徹底解説 Samba LDAP サーバ構築

[表紙]徹底解説 Samba LDAP サーバ構築

A5判/392ページ

定価(本体2,980円+税)

ISBN 4-7741-2196-7

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

Samba3.0によるサーバ構築のための解説書。ファイルサーバ機能,プリントサーバ機能,ドメインコントローラ機能などSambaの機能を徹底解説。そのほかにも,Samba LDAP連携,Winbind連携などサーバ管理者のための運用管理にも役立つ内容となっています。

こんな方におすすめ

  • Samba3.0によるサーバ構築を目指す方。ファイルサーバの導入を検討されている方。

目次

第1章 Samba概要

  • 1.1 Why Samba?
    • 1.1.1 Sambaの背景
    • 1.1.2 Sambaの歴史
    • 1.1.3 Sambaのライセンス
    • 1.1.4 Sambaの特徴
  • 1.2 Sambaの機能
    • 1.2.1 ファイルサーバ機能
    • 1.2.2 プリントサーバ機能
    • 1.2.3 ドメイン管理機能
    • 1.2.4 ブラウジング機能
    • 1.2.5 WINS機能
    • 1.2.6 クライアント機能
  • 1.3 Sambaのシステム構成例
    • 1.3.1 スタンドアロンサーバ
    • 1.3.2 ドメインコントローラ
    • 1.3.3 ドメインメンバーサーバ

第2章 OSとSamba

  • 2.1 Sambaのためのネットワーク入門
    • 2.1.1 ネットワークプロトコル
    • 2.1.2 IPアドレス
    • 2.1.3 クラスによるIPアドレスの分類
    • 2.1.4 ルーティング
    • 2.1.5 DNS
  • 2.2 Linuxの設定
    • 2.2.1 ネットワークの設定
    • 2.2.2 ファイアウォールの設定
    • 2.2.3 ディスク設定
    • 2.2.4 SSHの利用
  • 2.3 Sambaの仕組み
    • 2.3.1 smbd
    • 2.3.2 nmbd
    • 2.3.3 winbindd
  • 2.4 パッケージによるSambaのインストール
    • 2.4.1 MIRACLE LINUX V3.0
    • 2.4.2 Fedora Core 2
    • 2.4.3 Debian
    • 2.4.4 FreeBSD 5.2.1
    • 2.4.5 Solaris 9
  • 2.5 ソースからのSambaのインストール
    • 2.5.1 Linuxディストリビューション
    • 2.5.2 Solaris 9

第3章 Sambaを使おう

  • 3.1 smb.confの設定
    • 3.1.1 smb.confの配置場所
    • 3.1.2 smb.confの新規作成
    • 3.1.3 パラメータの確認
  • 3.2 SWATの設定
    • 3.2.1 SWATの配置場所
    • 3.2.2 xinetdの設定
    • 3.2.3 inetdの設定
  • 3.3 SWATの利用
    • 3.3.1 SWATの認証
    • 3.3.2 基本設定
    • 3.3.3 起動と停止
    • 3.3.4 ファイル共有

第4章 ユーザとグループの管理

  • 4.1 ユーザ管理の基本
    • 4.1.1 UNIXのユーザ管理
    • 4.1.2 Windowsのユーザ管理
  • 4.2 Sambaによるユーザ管理
    • 4.2.1 UNIXアカウントの管理
    • 4.2.2 Sambaアカウントの管理
    • 4.2.3 グループマッピング
  • 4.3 パスワード管理
    • 4.3.1 Sambaのパスワード管理
    • 4.3.2 Windowsからのパスワード変更
    • 4.3.3 アカウントポリシー

第5章 ファイルサーバ機能

  • 5.1 Sambaの起動・停止
    • 5.1.1 スクリプトの利用方法
    • 5.1.2 ソースからインストールした場合の起動と停止方法
  • 5.2 Sambaと文字コード
    • 5.2.1 文字コードとは
    • 5.2.2 Sambaの文字コード
  • 5.3 バックエンドデータベース
    • 5.3.1 Samba3.0のバックエンドデータベース
    • 5.3.2 複数バックエンドデータベースの指定
    • 5.3.3 バックエンドデータベースの移行
  • 5.4 ファイル共有
    • 5.4.1 ファイル共有の作成方法
    • 5.4.2 ファイル共有の動作確認
  • 5.5 ファイル・ディレクトリの属性
    • 5.5.1 UNIXのファイル属性
    • 5.5.2 Sambaの作成するファイルの属性
  • 5.6 ファイル共有のアクセス管理
    • 5.6.1 共有へのアクセス制限
    • 5.6.2 ファイル・ディレクトリの新規作成における属性設定
    • 5.6.3 Guest接続
    • 5.6.4 ネットワークレベルのアクセス制限
  • 5.7 その他の機能
    • 5.7.1 homes共有機能
    • 5.7.2 隠しファイル
    • 5.7.3 ディスク使用量制限
  • 5.8 VFSモジュール
    • 5.8.1 auditモジュール
    • 5.8.2 recycleモジュール
    • 5.8.3 shadow_copyモジュール
    • 5.8.4 vscanモジュール

第6章 プリントサーバ機能

  • 6.1 CUPSのプリンタ設定
    • 6.1.1 Webブラウザ経由の印刷設定
    • 6.1.2 KDEデスクトップのプリンタ設定
  • 6.2 プリントサーバの設定
    • 6.2.1 printersセクションの設定
    • 6.2.2 プリンタのアクセス管理
  • 6.3 プリンタドライバ自動ダウンロード
    • 6.3.1 print$セクションの作成
    • 6.3.2 プリンタドライバのアップロード
    • 6.3.3 プリンタドライバのダウンロード

第7章 winbind連携

  • 7.1 winbind機能とNSS
  • 7.2 PAMの概要と設定
    • 7.2.1 PAMの利用
    • 7.2.2 PAMの設定項目
  • 7.3 winbindのためのsmb.conf設定
  • 7.4 winbindの起動と終了
    • 7.4.1 winbinddの起動と停止
    • 7.4.2 winbindの動作確認
    • 7.4.3 ホームディレクトリの自動作成
  • 7.5 wbinfoの活用
  • 7.6 winbindのユーザ管理

第8章 ドメインメンバー機能

  • 8.1 NTドメインメンバーサーバの構築
  • 8.2 Active Directory連携
    • 8.2.1 Active Directoryのためのsmb.conf設定
    • 8.2.2 Kerberosの設定
    • 8.2.3 Active Directoryドメインへの参加

第9章 ドメインコントローラ機能

  • 9.1 PDCの構築
    • 9.1.1 PDCのためのsmb.conf設定
    • 9.1.2 クライアントのドメイン参加
    • 9.1.3 winbindによるマシンアカウント登録の自動化
  • 9.2 ログオンスクリプト機能
  • 9.3 ホームディレクトリの自動マウント
  • 9.4 移動プロファイル
  • 9.5 MS-DFS
    • 9.5.1 MS-DFSルート形式
    • 9.5.2 MS-DFS PROXY形式
  • 9.6 ACL
  • 9.7 ユーザマネージャの利用
    • 9.7.1 USRMGR.EXEの準備
    • 9.7.2 ユーザ管理用コマンドのためのsmb.conf設定
  • 9.8 MMCによる共有の操作
    • 9.8.1 アクセス許可の設定
    • 9.8.2 共有の作成・削除
  • 9.9 信頼関係の構築

第10章 Samba LDAP連携

  • 10.1 LDAP概要
    • 10.1.1 Samba LDAPの構成
  • 10.2 smbldap-tools
    • 10.2.1 smbldap-toolsの導入
    • 10.2.2 Perlモジュールの導入
  • 10.3 LDAPの設定
    • 10.3.1 LDAPの基本設定
    • 10.3.2 OSのLDAP設定
  • 10.4 Samba LDAPの設定
    • 10.4.1 Samba LDAPのためのsmb.conf設定
    • 10.4.2 smbldap-toolsによるユーザ管理
  • 10.5 LDAPを利用したPDC,BDCの設定
    • 10.5.1 BDCの設定
    • 10.5.2 replicationの設定
    • 10.5.3 LDAPエントリの同期
  • 10.6 IDMAPバックエンドの活用
    • 10.6.1 IDMAPバックエンドの設定
  • 10.7 NTドメインからの移行
  • 10.8 LDAP通信の暗号化
    • 10.8.1 LDAPサーバのTLS設定
    • 10.8.2 TLS接続に関するsmb.confの設定

第11章 Microsoftネットワーク

  • 11.1 ブラウジング
  • 11.2 名前解決
  • 11.3 Sambaの名前解決機能

第12章 クライアント機能

  • 12.1 Sambaの提供するコマンド類
    • 12.1.1 smbclient
    • 12.1.2 smbtar
    • 12.1.3 net
    • 12.1.4 smbtree
    • 12.1.5 smbstatus
  • 12.2 Windowsの共有のマウント
    • 12.2.1 Linuxのsmbfsモジュール
    • 12.2.2 Linuxのcifsモジュール

第13章 運用管理

  • 13.1 バックアップ
  • 13.2 ログ管理
  • 13.3 バージョンアップ
    • 13.3.1 マイナーバージョンアップ
    • 13.3.2 Samba2.2からSamba3.0へのアップデート