基礎から学ぶ モバイルFlashコンテンツ作成講座

[表紙]基礎から学ぶ モバイルFlashコンテンツ作成講座

B5変形判/272ページ/CD1枚

定価(本体2,480円+税)

ISBN 4-7741-2118-5

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

近年,携帯電話用のFlashコンテンツ制作技術者のニーズが急速に高まっています。本書では,豊富なサンプルを使って携帯電話用Flashのテクニックをわかりやすく解説。これからFlash制作技術の習得を目指すクリエータを対象にした教科書として,最適な内容になっています。

こんな方におすすめ

  • 携帯電話用コンテンツクリエイターを目指す方
  • コンパクトなFlashコンテンツを作成したい方
  • Macromedia Flashの活用の幅を増やしたい方

目次

第1講座 モバイルFlashコンテンツとは

  • 第1章 モバイルFlashとは何か
  • 第2章 モバイルFlashを作成するための環境
    • 2-1 モバイルFlashを作成するための環境
    • 2-2 Macromedia Flash MX Professional 2004環境でFlash Lite 1.0用のファイルを作成する
    • 2-3 Macromedia Flash MX環境でFlash Lite 1.0用のファイルを作成する
  • 第3章 Macromedia Flashのインターフェース
  • 第4章 Flash Lite 1.0用書類の基本設定
    • 4-1 Flash Lite 1.0用のステージサイズに変更する
    • 4-2 背景色を設定する
    • 4-3 フレームレートを設定する
    • 4-4 ファイルを保存して書き出しを行う

第2講座 オブジェクト描画の基礎テクニック

  • 第1章 描画の基礎
    • 1-1 円を描画する
    • 1-2 四角を描画する
    • 1-3 直線を描画する
    • 1-4 フリーハンドで線を描画する(鉛筆ツール)
    • 1-5 ペンツールで簡単な図形をトレースする
    • 1-6 バケツツールで塗りつぶす
    • 1-7 インクボトルツールで線を塗りつぶす
    • 1-8 選択ツールを使用してさまざまな選択方法をマスターする
    • 1-9 カラーミキサーを使用して自由な色を作成する
    • 1-10 線状グラデーションを作成する
    • 1-11 放射状グラデーションを作成する
    • 1-12 グループ化して絵の位置を調整する
    • 1-13 絵の重ね順を調整する
    • 1-14 スポイトツールで設定を取得する
  • 第2章 テキストの設定
    • 2-1 テキストを入力する
    • 2-2 テキストの設定を変更する
    • 2-3 テキストの設定をダイナミックテキストにする
    • 2-4 i絵文字ツールを設定する
    • 2-5 i絵文字ツールで絵文字を入力する
  • 第3章 素材の取り扱い
    • 3-1 ビットマップデータを読み込む
    • 3-2 ビットマップのトレースを行う
    • 3-3 Illustratorのファイルを読み込む
  • 第4章 シェイプの編集
    • 4-1 選択(矢印)ツールを使用してシェイプを編集する
    • 4-2 自由変形ツールでオブジェクトを編集する
    • 4-3 情報パネルでオブジェクトのサイズを編集する
    • 4-4 複数のグラフィックを整列させる
    • 4-5 整列パネルを使用してグラフィックをステージの中心に移動させる

第3講座 アニメーション作成の基礎テクニック

  • 第1章 アニメーション素材の作成
    • 1-1 レイヤーを追加する
    • 1-2 レイヤーの名前と順序を変更する
    • 1-3 フレームとキーフレームを挿入する
    • 1-4 グラフィックシンボルを作成する
    • 1-5 ライブラリから複製を作成してシンボルを編集する
    • 1-6 インスタンス情報を変更する
    • 1-7 ボタンシンボルを作成する
    • 1-8 ムービークリップシンボルを作成する
  • 第2章 トゥイーンアニメーション
    • 2-1 イラストが直線移動するアニメーションを作成する
    • 2-2 拡大・縮小するアニメーションを作成する
    • 2-3 透明度が変わるアニメーションを作成する
    • 2-4 回転するアニメーションを作成する
    • 2-5 アニメーションに加速と減速をつける
    • 2-6 線に沿ったアニメーションを作成する
    • 2-7 シェイプトゥイーンアニメーションを作成する
    • 2-8 シェイプトゥイーンアニメーションにシェイプヒントをつける
    • 2-9 マスクを利用したアニメーションを作成する
    • 2-10 アニメーションしているシンボルをアニメーションさせる
  • 第3章 フレームの編集テクニック
    • 3-1 タイムライン上でフレームを編集する
    • 3-2 「レイヤーに配分」を使用して一度に複数のアニメーションを作成する
    • 3-3 「複数フレーム編集」を使用して複数のキーフレームを一度に編集する
    • 3-4 インスタンスに異なるシンボルを割り当てる

第4講座 サウンドを利用するための基礎テクニック

  • 1 サウンドデータを読み込む
  • 2 読み込んだサウンドデータを置換するデータの設定を行う(Flash MX 2004)
  • 3 読み込んだサウンドデータを置換するデータの設定を行う(Flash MX)
  • 4 ボタンシンボルインスタンスに音の設定を行う
  • 5 鳴っているサウンドを止める
  • 6 携帯電話のダイヤルキー押し下げ時にサウンドを鳴らす
  • 7 MFi形式のサウンドを作成する

第5講座 Flash Liteでの簡単なアクション

  • 1 ループする待ち受け画面を作成する
  • 2 ボタンを押すと始まるアニメーションを作成する
  • 3 ナビゲーションメニューを作成する
  • 4 別のURLへジャンプする
  • 5 設定した番号でユーザーが電話をかけられるようにする
  • 6 設定したアドレスでユーザーがメールを送れるようにする

第6講座 公開前の動作テストと運用方法

  • 第1章 公開に向けて
    • 1-1 モバイルFlashの制作行程を把握する
    • 1-2 ムービープレビューでテストを行う
    • 1-3 スタンドアローンプレイヤー(SAFlashPlayer)でテストを行う
    • 1-4 インライン再生用のCHTMLを記述する
    • 1-5 インタラクティブ再生用にCHTMLを記述する
    • 1-6 ドコモのiモード用HTMLシミュレータでテストする
  • 第2章 アップロード
    • 2-1 データをアップロードする
    • 2-2 実機でテストする

第7講座 モバイルFlashコンテンツ最適化テクニック

  • 第1章 Flash Lite 1.0の制限項目
    • 1-1 Flash Lite 1.0の制限項目を把握する
  • 第2章 ファイルサイズを小さくするために
    • 2-1 ファイルサイズを小さくするための要点を把握する
    • 2-2 Fireworksでビットマップの最適化を行う
    • 2-3 Flashの編集時にビットマップの最適化を行う
    • 2-4 ベクターデータを最適化する
    • 2-5 デバイスフォントを使用する
    • 2-6 シンボルを使い回す
  • 第3章 パフォーマンスの最適化
    • 3-1 アニメーションの最適化

第8講座 アニメーション作成の基礎テクニック

  • 1 ボタンフォーカス時に表示される矩形を消す
  • 2 変数を設定する
  • 3 文字列を連結する
  • 4 変数をダイナミックテキストフィールドに表示する
  • 5 ランダムを使用して毎回表示させる絵を変更する
  • 6 プロパティを設定して移動アニメーションを作成する
  • 7 ムービークリップにアクション(メソッド)を送る
  • 8 functionの代わりにcallを使いこなす
  • 9 if文を使用しておみくじを作成する
  • 10 ループ文を使用して複数の処理を一度に行う
  • 11 ランダムに表示されるクイズを作成する

第9講座 モバイルFlashコンテンツの制作事例

  • 「1分げ〜む ぷりっ」
  • 携帯電話向けFlashポータルサイト「フラモバ」
  • 「勝手にシネマ♪」

APPENDIX

  • 付録CD-ROMの使い方
  • Flash Lite 1.0で利用できるActionScriptリファレンス

コラム

  • 携帯電話コンテンツの将来性
  • Flash Lite 1.1用のコンテンツを作成するには
  • Flash Lite 1.1に追加された機能
  • ガイドとグリッドを使いこなそう
  • 自然なアニメーションを作るには
  • スタンドアローンプレイヤーでの音のテスト
  • Flash Lite 1.1の外部ファイル読み込み機能
  • Flash Lite 1.1での動作テストについて