@ベーシックシリーズ我が子のやる気に火をつける! 親子で勝ち抜く短期決戦就職成就

[表紙]我が子のやる気に火をつける! 親子で勝ち抜く短期決戦就職成就

四六判/224ページ

定価(本体1,280円+税)

ISBN 4-7741-2328-5

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

就職活動は子供だけのものではありません。親だって子供の就職活動に積極的に参加すべきです。

本書は,甥の就職活動を急遽サポートすることにはじまり,落伍寸前だった甥をたった2ヵ月で社会人の卵にまで変貌させ,内定まで獲得させてしまった驚異の実録体験記です。

こんな方におすすめ

  • 我が子が就職活動をしているか不安になっている方。
  • 就職活動セミナーに参加しているけれど、一向に内定をもらえる気配がしないお子さんを抱えている方。

目次

プロローグ 私が就職問題に首を突っ込んだワケ

  • 就職指導は就職のプロ集団にしかできない?!
  • 親こそ最適なサポーター
  • やる気を失くしかけた子供を励ませるのは親だけ

第1部 働かなきゃダメ!

  • 社会には基準になるモノサシがない
  • 学生は社会に出るための猶予期間
  • フリーターの未来は明るくない!
  • 不況がフリーターを増やしている
  • ニートはフリーターよりも更に厳しい
  • やりたいことを見つけさせたければ就職させよう
  • 「やりたいこと」ができるフリーランサーは決して楽じゃない
  • 我が子を「寄生虫」にしないためにも
  • 「プー太郎」になるなら計画的に
  • 支えがあれば努力もできる
  • 就職してもやり直しはできる
  • 卒業したら迷わず就職しよう!

第2部 実録! 甥の就職体験記

  • 約束されていたはずの就職先
  • 僕の理想の企業
  • 救世主は「おっちゃん」
  • 業界を絞ってふるいにかける
  • 「スーパー」は「近所の食料品屋さん」じゃない!
  • 本格始動は2冊の本
  • 人の話はメモをとる!
  • 自信をつけるための読書
  • はじめの難関=エントリーシート
  • 第一志望だけがすべてじゃない!
  • 就職するのは誰?「おっちゃん」? それとも……
  • 唯一真面目に取り組んだことを忘れていた!
  • エントリーシートで書いた内容が面接でも役に立った
  • 僕の志望は流通のはず?!
  • 心の支えは一次面接を通過していたこと
  • やる気のなさが行動に出た
  • 実際に現場を見る
  • 就職活動で得たことを家業で活かしたくなった
  • 最終面接こそ手を抜かない
  • 二ヵ月間努力できたのは「おっちゃん」というサポーターがいたから

第3部 親子で闘う就職活動のポイント

  • 自発的に就職活動をする学生は先輩の姿を見ていたから
  • 就職活動は早すぎても問題
  • 「みんなが行くから僕も行こう」で会社説明会に行っても収穫ゼロ
  • 好奇心を持つことが大事
  • 短絡的な発想になるのは考える練習が足りないから
  • 「落伍者」という言葉に出会ったことがなかった甥
  • 不安を取り除いてあげることが第一
  • 「やりたいことがわからない」のは主体性がないから
  • 多少の操作はむしろ子供のため
  • Q「職業は?」 A「営業だよ」では不合格
  • 信頼できる情報を得るためにもたくさんの情報に触れておく
  • 子供の個性を見極めて励まそう
  • 資料請求は入りたい会社を吟味してから
  • エントリーシートに書く内容は親も一緒に考える
  • 新聞や本を読んで違う考え方にふれる
  • 本は親がはじめに読む
  • 文章を書く練習が必要
  • エントリーシートには面接での会話のきっかけを盛り込む
  • 面接は「良い顔」で
  • 気持ちをこめた挨拶を心がける
  • 小さな失敗の繰り返しが大きな失敗を防ぐ
  • 能動的に行動できる人間だということをアピールしよう
  • 興味のない分野の採用試験を受けても時間のムダ
  • 自信を失くした子供は褒めよう!
  • 親が焦ってはダメ! 気楽な気持ちで見守ろう

エピローグ これさえわかれば誰にでもできる!

  • 継続するための我慢強さを養おう

付録 就職活動中に取り上げた本