
  • 141 【初】ネットワーク共有フォルダへのアクセス用アイコンを作成する
  • 142 【中】ネットワーク共有フォルダの自動検索を停止する
  • 143 【上】共有にアクセスしているユーザーや開かれているファイルを知る
  • 144 【中】オフラインファイルで常にサブフォルダを同期する
  • 145 【中】共有フォルダのセキュリティを設定する
  • 146 【初】Home Editionからドメインの共有フォルダを使う
  • 147 【中】ドメインユーザーでローカルコンピュータの管理者になる
  • 148 【中】複数のコンピュータ名を使う
  • 149 【初】ネットワーク接続を修復する
  • 150 【初】ネットワーク接続を整理してパフォーマンスを向上する
  • 151 【初】WebサーバーやFTPサーバー機能を追加する
  • 152 【中】MACブリッジ機能を使う
  • 153 【中】インターネット接続を複数のマシンで共有する
  • 154 【中】ダイヤルアップの設定をファイルに保管する
  • 155 【中】複数のダイヤルアップ接続を簡単に切り替える
  • 156 【上】ダイヤルアップ接続のログをとる
  • 157 【中】LAN接続時にダイヤルアップさせない設定をする
  • 158 【中】自動でダイヤルアップ接続/切断する
  • 159 【中】ユーザーを切り替えたあともダイヤルアップ接続を維持する
  • 160 【中】印刷完了通知を送らない
  • 161 【中】離れたところにあるコンピュータをシャットダウンする
  • 162 【中】Internet Explorerを使ってリモートデスクトップを行う
  • 163 【中】すべてのユーザーで共通のProxy設定を使う
  • 164 【上】ネットに接続しているプログラムを特定する
  • 165 【中】PCの時刻同期間隔を調整する
  • 166 【中】Windows XPでJavaを使う
  • 167 【中】IPアドレスからコンピュータ名を特定する

■ハードウェア/デバイスマネージャの技

  • 168 【初】複数のハードウェア環境を設定する
  • 169 【初】DirectX診断ツールを使用する
  • 170 【中】ドライバの署名を確認する
  • 171 【初】Windows Updateから署名付きドライバを入手する
  • 172 【初】USB2.0対応ドライバを導入する
  • 173 【中】CDの自動再生を禁止する
  • 174 【中】自作CD-ROMでHTMLを自動再生させる
  • 175 【初】音楽CDをアナログ再生する
  • 176 【中】ビープ音を止める
  • 177 【初】DMA転送を有効にする
  • 178 【中】137GB以上のIDEハードディスクを使う
  • 179 【初】USBハブの消費電力を計測する
  • 180 【中】別OSのプリンタドライバをインストールする
  • 181 【中】デバイスマネージャの情報をテキストファイルに出力する
  • 182 【中】デバイスマネージャで詳細タブを表示する
  • 183 【中】デバイスマネージャで過去に使ったデバイスを表示する
  • 184 【初】サウンドの再生を調整して安定化
  • 185 【初】グラフィックの設定を調整してPCを安定化する
  • 186 【初】デバイスを安全に取り外す
  • 187 【初】リムーバブルメディアのキャッシュを有効にする
  • 188 【中】管理者以外のユーザーでMOを取り出し/フォーマットする
  • 189 【中】ディスクの空き容量不足メッセージを表示しない
  • 190 【中】既存のドライブを拡張する
  • 191 【初】ノートPCでマルチモニタを使う

■パフォーマンス向上の技

  • 192 【上】メモリの使用方法を調整する
  • 193 【上】プロセッサのスケジューリングを変更してパフォーマンスを最適化する
  • 194 【上】起動するプログラムの優先度を変更する
  • 195 【初】アプリケーションに対応するプロセスをすばやく発見する
  • 196 【中】NTFSの最終アクセス日時の更新を無効にする
  • 197 【中】NTFSで短いファイル名を作成しない
  • 198 【中】NTFSによるショートカットアイコンの追跡機能を無効にする
  • 199 【初】一時ファイルの場所を移動する
  • 200 【初】インターネットの一時ファイルの場所を移動する
  • 201 【初】スプールフォルダを移動して印刷スピードを速くする
  • 202 【中】印刷時のパフォーマンス低下を軽減する
  • 203 【中】Windows XP起動時のロゴ表示を省略する
  • 204 【中】BootVisを使って起動時間を短縮する
  • 205 【中】起動ファイルのデフラグを確認する
  • 206 【中】システムの最適化タスクを手動実行する
  • 207 【中】ページファイルのサイズを最適化する
  • 208 【中】ページファイルを別のハードディスクに移動する
  • 209 【中】ページファイルを最適化する
  • 210 【初】デフラグを効率的に行う
  • 211 【初】デフラグを自動実行する
  • 212 【中】レジストリを最適化する
  • 213 【初】ユーザーの簡易切り替えを使わない
  • 214 【中】スタートメニューを高速化する
  • 215 【中】インデックスサービスを有効にしてファイルの検索を高速化する
  • 216 【中】Windows 98/Meへのアクセスを高速化する

■スリム化の技

  • 217 【中】隠されたWindowsのコンポーネントを表示して削除する
  • 218 【上】パフォーマンスカウンターを無効にする
  • 219 【初】システムの復元機能を無効にする
  • 220 【上】デュアルブート環境でアプリケーションを共有する
  • 221 【初】NTFSにしてドライブを圧縮して使用する
  • 222 【中】既存の領域を変更せずにドライブの容量を増やす
  • 223 【中】不要なキャッシュファイルを削除する
  • 224 【中】システムファイルのキャッシュサイズや場所を変更する
  • 225 【上】システムファイル保護を無効にする
  • 226 【中】「別のユーザーとして実行」を使えなくする
  • 227 【初】標準のCD-R/RW書き込み機能を無効にする
  • 228 【中】インデックスサービスを無効にする
  • 229 【中】IPSecを無効にする
  • 230 【中】リモートデスクトップを無効にする
  • 231 【中】Telnetサーバーを無効にする
  • 232 【中】デスクトップテーマを無効にする
  • 233 【上】NetMeetingを削除/再インストールする
  • 234 【中】UPnP機能を無効にする
  • 235 【中】印刷機能を無効にする
  • 236 【中】Webクライアント機能を切る
  • 237 【中】無線LAN機能を無効化する
  • 238 【中】DHCPクライアント機能を無効にする
  • 239 【中】インターネット時計を無効にする
  • 240 【中】Windows Updateの自動更新を完全に停止する
  • 241 【中】ワトソン博士を自動起動しないようにする
  • 242 【初】詳細なテキストサービスを停止する
  • 243 【上】Windows Messengerを削除/再インストールする
  • 244 【上】不要なサービスを停止する

■起動/終了の技

  • 245 【中】ログオン時にメッセージを表示する
  • 246 【中】ログオンプロンプトに任意のメッセージを表示する
  • 247 【上】起動に関する詳細設定を行う
  • 248 【上】起動メニューにセーフモードなどを表示する
  • 249 【中】AUTOEXEC.BATで設定された環境変数を処理しない
  • 250 【初】起動時のディスクチェックのカウントダウンを短縮する
  • 251 【中】APIPAを無効にして起動時間を短縮する
  • 252 【中】起動時に自動で[NumLock]キーをオンにする
  • 253 【中】ようこそ画面で電子メールの未読通知を表示しない
  • 254 【中】ようこそ画面にAdministratorを表示する
  • 255 【中】Windowsに自動ログオンする
  • 256 【中】ログオフしても強制的に自動ログオンさせる
  • 257 【初】電源を落としてから再度同じ環境で起動する
  • 258 【上】PCの電源を切るためのアイコンを作成する
  • 259 【上】「コンピュータの電源を切る」を表示するアイコンを作成する
  • 260 【初】タイマーでシャットダウンする
  • 261 【初】APM PCで電源が自動的に切れるようにする
  • 262 【初】緊急時のシャットダウンを行う
  • 263 【中】「プログラムの終了」のタイムアウト時間を変更する
  • 264 【中】ユーザーからの応答を待っているプログラムをすぐに終了する
  • 265 【中】シャットダウンの理由を記録する
  • 266 【中】起動時に詳細なメッセージを表示する

■標準ソフト/ユーティリティの技

  • 267 【中】レジストリエディタのお気に入りをバックアップする
  • 268 【上】ほかのPCのレジストリハイブファイルを開く
  • 269 【中】regファイルでレジストリを追加/変更/削除する
  • 270 【中】ファイアウォール越しにWindows Messengerを使う
  • 271 【初】Windows Messengerの壁紙を変える
  • 272 【中】メールデータをバックアップ/復元する
  • 273 【中】メールの添付画像をプレビューしない
  • 274 【中】IEの同時ダウンロード数を増やす
  • 275 【中】IEやOEを再インストールする
  • 276 【中】IEのソースを表示するエディタを変更する
  • 277 【中】IEのタイムアウト時間を変更する
  • 278 【中】IEの[F11]キーによる全画面表示を無効にする
  • 279 【中】小さな画像でもイメージツールバーを表示する
  • 280 【中】Webページの更新日時を表示する
  • 281 【初】お気に入りにある「リンク」を非表示にする
  • 282 【初】ブラウザを閉じたときにインターネット一時ファイルをクリアする
  • 283 【中】Windows Media Playerの履歴やプレイリストを削除する
  • 284 【上】Windows Media Playerで作成したファイルをほかのPCで再生する
  • 285 【初】特定の種類のファイルをWindows Media Player 6.4で自動再生する
  • 286 【初】コマンドリファレンスを活用する
  • 287 【初】ユーザー辞書を保護する
  • 288 【初】勝手に学習された不要な単語を削除する
  • 289 【中】以前のWindowsで作成した外字ファイルを使う
  • 290 【中】テキストファイルの文字コードをEUCで保管する
  • 291 【初】タスクを設定して自動でプログラムを実行する
  • 292 【中】よく使う管理ツールをまとめて表示する
  • 293 【初】システムのパフォーマンスを確認する
  • 294 【中】サービスの稼動状況を確認する
  • 295 【中】パーティションを確保する
  • 296 【中】ダイナミックディスクにアップグレードする
  • 297 【初】NetMeetingを使う
  • 298 【初】Windows XPのバージョンを確認する
  • 299 【初】アプリケーションからFAXを送信する
  • 300 【初】DOSアプリケーションを使う

●【付録】Windows XP SP1の新機能