すぐ使える「おいしい」サンプルが満載!ASP.NETプログラミング本格入門

[表紙]すぐ使える「おいしい」サンプルが満載!ASP.NETプログラミング本格入門

B5変形判/432ページ/CD1枚

定価(本体3,280円+税)

ISBN 4-7741-1836-2

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

ASP.NETと.NET FRAMEWORKの本格的な入門書。秀逸で実用的なサンプル・コードに沿いながらプログラミングを学びます。ASP.NETの基礎からはじまり,クラスライブラリについての知識や,XMLプログラミング,データベースプログラミングのスキルが身に付きます。

こんな方におすすめ

  • ASP.NETおよびADO.NETでのシステム開発入門者
  • 以前ASPでシステム開発をされていた方

目次

第1章 ASP.NETの登場

  • 1.1 .NET Frameworkの概要
  • 1.2 .NET FrameworkとASP.NET
  • 1.3 ASPとASP.NET
  • 1.4 ASP.NETが生まれた理由
  • 1.5 ASP.NETで変わる開発スタイル

第2章 サンプルアプリケーションのインストール

  • 2.1 .NET Framework SDK
    • 2.1.1. .NET Framework SDKの入手方法
    • 2.1.2. インストールの準備
    • 2.1.3. .NET Framework SDKサンプルのインストール
  • 2.2 本書サンプルのインストール
    • 2.2.1 IISへの登録
    • 2.2.2 データベースの作成
    • 2.2.3 動作確認
    • 2.2.4 章別サンプルのインストール
  • 2.3 MSDEのServicePack3a(SP3a)適用について
    • 2.3.1 .NET Framework 1.0に適用する(MSDEインストール後)
    • 2.3.2 .NET Framework 1.0に適用する(MSDEインストール前)
    • 2.3.3 .NET Framework 1.1のインストール

第3章 .NET対応のプログラミング言語

  • 3.1 HTMLの復習
    • 3.1.1 HTMLの基本
    • 3.1.2 HTMLのスクリプト
  • 3.2 C#に慣れよう
    • 3.2.1 データ型
    • 3.2.2 クラスの宣言
    • 3.2.3 フィールドの宣言
    • 3.2.4 メソッドの宣言
    • 3.2.5 プロパティの宣言
    • 3.2.6 コンストラクタの宣言
    • 3.2.7 デストラクタの宣言
    • 3.2.8 インターフェイスの宣言
    • 3.2.9 クラスの継承
    • 3.2.10 例外
  • 3.3 VB.NETに慣れよう
    • 3.3.1 データ型
    • 3.3.2 クラスの宣言
    • 3.3.3 メソッドの宣言
    • 3.3.4 プロパティの宣言
    • 3.3.5 コンストラクタの宣言
    • 3.3.6 デストラクタの宣言
    • 3.3.7 インターフェイスの宣言
    • 3.3.8 クラスの継承
    • 3.3.9 VB.NETの例外
  • 3.4 ASP.NETに慣れよう
    • 3.4.1 基本の「Hello World」
    • 3.4.2 コントロールの操作
    • 3.4.3 ポストバックの確認
    • 3.4.4 コントロールの動的な追加

第4章 ASP.NETの基礎

  • 4.1 ASP.NETとは
  • 4.2 ASP.NETとHTMLタグ
  • 4.3 HTMLとプログラムの分離
    • 4.3.1 同一ファイルに記述
    • 4.3.2 別ファイルに記述(実行時コンパイル)
    • 4.3.3 別ファイルに記述(事前コンパイル)
  • 4.4 HTMLサーバーコントロール
    • 4.4.1 コントロールの基礎
    • 4.4.2 表示に関するグループ
    • 4.4.3 入力に関するグループ
  • 4.5 Webサーバーコントロール
    • 4.5.1 コントロールの基礎
    • 4.5.2 HTMLタグ対応Webサーバーコントロール
    • 4.5.3 場所を確保するWebサーバーコントロール
    • 4.5.4 DataGrid Webサーバーコントロール
    • 4.5.5 DataList Webサーバーコントロール
    • 4.5.6 Repeater Webサーバーコントロール
    • 4.5.7 AdRotator Webサーバーコントロール
    • 4.5.8 Calendar Webサーバーコントロール
  • 4.6 自動ポストバック
    • 4.6.1 ポストバックの仕組み
    • 4.6.2 ポストバックと画面情報の保持
  • 4.7 キャッシュの利用

第5章 クラスライブラリで提供される機能

  • 5.1 コレクションの操作
    • 5.1.1 順番を重視したコレクション
    • 5.1.2 アクセスを重視したコレクション
    • 5.1.3 出し入れの順番を制限したコレクション
  • 5.2 データストリームの操作
    • 5.2.1 ディレクトリの操作
    • 5.2.2 ファイルの操作
    • 5.2.3 ファイルへのデータの書き出しと読み込み
  • 5.3 画像の操作
    • 5.3.1 画像に線を描画する
    • 5.3.2 画像を塗りつぶす
    • 5.3.3 画像に文字を描画する
    • 5.3.4 カウンタを表示する
  • 5.4 正規表現による文字列操作
    • 5.4.1 パターンマッチで文字列の妥当性をチェックする
    • 5.4.2 パターンマッチで文字列を抜き出す
  • 5.5 暗号化の操作

第6章 XMLプログラミング

  • 6.1 XMLとは
    • 6.1.1 XML文書の宣言
    • 6.1.2 XMLとHTMLの違い
    • 6.1.3 XMLと文字コード
    • 6.1.4 XMLのコメント
    • 6.1.5 XMLの文字エスケープ
  • 6.2 XmlReaderとXmlWriter
    • 6.2.1 XmlTextReaderによる読み取り
    • 6.2.2 XmlTextWriterによる書き込み
  • 6.3 XML文書のDOMアクセス
    • 6.3.1 XmlDocumentとXmlNode
    • 6.3.2 XPathによる検索
    • 6.3.3 XmlNodeListによる反復処理
  • 6.4 XSLTによる文書変換
    • 6.4.1 XSLT言語
    • 6.4.2 XMLからHTMLを生成する
    • 6.4.3 XMLの構造を変える
    • 6.4.4 XML Webコントロール

第7章 データベースプログラミング

  • 7.1 ADO.NETとは
    • 7.1.1 ADO.NETの中核となるクラス構成
    • 7.1.2 ADO.NETとデータベース
    • 7.1.3 ADO.NETとXML
  • 7.2 サンプルデータベースの準備
    • 7.2.1 MSDEのツール
    • 7.2.2 データベースの作成
    • 7.2.3 テーブルの作成
    • 7.2.4 データの操作
    • 7.2.5 ストアドプロシージャの操作
    • 7.2.6 指定したコマンドを実行
    • 7.2.7 データベースの再構築
  • 7.3 データベースへの接続
    • 7.3.1 SqlConnectionによるデータベースへの接続
    • 7.3.2 OleDbConnectionによるデータベースへの接続
  • 7.4 DbCommandによるデータベースの操作
    • 7.4.1 データの追加
    • 7.4.2 データの更新
    • 7.4.3 データの削除
    • 7.4.4 ストアドプロシージャの利用
  • 7.5 DataReaderによるデータベースの操作
  • 7.6 DbDataAdapterによるデータベースの操作
    • 7.6.1 データの取得
    • 7.6.2 データの追加
    • 7.6.3 データの更新
    • 7.6.4 データの削除
  • 7.7 多機能なDataGrid Webサーバーコントロール
    • 7.7.1 編集機能を有効にする
    • 7.7.2 行の編集機能を用意する
    • 7.7.3 行の削除機能を用意する
    • 7.7.4 イベントに対応したメソッド
    • 7.7.5 DataGridコントロールによるデータ編集
  • 7.8 ADO.NETとXMLファイル
    • 7.8.1 DataSetオブジェクトからXMLを出力
    • 7.8.2 XMLからDataSetオブジェクトへ入力

第8章 ASP.NETの実践プログラミング

  • 8.1 Webアプリケーションとは
    • 8.1.1 構成ファイルの構造
    • 8.1.2 machine.configファイル
    • 8.1.3 web.configファイル
    • 8.1.4 global.asaxファイル
    • 8.1.5 アプリケーション変数
    • 8.1.6 セッション変数
  • 8.2 サンプルアプリケーションの設計
    • 8.2.1 オークションサイトの機能
    • 8.2.2 オークションサイトの画面構成
    • 8.2.3 データベースの設計
    • 8.2.4 仮想ディレクトリの作成
    • 8.2.5 ファイルの準備
  • 8.3 テーブル関連クラスの作成
    • 8.3.1 利用者情報テーブルクラス
    • 8.3.2 出品物情報テーブルクラス
    • 8.3.3 入札テーブルクラス
    • 8.3.4 処理テーブルクラス
  • 8.4 ログイン認証
    • 8.4.1 ダミーのトップ画面
    • 8.4.2 ログイン画面
    • 8.4.3 フォーム認証の設定
  • 8.5 利用者情報の登録
    • 8.5.1 利用者情報登録画面
    • 8.5.2 電子メールの送信
    • 8.5.3 環境の修正
    • 8.5.4 global.asaxの作成
  • 8.6 パスワード初期化の登録
    • 8.6.1 パスワード初期化画面
  • 8.7 出品物情報の登録
    • 8.7.1 共通のメニューボタン
    • 8.7.2 出品物情報登録画面
  • 8.8 出品物一覧画面の作成
    • 8.8.1 出品物一覧画面
  • 8.9 出品物情報の詳細表示
  • 8.10 出品物の入札登録
  • 8.11 トップ画面の作成

第9章 Webサービスプログラミング

  • 9.1 ASP.NETとWebサービス
  • 9.2 Webサービスクライアント
    • 9.2.1 プロキシクラスの作成
    • 9.2.2 プロキシクラスのコンパイルと配置
    • 9.2.3 Webサービスを利用するASP.NETページ
  • 9.3 オークションサイトへのWebサービスの追加
    • 9.3.1 Webサービス用ディレクトリの準備
    • 9.3.2 Auction Webサービスのひな型
    • 9.3.3 プロキシクラスの作成と配置
    • 9.3.4 出品物一覧表示
    • 9.3.5 出品物への入札
    • 9.3.6 出品物一覧Webサービスの実装
    • 9.3.7 入札Webサービスの実装
  • 9.4 まとめ