殉情物語
〜トンパ文字に秘められた愛の物語〜

[表紙]殉情物語 〜トンパ文字に秘められた愛の物語〜

菊判/208ページ

定価(本体1,480円+税)

ISBN 4-7741-2280-7

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

トンパ文字によって綴られた三大教典の一つ「魯般魯饒」。清朝の「改土帰流」政策 以来,長らく封印され続けてきました。ナシ族およびその周辺少数民族に伝わる類似 した物語を,王超鷹氏が大トンパや長老との共同作業によって物語としてまとめ上げました。この物語は,文化的な価値として大きな意味を持つだけでなく,この中に込められた「純粋な愛」を表現した優れた物語として,文学的な価値も高いと思います。

こんな方におすすめ

  • 文学に興味のある方
  • 民俗学に興味がある方

目次

第1章 「殉情物語」

第2章 「殉情物語」の地を訪れて

第3章 原典「殉情物語」

第4章 「殉情物語」が問いかけるもの