ハードウェアの仕組み・設定・徹底活用シリーズ[知って得する] 拡張デバイスの接続・徹底活用

[表紙][知って得する] 拡張デバイスの接続・徹底活用

A5判/272ページ

定価(本体1,880円+税)

ISBN 4-7741-1806-0

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

本書はUSB2.0/IEEE1394に対応した拡張デバイスを活用するための解説書です。両インターフェースの構造のほか,対応する拡張デバイスの種類と使用方法などを詳しく解説します。デスクトップPCはもちろん,ノートPCやコンパクトPCに拡張デバイスを接続して活用したい人には特にお勧めできます。

こんな方におすすめ

  • ノートPCや省スペースPCを手軽に拡張したい方
  • テレビキャプチャーボックスを使ってみたい方
  • あまった内蔵ハードディスクを外付けで活用してみたい方

著者の一言

本書ではUSB2.0とIEEE1394の基礎解説から,どちらのインターフェースを選択すべきかをケース別に考え,実際に導入する手順を詳しく解説しています。USB2.0/IEEE1394対応の拡張デバイスを使ってみようと考えている方の疑問は,本書ですべて解決するでしょう。ぜひともお役立てください。

目次

1章 インターフェイスの基礎を学ぶ

  • インターフェイスとは?
  • 過去のインターフェイスとその問題点
  • USBとIEEE 1394の登場

2章 USB 2.0について知ろう

  • USB登場の歴史
  • USBの特徴
  • USB 2.0の特徴
  • IEEE 1394に対するメリット・デメリット
  • 代表的なUSBの使用例

3章 USB 2.0コントローラ/チップセットの種類と性能

  • USB 2.0コントローラチップの種類と仕様
  • USB 2.0対応チップセットの種類と仕様
  • USB 2.0コントローラ/チップセットの性能

4章 IEEE1394について知ろう

  • IEEE 1394の誕生から現在まで
  • IEEE 1394の特徴
  • 代表的なIEEE 1394の使用例

5章 IEEE 1394コントローラ/チップセットの種類と性能

  • IEEE 1394コントローラの種類と特徴
  • IEEE 1394対応チップセットの種類と特徴
  • IEEE 1394コントローラ/チップセットの性能を検証する

6章 USB 2.0/IEEE 1394を導入しよう

  • 導入前にパソコン本体側の対応を確認する
  • デスクトップパソコンにインターフェイスカードを導入する
  • ノートパソコンにインターフェイスカードを導入する
  • USB 2.0/IEEE 1394対応マザーボードにインターフェイスを導入する

7章 USB 2.0/IEEE 1394を使おう

  • 外付けハードディスクで手軽に記録容量を拡張する
  • USB 2.0/IEEE 1394 HDDでバックアップを行う

8章 USB/IEEE 1394でAV機器を使う

  • DVカメラを接続してビデオ編集を行う
  • テレビキャプチャーボックスでテレビを録画する

著者プロフィール

松永融(まつながとおる)

1957年,札幌に生まれる。北海道大学院薬学研究科修了後,某大手製薬会社の研究所勤務となる。以後11 年間,新薬の合成研究に携わるも,コンピュータの魅力にはまり急速にのめり込んでいく。

97年からはフリーランスとなり,PC 関連の単行本や雑誌で執筆活動を続ける傍ら,PC周りのコンサルティングやPC関係のパンフレット・小冊子・Webページの制作業務なども手がけている。有機合成化学・薬・情報処理・図書管理の世界に精通する異色のテクニカルライターである。

主な著書は,「Windows Vista自宅LAN完全攻略」,「カスタマイズ設定も一発で戻るバックアップ&再インストール最速テクニック」,「[これで完璧]大容量ハードディスクの仕組み・交換・徹底活用」(以上,技術評論社),「WindowsNT ネットワーク管理ツール全解説」(毎日コミュニケーションズ)など多数。

ホームページ :http://maxtech.jpn.ch/