時間がない営業のための 手間をかけない カンタン売上分析
[Excel活用編]

[表紙]時間がない営業のための 手間をかけない カンタン売上分析[Excel活用編]

A5判/208ページ

定価(本体1,680円+税)

ISBN 4-7741-2368-4

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

売上分析をしたい営業マンは多いと思いますが,何から手をつけてよいのかが分からず,先送りしているケースが目立ちます。本書はポイントだけを的確に解説することで,必要なところを読んですぐに売上分析が行えるようにしてあります。本書を読めば,今日から的確な売上分析が行え,顧客に説得力があるデータが提示できます。

こんな方におすすめ

  • 営業分析を簡単に行いたい人

目次

Chapter1 数字から何が出せるかを理解する

  • 1-1 営業は何する人?
  • 1-2 営業に求められるスキルとは何か
  • 1-3 データ分析の必要性
  • 1-4 Excel で始めるデータ分析
  • 1-5 売上データは宝の山,リスト形式で管理する
  • 1-6 ピボットテーブルを使えば,「並べ替え」と「抽出」と「集計」が一気にできる
  • 1-7 グラフは,データ全体の傾向をつかむときに使え!
  • 1-8 分析結果は客先に見せてこそ値打ちがある!

Chapter2 データを扱うためにはリスト形式が基本

  • 001 画面に収まらない大きなリストは,見出しを固定してからスクロールするべし
  • 002 Access のデータだからってあきらめるのは早い。インポートすればExcel で分析できる
  • 003 65,536 件以上のデータは他から持ってくる
  • 004 並べ替えはデータ分析の第1 歩。ただし,データを元の順番に戻せるようにしておくのが鉄則
  • 005 手っ取り早く売上トップ10 を見るには,オートフィルタを使う
  • 006 おおざっぱな数字を把握したいときは,あいまいなキーワードで抽出する
  • 007 3 つ以上の条件でデータを抽出するときは,条件入力用のスペースを作っておく
  • 008 フィールドごとの集計は「集計」機能を使って一発作成

Chapter3 魔法の集計表である「ピボットデーブル」を使いこなす

  • 009 ピボットテーブルはウィザードの3 つの画面に答えてサクッと完成
  • 010 切り口を変えると,見えてくることもある
  • 011 日付は,週単位や月単位にグループ化して大きな動きを見つける
  • 012 ばらばらな状態ではわからない。データを並べ替えることで傾向がわかる
  • 013 商品別の売上トップ4 に絞って順位動向を探れ
  • 014 特定のデータに絞りこみたければ「ページエリア」を使え
  • 015 文字のグループ化を使えば,その場で新しいフィールドを作成できる
  • 016 集計できるのは,何も合計だけじゃない
  • 017 合計だけじゃあ売上比率はわからない。計算の種類を変更するだけで瞬時に比率を表示
  • 018 売上率や売上目標を表示したければ,自分で計算式を作るべし
  • 019 好調・落ち込みの原因を探るにはドリルアップ,ドリルダウンが超便利
  • 020 集計結果の明細を見るには,最速の方法がある
  • 021 集計表の見た目は,気にしない。印刷するときは,そのとき書式をつければよい

Chapter4 データをグラフでビジュアル化する

  • 022 グラフ用のデータはピボットテーブルで用意するのが簡単
  • 023 合計と同じ動きをするグラフを見つけることが問題点を見つける早道だ
  • 024 データを平滑化した全体の傾向を見るには移動平均を使え
  • 025 グラフを元にした売上の予測値を,グラフ上に表示する
  • 026 大事にしないといけない商品はパレート図で探す
  • 027 ヒストグラムでデータのばらつきから傾向を探れ
  • 028 売上の長期的な傾向を見るにはZ チャートが最適
  • 029 ファンチャートで今年のヒット商品を見つける
  • 030 商品の競争力を,バブルチャートで表す

Chapter5 大事なことは全部数字が教えてくれる

  • 031 MAX・MIN 関数で売上トップ1 とワースト1 を探せ
  • 032 条件を付けて売上を集計したければ○○ IF 関数を使う
  • 033 もっと複雑な条件で売上を集計したければデータベース関数がある
  • 034 「商品力」を伸び率で見る
  • 035 標準偏差で比較的売上が安定している商品を探す
  • 036 関数で売上を予測する,予測の誤差も視野に入れる
  • 037 損益分岐点で利益を出すための最低ラインを押さえよ
  • 038 Excel は考える道具。目標の値になるためのシュミレーションに利用すべし
  • 039 店舗ごとのシートをザクッと集計するなら全く同じ表を作っておく

Chapter6 客先に見せる資料に加工する

  • 040 えっ! ファイルサイズが5MB !ピボットテーブルの貼り付けには要注意
  • 041 ピボットテーブルをきれいに印刷するには小ワザがある
  • 042 グラフはペタッと貼り付け。あっちにもこっちにも使い回す
  • 043 客先に見せるグラフにはお化粧が必要
  • 044 表やグラフの目的を正確に伝えるポイントを加えて完成

著者プロフィール

井上香緒里(いのうえかおり)

東京都生まれ,神奈川県在住。テクニカルライター。

SOHO のテクニカルライターチーム「チーム・モーション」を立ち上げ,IT 関連の書籍や雑誌,Web の記事を執筆。都内の大学の非常勤講師として「情報処理」の授業を担当。

チーム・モーションHP:http://www.team-motion.com