イー・トレード証券ではじめる かんたんネット株取引

[表紙]イー・トレード証券ではじめる かんたんネット株取引

B5判/96ページ

定価(本体1,280円+税)

ISBN 4-7741-2578-4

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

イー・トレード証券の提供しているサービスを駆使し,初心者でも,儲けを出せる!お得なことが経験できる!ためのネット株取引方法を伝授する本。株式取引の先輩たちがほんとに儲かっているのか?いくらくらいつぎ込んでいるのかがわかる”実態調査”も。

こんな方におすすめ

  • これからネット株をはじめようとしている方
  • イー・トレード証券の口座を作ろうとしている方
  • 。すでにイー・トレード証券の口座は持っているけれど、いまいち活用できていな
  • い方

目次

第1章 証券口座を開こう

  • さぁ,株式投資をはじめよう!
  • 自己責任とリスク管理を忘れずに
  • 使いやすい証券会社を選ぼう
  • 超人気!イー・トレード証券の実力
  • 証券会社に資料請求しよう
  • 口座開設申込書を記入して返送する
  • 税申告が面倒な人は特定口座を選ぼう

第2章 個別銘柄のいろいろを調べる

  • 「お宝銘柄」をあの手この手で探す
  • チャートで今後の値動きを予測する
  • ニュースを読めば有望銘柄が見える
  • より高度なチャートで株価を読む
  • アナリストの評価レポートをチェック
  • 「四季報」の情報をネットで入手する
  • 「株主優待」で思わぬ副収入をゲット
  • クォンツ分析で成長性や割安感を知る
  • 株式分割や売買単位変更は買いどき!

第3章 実際に売買注文を出してみよう

  • 取引注文画面のしくみを理解しよう
  • 個別銘柄画面から注文するのが便利
  • 買うより難しい「売り」のタイミング
  • 指値訂正でよりよいタイミングをつかむ
  • これから上場する有望銘柄を先取り
  • 割安で手数料ゼロ!立会外分売の魅力
  • 流動性が拡大!公募増資・売出の魅力

第4章 さまざまな便利機能を使いこなそう

  • マーケット情報で日々の動きをチェック
  • 「株式ニュース」画面は使える情報の宝庫
  • スクリーニングで「ほしい銘柄」を選ぶ
  • 興味のある業種限定で銘柄検索
  • オンラインIRで企業活動を調べる
  • 株価や約定をEメールで確認する

第5章 自分の口座を管理する

  • ポートフォリオで保有銘柄を確認
  • 「口座管理」画面で口座全体の状況を把握
  • 「取引履歴」で約定状況を確認しよう
  • 買付余力が不足したらネット送金
  • パスワード変更は「登録情報」画面で
  • 電子交付サービスで報告書を入手する

付録 超便利!ツールの操作早わかり事典

  • 今日の値動き・出来高・売買代金を調べたい
  • 前日の終値を調べたい
  • 値上がり率・値下がり率の上位銘柄を知りたい
  • 上場来高値・上場来安値を調べたい
  • 年初来高値・年初来安値を調べたい
  • 1株当たり利益(EPS)を調べたい
  • 配当利回りを調べたい
  • PERを調べたい
  • PBRを調べたい
  • ROEを調べたい
  • ROAを調べたい
  • 決算期を調べたい
  • 売上高・経常利益・当期利益を調べたい
  • 有利子負債額を調べたい
  • キャッシュフローを調べたい
  • 企業の業績予想を調べたい
  • 売買単位を調べたい
  • 値幅制限を確認したい
  • 株主構成を調べたい
  • これまでの資本異動を調べたい
  • 企業のURLを知りたい
  • 株主優待を調べたい<個別銘柄ごとに検索する場合>
  • 株主優待を調べたい<すべての銘柄から絞り込む場合>
  • 新規上場のスケジュールを調べたい
  • 公募増資の予定を調べたい
  • 立会外分売の予定を調べたい
  • 買付余力を調べたい

著者プロフィール

渡辺賢一(わたなべけんいち)

経済ジャーナリスト。香港の日本語新聞『香港ポスト』編集長を経て,独立。現在は帰国し,フリージャーナリストとして活躍する。専門は中国・香港の経済・産業情報,株式投資,為替投資。

主な著書に『よくわかるFX超入門』『イー・トレード証券ではじめる かんたんネット株取引』『イー・トレード証券で極める実践ネット株取引』『10のプラチナ投資指標で掘り出すお宝銘柄』(以上,技術評論社),『大事なお金は香港で活かせ』(同友館),『業界別これから上がる!中国株厳選68銘柄』(双葉社),『和僑』(アスペクト),『こんなに儲かるFX外国為替』(ローカス),『世界業界地図 2006年度版』(新紀元社)などがある。

著書