超入門から上達テクニックまで Illustrator「描画・イラスト」しっかりマスター
【Ver8〜CS2対応】

[表紙]超入門から上達テクニックまで Illustrator「描画・イラスト」しっかりマスター【Ver8〜CS2対応】

B5変形判/256ページ/CD2枚

定価(本体2,780円+税)

ISBN 4-7741-2455-9

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

わかりやすい紙面展開と初心者のために考え抜かれた作成例で基礎が「しっかり」身につく! 基本的な描画から複雑な図,ロゴやイラストの作成をステップアップしながら習得。なじみにくいベジェ曲線の扱い方もばっちりマスター。CD-ROMにはレッスン用素材とCS2体験版収録。

こんな方におすすめ

  • Illustratorをはじめて使う方
  • 仕事でIllustratorを使い始めた人、スキルアップを望んでいる人
  • 技術習得に熱心な初心者〜中級者クラス

目次

  • ■■レッスン編■■

Lesson 1 Illustratorについて知っておこう

  • Lesson1-1 Illustratorについて知っておこう
  • Lesson1-2 Illustratorの基本画面を知っておこう
  • Lesson1-3 Illustratorのツールを覚えよう
  • Lesson1-4 Illustratorのパレットを覚えよう
  • Lesson1-5 これだけは覚えておきたいよく使うツールとパレット
  • Lesson1-6 仕事で役立つ実務知識
  • Lesson1-7 納品時のチェック項目

Lesson 2 Illustratorの基本をマスター

  • Lesson2-1 Illustratorを起動しよう
  • Lesson2-2 新規ファイルを作成してみよう
  • Lesson2-3 図形を描いて色を塗ってみよう
  • Lesson2-4 画面を拡大・縮小してみよう
  • Lesson2-5 画面を移動させてみよう
  • Lesson2-6 ファイルを保存してみよう

Lesson 3 基本図形の描き方をマスター

  • Lesson3-1 直線を描いてみよう
  • Lesson3-2 正方形や円を描いてみよう
  • Lesson3-3 六角形や三角形を描いてみよう
  • Lesson3-4 指定した大きさの図形を描いてみよう
  • Lesson3-5 球体を描いてみよう
  • Lesson3-6 色を塗ってみよう
  • Lesson3-7 効率よく色や線の設定をしよう

Lesson 4 図形を移動や複製してみよう

  • Lesson4-1 図形を選択しよう
  • Lesson4-2 選択しにくい図形を選択してみよう
  • Lesson4-3 図形を移動させよう
  • Lesson4-4 図形を複製してみよう
  • Lesson4-5 図形を拡大・縮小してみよう
  • Lesson4-6 数値で図形の位置や大きさを調整してみよう
  • Lesson4-7 図形を回転させよう
  • Lesson4-8 図形を反転させてみよう
  • Lesson4-9 図形を斜めに変形させよう
  • Lesson4-10 図形の位置を揃えてみよう
  • Lesson4-11 図形の合体や型抜きをしてみよう
  • Lesson4-12 オブジェクトを自由に変形させよう

Lesson 5 図形を組み合わせてイラストを描こう

  • Lesson5-1 円を組み合わせて花を描こう
  • Lesson5-2 長方形を組み合わせて地図を描いてみよう
  • Lesson5-3 円を組み合わせて鎖を描いてみよう
  • Lesson5-4 楕円と長方形を組み合わせて円柱を描いてみよう
  • Lesson5-5 六角形を分割して立方体を描こう

■■パス操作編■■

Pass 1 パスの操作をマスターしよう

  • Pass1-1 図形の構造を覚えよう
  • Pass1-2 ペンツールの使い方(1)−直線を描く−
  • Pass1-3 ペンツールの使い方(2)−角度を制限した直線−
  • Pass1-4 ペンツールの使い方(3)−直線から曲線へつなぐ−
  • Pass1-5 ペンツールの使い方(4)−曲線から曲線へつなぐ−
  • Pass1-6 クローズパスを描く
  • Pass1-7 ツールの種類と切り換え
  • Pass1-8 パスの種類について

Pass 2 パスの練習をしよう

  • Pass2-1 基本的なパスの練習(1)−四角形を描く−
  • Pass2-2 基本的なパスの練習(2)−円と波線−
  • Pass2-3 基本的なパスの練習(3)−螺旋(らせん)−
  • Pass2-4 基本的なパスの練習(4)−破線と線路−
  • Pass2-5 基本的なパスの練習(5)−アピアランスの設定−

Pass 3 アンカーポイントの練習をしよう

  • Pass3-1 アンカーポイントを追加する
  • Pass3-2 アンカーポイントを連結する
  • Pass3-3 アンカーポイントを揃える
  • Pass3-4 パスを分割する
  • Pass3-5 四角形を円に変える
  • Pass3-6 円をハートに変える
  • Pass3-7 スムーズなS字曲線を描く
  • Pass3-8 変形した円とパスを組み合わせて葉を描く
  • Pass3-9 反転コピーしてワイングラスを描く

■■イラスト作成編■■

Illustration1 図形を応用してイラストを描こう

  • Illustration1-1 チェック柄のパターンを作成しよう
  • Illustration1-2 Ver.8でチェック柄の透明感を表現する
  • Illustration1-3 ブレンド機能を使って色違いのボタンを描く
  • Illustration1-4 長方形を利用したゴシック体のトレース
  • Illustration1-5 複合パスを活用したロゴ
  • Illustration1-6 パスに沿った文字を使用したラベルの作成

Illustration2 機能を組み合わせて複雑なイラストを描こう

  • Illustration2-1 ブラシを使って水彩画タッチのイラストを描く
  • Illustration2-2 リボンを描く
  • Illustration2-3 線路を含んだ地図を描く
  • Illustration2-4 名刺を作る
  • Illustration2-5 移動コピーを利用してカレンダーを作る
  • Illustration2-6 カレンダーに画像を配置する

■■上達テクニック編■■

Technique1 Illustrator上達の操作テクニック

  • Technique1-1 レイヤーを使いこなそう
  • Technique1-2 レイヤーを活用してイラストをアレンジする
  • Technique1-3 アピアランスを使いこなす
  • Technique1-4 アピアランスを使ってPOP用のフチ付き文字を作る
  • Technique1-5 ドロップシャドウで文字を立体的に表現する
  • Technique1-6 Ver.8でPOP用のフチ付き文字を作る
  • Technique1-7 文字を立体的に表現する

Technique2 イラストをリアルに表現する操作テクニック

  • Technique2-1 透明効果を使いこなす
  • Technique2-2 透明感のあるボタンの作り方
  • Technique2-3 ワイングラスの透明感を表現する
  • Technique2-4 3D効果を使って立体的なチョコレートを描く
  • Technique2-5 3D効果を使用しない立体感の表現
  • Technique2-6 グラデーションメッシュで立体感を表現する

■■ワンポイントテクニック

  • コントロールパレットについて
  • パレットやツールボックスを隠す
  • 隠れたツールをすばやく選ぶ
  • 「アピアランスとオーバープリントを保持」と「パスを保持」
  • 同じ操作でもさまざまな方法が用意されている
  • ドキュメントのカラーモードについて
  • Ver.9〜10とCSではなげなわツールの機能が違う
  • 表示を切り換えて選択する
  • 線幅やパターンの拡大・縮小について
  • キーオブジェクトについて
  • 重なり合った図形の選択にはロックを活用
  • どんな作り方をしているのか考えよう
  • 変形しながら複製する
  • 線の位置を変える
  • はさみツールとナイフツールの使い分け
  • スムーズなベジェ曲線を描くポイント
  • パスに沿ったブレンドの作成
  • Ver.10以前のパス上文字ツール
  • 「リンク画像」と「埋め込み画像」と「マスク」について
  • ドロップシャドウの設定方法
  • 重なり合ったオブジェクトを選択するには
  • 透明効果を使用しない透明感の表現
  • 「リンク画像」と「埋め込み画像」について
  • グラデーションメッシュの上達法

■■キーワード解説

  • オブジェクトとアートワーク
  • 形状モードについて
  • パスのオフセットについて
  • スマートガイドについて
  • テンプレートレイヤーについて(1)
  • テンプレートレイヤーについて(2)
  • 「トンボ」について
  • 【フィルタ】メニューのドロップシャドウと【効果】メニューのドロップシャドウ
  • 断面を表現するには

著者プロフィール

高橋正之(たかはしまさゆき)

東京造形大学デザイン学科卒業後,1995年高橋正之デザイン設立。各種リーフレット,ポスター制作などの広告媒体からパッケージデザイン,プロダクトデザインなど幅広い分野の仕事に携わる。著書に『Photoshop& Illustratorフライヤー・DMデザイン マスターピース(共著)』『Photoshop & Illustratorカード・名刺デザインマスターピース(共著)』『現場の必須テクニック IllustratorCS2の仕事術(共著)』(毎日コミュニケーションズ)『Illustrator CS2トレースマスター』,『Illustrator仕事で困ったときのお助けBook』(技術評論社)など。

著書