情報処理試験シリーズ平成18年度 テクニカルエンジニア ネットワーク 合格教本

[表紙]平成18年度 テクニカルエンジニア ネットワーク 合格教本

A5判/616ページ/CD1枚

定価(本体2,880円+税)

ISBN 4-7741-2676-4

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

難関試験「テクニカルエンジニア ネットワーク」の合格をつかむための必携書登場!午前試験で必須の知識はほぼ網羅。午後試験対策は,あらゆるジャンルの問題に対応できる実力をつけられるよう,様々な工夫を凝らしました。また,パソコンで午前問題の学習ができる強力ソフト「DEKIDAS」付。この1冊で試験対策は万全です。

こんな方におすすめ

  • 「テクニカルエンジニア ネットワーク」試験を受験するにあたり、基礎から徹底的に学習したい方

目次

■第I部 知識のまとめ − 午前,午後I・午後II問題対策 −

第1章 ネットワークの基礎知識

  • 1.1 プロトコル
    • 1.1.1 言葉の定義
    • 1.1.2 プロトコルの制定主体
  • 1.2 OSI基本参照モデル
    • 1.2.1 階層化
    • 1.2.2 7階層の詳細
    • 1.2.3 エンティティとサービス
    • 1.2.4 コネクション
    • COLUMN 要求される下位プロトコル
  • 1.3 回線交換とパケット交換
    • 1.3.1 回線交換
    • 1.3.2 パケット交換
  • 1.4 コネクション型通信とコネクションレス型通信
    • 1.4.1 コネクション型通信
    • 1.4.2 コネクションレス型通信
  • 1.5 LANとWAN
    • 1.5.1 通信距離による区分
    • 1.5.2 キャリアが介在する通信はWAN
  • 1.6 集中処理と分散処理
    • 1.6.1 集中処理
    • 1.6.2 分散処理
    • 1.6.3 クライアントサーバシステム
  • 1.7 トラフィック理論
    • 1.7.1 アーラン
    • 1.7.2 呼損率
    • COLUMN アーラン,待ち行列
  • 1.8 待ち行列理論
    • 1.8.1 M/M/1モデル
    • 1.8.2 待ち行列の計算に必要な要素
  • 章末問題

第2章 電気通信

  • 2.1 音声信号の符号化
    • 2.1.1 アナログとディジタル
    • 2.1.2 ディジタル化のメリット
    • 2.1.3 標本化
    • 2.1.4 量子化
    • 2.1.5 符号化
  • 2.2 画像信号の符号化
    • 2.2.1 画像符号化の基礎知識
    • 2.2.2 画像データ圧縮の手法
    • 2.2.3 画像データ規格
  • 2.3 同期制御
    • 2.3.1 同期
    • 2.3.2 ビット同期
    • 2.3.3 ブロック同期
  • 2.4 ベーシック手順
    • 2.4.1 ベーシック手順の概要
    • 2.4.2 データ伝送のフェーズ
  • 2.5 HDLC
    • 2.5.1 HDLCの概要
    • 2.5.2 HDLCのフレーム構成
    • 2.5.3 HDLCの通信クラス
    • 2.5.4 HDLCの動作モード
    • 2.5.5 HDLCの通信手順
  • 2.6 ITU-T勧告X.25
    • 2.6.1 X.25とは
    • 2.6.2 伝送手順
    • 2.6.3 X.25のヘッダフォーマット
  • 2.7 回線制御装置
    • 2.7.1 回線制御装置の種類
    • 2.7.2 データ伝送の手順
  • 2.8 誤り制御
    • 2.8.1 誤り制御の種類
    • 2.8.2 パリティチェック
    • 2.8.3 パリティチェックのバリエーション
    • 2.8.4 CRC
    • 2.8.5 ハミング符号
  • 章末問題

第3章 LAN

  • 3.1 物理的な接続
    • 3.1.1 同軸ケーブル
    • 3.1.2 ツイストペア
    • 3.1.3 光ファイバ
    • 3.1.4 光ファイバの規格
    • 3.1.5 リピータ
    • COLUMN ハブとスイッチングハブ
  • 3.2 論理的な接続と伝送制御
    • 3.2.1 ネットワークトポロジ
  • COLUMN 通信機器の呼称について
  • 3.3 伝送制御方式
    • 3.3.1 CSMA/CD方式
    • 3.3.2 イーサネット
    • 3.3.3 トークンリング方式
    • 3.3.4 アーリートークンリリース方式
    • 3.3.5 FDDI方式
    • 3.3.6 TDMA
    • 3.3.7 ATM方式
    • COLUMN ATM
  • 3.4 データリンク層の接続機器
    • 3.4.1 ブリッジ
    • 3.4.2 スイッチングハブ
    • COLUMN プロトコルアナライザ
  • 3.5 インターネットワーキング
    • 3.5.1 ルータ
    • 3.5.2 L3スイッチ
    • 3.5.3 VLAN
  • 3.6 品質とサービスを構成する技術
    • 3.6.1 ゲートウェイ
    • 3.6.2 L4スイッチ
    • 3.6.3 L7スイッチ
    • 3.6.4 MPLS
  • 3.7 無線LAN
    • 3.7.1 無線LANの規格
    • 3.7.2 無線LANのアクセス手順
    • 3.7.3 無線LANのアクセス方式
    • 3.7.4 セキュリティの向上
    • COLUMN IEEE802.11n
  • 章末問題

第4章 インターネットプロトコル

  • 4.1 インターネット技術の基本
    • 4.1.1 インターネットの定義
    • 4.1.2 インターネットの成り立ち
    • 4.1.3 インターネットへの接続
    • 4.1.4 アクセス経路の発展
    • 4.1.5 インターネット利用形態の高度化
  • 4.2 IPの基礎知識
    • 4.2.1 IP
    • 4.2.2 コネクション型通信とコネクションレス型通信
    • 4.2.3 ベストエフォート型
    • 4.2.4 パケット通信
    • 4.2.5 経路制御
    • 4.2.6 IPヘッダ
    • 4.2.7 IPアドレス
    • 4.2.8 サブネットマスク
    • 4.2.9 IPアドレスクラス
    • 4.2.10 IPマルチキャスト
    • 4.2.11 特別なIPアドレス
  • 4.3 IPアドレス枯渇問題に対する技術
    • 4.3.1 IPアドレスの枯渇問題
    • 4.3.2 プライベートIPアドレス
    • 4.3.3 CIDR
    • 4.3.4 IPv6
    • 4.3.5 IPv6の機能
  • 4.4 データリンク層との接続
    • 4.4.1 MACアドレス
    • 4.4.2 ARP
    • 4.4.3 Proxy ARP
    • 4.4.4 ICMP
    • COLUMN tracerouteコマンド
  • 4.5 TCPとUDP
    • 4.5.1 トランスポート層の役割
    • 4.5.2 ポート番号
    • 4.5.3 UDP
    • 4.5.4 TCP
  • 4.6 伝送効率制御
    • 4.6.1 スライディングウィンドウ
    • 4.6.2 高速再送制御
    • 4.6.3 フロー制御
    • 4.6.4 伝送効率を向上させるその他の方法
  • 4.7 ルーティング技術
    • 4.7.1 自律システム
    • 4.7.2 RIP
    • 4.7.3 RIP2
    • 4.7.4 ディスタンスベクタ
    • 4.7.5 リンクステート
    • 4.7.6 経路情報のループ
    • 4.7.7 OSPF
    • 4.7.8 BGP
  • 4.8 アプリケーションに対応した技術
    • 4.8.1 SMTP
    • 4.8.2 MIME
    • 4.8.3 POP before SMTP
    • 4.8.4 SMTP Authentication
    • 4.8.5 POP3
    • 4.8.6 IMAP4
  • 4.9 名前解決およびアドレス管理技術
    • 4.9.1 DNS
    • 4.9.2 DHCP
    • 4.9.3 BOOTP
  • 4.10 ファイル転送技術
    • 4.10.1 HTTP
    • 4.10.2 FTP
    • 4.10.3 Telnet
    • 4.10.3 SIP
  • 章末問題

第5章 WAN

  • 5.1 WAN技術の基本
    • 5.1.1 LANとWANの境界
    • 5.1.2 キャリアとユーザの新しい関係
  • 5.2 通信事業者の種類
    • 5.2.1 通信事業者の区分
    • 5.2.2 規制緩和の動向
  • 5.3 通信事業者が提供するサービス
    • 5.3.1 回線交換とパケット交換
    • 5.3.2 公衆電話回線
    • 5.3.3 専用回線
  • 5.4 回線交換技術
    • 5.4.1 DDX
    • 5.4.2 フレームリレー
    • COLUMN フレームリレーの経済性
  • 5.5 ISDN
    • 5.5.1 ISDNによる通信サービス
    • 5.5.2 ISDNの規約群
    • COLUMN UNIについて
  • 5.6 ATM
    • 5.6.1 従来のプロトコルの弱点
    • 5.6.2 ATMの基本的な考え方
    • 5.6.3 ATMの料金体系
    • 5.6.4 QoSの品目
    • 5.6.5 ATMのプロトコル構成
    • 5.6.6 ATM-LAN
  • 5.7 ADSL
    • 5.7.1 ADSLの概要
    • 5.7.2 ADSLで利用される高速化技術
    • 5.7.3 ADSLのオプション仕様
  • 5.8 光ファイバによる通信
    • 5.8.1 SDH/SONET
    • 5.8.2 FTTH
    • 5.8.3 広域LAN
  • 5.9 CATV
    • 5.9.1 ケーブルテレビ網を使用した通信
    • 5.9.2 CATV接続の原理
    • 5.9.3 CATVの技術的な余力
    • COLUMN アクセス回線の今後
  • 5.10 ラストワンマイル問題と対処
    • 5.10.1 ラストワンマイル問題の対処技術
    • 5.10.2 移動体通信
  • 章末問題

第6章 信頼性向上

  • 6.1 RASIS
    • COLUMN RASISとRAS
  • 6.2 対障害設計および性能管理
    • 6.2.1 フォールトアボイダンス
    • 6.2.2 フォールトトレランス
    • 6.2.3 対障害設計
    • 6.2.4 性能管理
    • COLUMN システムのログ観察
  • 6.3 バックアップ
    • 6.3.1 バックアップの必要性と準備作業
    • 6.3.2 バックアップ方法
    • 6.3.3 バックアップ運用
    • 6.3.4 遠隔地管理
    • COLUMN インターネットデータセンタ(IDC)
  • 6.4 RAID
    • 6.4.1 RAIDとは
    • 6.4.2 RAIDの種類
    • COLUMN スタンバイ方法による切替え時の速度
  • 6.5 ネットワーク管理技術
    • 6.5.1 syslog
    • 6.5.2 NTP
    • 6.5.3 SNMP
    • 6.5.4 新しいネットワークの要素
  • 章末問題

第7章 セキュリティ

  • 7.1 暗号化
    • 7.1.1 盗聴リスクと暗号化
    • 7.1.2 暗号の種類
    • 7.1.3 共通かぎ暗号
    • 7.1.4 共通かぎ暗号の実装技術
    • 7.1.5 公開かぎ暗号
    • 7.1.6 公開かぎ暗号の実装技術
    • 7.1.7 ハイブリッド方式
  • 7.2 認証システム
    • 7.2.1 認証システムの基本的な考え方
    • 7.2.2 パスワード認証
    • 7.2.3 パスワード認証の運用上の注意点
    • 7.2.4 バイオメトリクス認証
    • 7.2.5 認証を省力化する技術
  • 7.3 ディジタル署名
    • 7.3.1 ディジタル署名の基本的な考え方
    • 7.3.2 メッセージダイジェスト
    • 7.3.3 PKI
    • COLUMN 認証の連鎖
  • 7.4 コンピュータウイルス
    • 7.4.1 コンピュータウイルスの分類
    • 7.4.2 コンピュータウイルスの3機能
    • 7.4.3 コンピュータウイルスの感染経路
    • 7.4.4 ウイルスへの対策
    • COLUMN ネットワークから遮断したシステム
    • 7.4.5 感染後の対応
    • 7.4.6 ウイルス対策の基準
    • COLUMN ウイルスチェックソフトの多機能化
  • 7.5 LANにおけるセキュリティ対策技術
    • 7.5.1 ファイアウォール
    • 7.5.2 DMZ
    • 7.5.3 パーソナルファイアウォール
    • COLUMN パーソナルファイアウォール
  • 7.6 ユーザ認証におけるセキュリティ対策技術
    • 7.6.1 リモートアクセス技術
    • 7.6.2 認証技術
    • 7.6.3 Kerberos
    • 7.6.4 SSL
    • COLUMN ディジタル証明書の有効期限
  • 7.7 公共回線におけるセキュリティ対策技術
    • 7.7.1 VPN
    • 7.7.2 VPNの基本構成
    • 7.7.3 VPNの2つのモード
    • 7.7.4 VPNを実現するプロトコル
    • 7.7.5 クラッカが使用する攻撃手段
    • 7.7.6 攻撃への対応
    • COLUMN 誤検出について
  • 7.8 セキュリティ関連規格
    • 7.8.1 ISO15408
    • 7.8.2 ISO17799
  • 章末問題

第8章 最新技術動向

  • 8.1 広帯域通信
  • 8.2 企業内ネットワーク
  • 8.3 アウトソーシングサービス
  • 8.4 ホームネットワーク

■第II部 長文問題演習 − 午後I・午後II問題対策 −

記述式試験の対策

  • 1 音声データの統合
  • 2 サーバの移設
  • 3 ADSLとIMAP4
  • 4 Webシステム
  • 5 無線LAN
  • 6 インターネット利用システム
  • 7 光ファイバとネットワークの再構築

事例解析の対策

  • 1 セキュアVLAN
  • 2 災害対策とバックアップ
  • 3 リモートアクセスのセキュリティ

■平成16年度 秋期 テクニカルエンジニア ネットワーク試験問題

  • 午前問題
  • 午後I問題
  • 午後II問題
  • 解答・解説

著者プロフィール

岡嶋裕史(おかじまゆうし)

中央大学大学院総合政策研究科博士後期課程修了。博士(総合政策)。富士総合研究所勤務を経て,関東学院大学准教授,情報ネットワーク論担当(現職)。Webサービス・イニシアティブ技術部会副部会長。ISMS審査員補,ネットワークスペシャリスト,情報セキュリティアドミニストレータ,第一種情報処理技術者,その他。

【著書】「ネットワーク社会経済論」(紀伊國屋書店/共著),「【テクニカルエンジニア】ネットワーク合格教本」(技術評論社)ほか多数。