Advanced ReferenceシリーズOracle DB PL/SQL プログラミング 即効リファレンス Oracle8i,9i,10g対応

[表紙]Oracle DB PL/SQL プログラミング 即効リファレンス Oracle8i,9i,10g対応

A5判/440ページ

定価(本体2,980円+税)

ISBN 4-7741-2185-1

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

PL/SQLによるプログラミング手法を幅広く掲載した,Oracleデータベース開発者必携のリファレンスブックです。PL/SQLで使用できる命令をほぼ網羅した内容であり,現場で役立つこと間違いなし。ORACLE 8i,9i,10gに対応する本書は,PL/SQLでの開発において「使える」要素を余すところなく盛り込んだ1冊です。

こんな方におすすめ

  • PL/SQLを使いこなしたい方
  • 業務でデータベースの移行(ORACLE8iから10gへの移行など)を行う方

目次

第1編 PL/SQL基礎

PL/SQLの概要

  • PL/SQLとは
  • PL/SQLの利点
  • PL/SQLの基礎
  • PL/SQLブロック構造
  • PL/SQL プログラム・ユニット
  • キャラクタ・セットと字句単位1
  • PL/SQLの変数宣言
  • ネストされたブロックと識別子の有効範囲
  • プログラミングのガイドライン

第2編 PL/SQLコマンドリファレンス

データ型

  • 数値型:整数 PLS_INTEGER BINARY_INTEGER
  • 数値型:整数 NUMBER
  • 数値型:小数点数 NUMBER
  • 数値型:小数点数 BINARY_FLOAT
  • 数値型:小数点数 BINARY_DOUBLE
  • 文字型 CHAR
  • 文字型 VARCHAR2
  • 文字型 LONG
  • 文字型 CLOB
  • 文字型 NCHAR NVARCHAR2
  • 文字型 NCLOB
  • 日付型 DATE
  • 日付型 TIMESTAMP
  • 日付型 TIMESTAMP WITH TIME ZONE
  • 日付型 TIMESTAMP WITH LOCAL TIME ZONE
  • 日付型 INTERVAL YEAR TO MONTH
  • 日付型 INTERVAL DAY TO SECOND
  • バイナリ型 RAW
  • バイナリ型 LONG RAW
  • バイナリ型 BLOB
  • バイナリ型 BFILE
  • ROWID型 ROWID
  • ROWID型 UROWID
  • ブール型 BOOLEAN
  • サブタイプ SUBTYPE

コレクション・レコード

  • レコード TYPE ... IS RECORD
  • 索引付き表 TYPE ... IS TABLE
  • ネストした表 CREATE TYPE ... AS TABLE
  • コレクションVARRAY CREATE TYPE ... AS VARRAY
  • マルチレベルコレクション TYPE
  • コレクション・メソッド COUNT
  • コレクション・メソッド FIRST
  • コレクション・メソッド LAST
  • コレクション・メソッド EXISTS
  • コレクション・メソッド PRIOR
  • コレクション・メソッド NEXT
  • コレクション・メソッド DELETE
  • コレクション・メソッド LIMIT
  • コレクション・メソッド EXTEND
  • コレクション・メソッド TRIM

制御構造

  • 条件制御 IF-THEN
  • 条件制御 IF-THEN-ELSE
  • 条件制御 IF-THEN-ELSIF
  • 条件制御 CASE文
  • 条件制御 検索CASE
  • 反復制御 LOOP
  • 反復制御 WHILE-LOOP
  • 反復制御 FOR-LOOP
  • 順次制御 GOTO

カーソル

  • カーソルの管理 CURSOR
  • カーソルの管理 OPEN
  • カーソルの管理 FETCH
  • カーソルの管理 CLOSE
  • カーソルの使用 FOR ... IN カーソル名
  • カーソルの使用 FOR ... IN (SELECT文)
  • カーソルの使用 WHERE CURRENT OF

例外処理

  • 事前定義済み例外 WHEN 例外名
  • エラー関数 SQLCODE
  • エラー関数 SQLERRM
  • ユーザー定義例外 EXCEPTION
  • PRAGMA EXCEPTION_INIT
  • 独自のエラーメッセージ RAISE_APPLICATION_ERROR

サブプログラム

  • サブプログラムとしてのプロシージャ PROCEDURE
  • サブプログラムとしてのファンクション FUNCTION
  • サブプログラムを利用したオーバーロード
  • ストアドプログラムとしてのプロシージャ CREATE PROCEDURE
  • ストアドプログラムとしてのファンクション CREATE FUNCTION
  • コンパイルエラー SHOW ERRORS

パッケージ

  • CREATE PACKAGE
  • パッケージ内でのオーバーロード

第3編 組込みファンクション

数値

  • MOD
  • ROUND
  • TRUNC
  • ABS
  • ACOS
  • ASIN
  • ATAN
  • ATAN2
  • CEIL
  • COS
  • COSH
  • EXP
  • FLOOR
  • LN
  • LOG
  • NANVL
  • POWER
  • REMAINDER
  • SIGN
  • SIN
  • SINH
  • TAN
  • TANH

文字

  • COALSCE
  • INITCAP
  • NLS_INITCAP
  • LOWER
  • NLS_LOWER
  • UPPER
  • NLS_UPPER
  • INSTR
  • INSTR2
  • INSTR4
  • INSTRC
  • REGEXP_INSTR
  • SOUNDEX
  • REGEXP_LIKE
  • LENGTH
  • LENGTH2
  • LENGTH4
  • LENBTHB
  • LENGTHC
  • NLS_CHARSET_DECL_LEN
  • LPAD
  • RPAD
  • LTRIM
  • RTRIM
  • REPLACE
  • REGEXP_REPLACE
  • TRANSLATE
  • SUBSTR
  • SUBSTR2
  • SUBSTR4
  • SUBSTRB
  • SUBSTRC
  • REGEXP_SUBSTR
  • CONCAT
  • NLS_CHARSET_ID
  • NLS_CHARSET_NAME

日付

  • ADD_MONTHS
  • MONTHS_BETWEEN
  • LAST_DAY
  • NEXT_DAY
  • ROUND(日付)
  • TRUNC(日付)
  • EXTRACT
  • SYSDATE
  • SYSTIMESTAMP
  • CURRENT_DATE
  • CURRENT_TIMESTAMP
  • LOCALTIMESTAMP
  • NEW_TIME
  • DBTIMEZONE
  • SESSIONTIMEZONE
  • FROM_TZ
  • SYS_EXTRACT_UTC
  • TZ_OFFSET

データ型非依存

  • ASCII
  • CHR
  • NCHR
  • DECODE
  • NULLIF
  • NVL
  • NVL2
  • ASCIISTR
  • UNISTR
  • BFILENAME
  • BITAND
  • COMPOSE
  • DECOMPOSE
  • DUMP
  • EMPTY_BLOB
  • EMPTY_CLOB
  • GREATEST
  • LEAST
  • NLSSORT
  • SYS_CONNECT_BY_PATH
  • SYS_GUID
  • TRIM
  • UID
  • USER
  • USERENV
  • SYS_CONTEXT
  • VSIZE
  • WIDTH_BUCKET

データ型変換

  • TO_CHAR
  • TO_DATE
  • TO_NUMBER
  • TO_TIMESTAMP
  • TO_BINARY_DOUBLE
  • TO_BINARY_FLOAT
  • TO_CLOB
  • TO_NCLOB
  • TO_LOB
  • TO_DSINTERVAL
  • TO_MULTI_BYTE
  • TO_SINGLE_BYTE
  • TO_NCHAR
  • TO_TIMESTAMP_TZ
  • TO_YMINTERVAL
  • CHARTOROWID
  • CONVERT
  • HEXTORAW
  • RAWTOTHEX
  • RAWTONHEX
  • ROWIDTOCHAR
  • ROWIDTONCHAR
  • NUMTODSINTERVAL
  • NUMTOYMINTERVAL

集計関数

  • AVG
  • COUNT
  • MIN
  • MAX
  • SUM
  • MEDIAN
  • STATS_MODE

オブジェクト参照

  • REF
  • DEREF
  • VALUE
  • TREAT

Oracle提供パッケージ

  • UTL_FILE
  • UTL_COMPRESS
  • UTL_MAIL
  • UTL_INADDR
  • DBMS_METADATA
  • DBMS_ROWID
  • DBMS_RANDOM
  • DBMS_FILE_TRANSFER
  • DBMS_APPLICATION_INFO
  • DBMS_OBFUSCATION_TOOLKIT

第4編 PL/SQL実践

  • データ型に関するテクニック
  • パフォーマンスを向上させる(整数を扱うプログラム)
  • 文字列の扱いに注意する(CHARとVARCHAR2)
  • 日付データの扱いに注意する(DATEとTIMESTAMP)
  • NULL値の扱いに注意する
  • 制御構造に関するテクニック
  • IF文とCASE文を使い分ける
  • AND・OR条件の評価順を検討する
  • バルクバインドの使用方法
  • ネイティブコンパイルでシステム固有のコードへ変換する
  • コレクション/レコードに関するテクニック
  • ホストからの呼び出し回数を減らす
  • 変数の数を少なくする
  • カーソルに関するテクニック
  • カーソルの入れ子を減らす
  • 実行するSQL文を減らす(RETURNING)
  • 例外処理に関するテクニック
  • 例外処理部で予測できない例外を処理する
  • どこに例外ハンドラを持たせる?
  • サブプログラムに関するテクニック
  • スタンドアロンとサブプログラムの使い分け
  • 独立したトランザクションとしてストアドプログラムを実行する
  • 外部サブプログラムのコール
  • パッケージに関するテクニック
  • パッケージ変数の宣言と初期化
  • パッケージの逐次再利用を可能にする