ITコーチング入門 SEITエンジニアのための問題解決とスキルアップ

[表紙]ITコーチング入門 SE・ITエンジニアのための問題解決とスキルアップ

四六判/240ページ

定価(本体1,680円+税)

ISBN 4-7741-2685-3

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

ITコーチングとは,従来のビジネスコーチングに,執筆者の長年にわたるシステム開発経験を組み合わせ,ITエンジニア・SEむけにカスタマイズしたものです。

変化が激しいIT業界を生き抜く力をコーチングにより得ることができます。

こんな方におすすめ

  • コーチングに興味がある,システムエンジニア,IT関係者

著者の一言

本書を読んで,これは使える!,と感じましたら,ぜひITプロフェッショナル・コーチングの世界に踏み出してください。ITコーチングのスキルを身につけて,それを外に向けて発信したり,自分自身に応用してください。何か今までと違ったことが,きっと起ります。

目次

第1章 なぜ技術者にITプロフェッショナル・コーチングが有効なのか

  • ITコーチングとは何か?――あなたの思いを整理して,本当の目的を達成させる方法
  • 「気持ち系」と「頭脳系」とは――ITコーチングの特殊アプローチ
  • エンジニアに特化させたコーチング手法――ITコーチングとスポーツコーチングの違い
  • 仕事をするには基礎体力が必要――なぜプロジェクトは失敗するのか?
  • 基礎体力は短期間では習得できない――IT業界の流れに対応するには
  • エンジニアのモチベーションが向上する瞬間とは――四段階のステップ
  • ITコーチングのスキル全体像――スキルの三角形

第2章 ITコーチングを知るための前提知識

  • そもそもコーチングとは一体何か?――教えたり,指示をしない?
  • コーチングとそのほかの手法の違いを知る――ティーチング,メンタリング,カウンセリング,コンサルティング
  • コーチングの狙い――対象者の思いこみの排除と達成の促進
  • ITコーチングの実施方法――四つのスタイル
  • コーチの仕事は考えさせること――ファシリテーションから一歩先へ
  • バーバル・リフレクションとは何か?――自分の言葉から生まれる反応
  • ITコーチングの重要な道具――聞き取ること,質問すること
  • ITコーチングをITのどの仕事に活用するか――自分に,リーダーに,ほかの人に

第3章 ITコーチングの道具を身につける

  • 聞き取りの基本的な道具――センテンスキャッチの極意
  • 質問を作る――「聞き取る」から「質問する」作業に移る
  • 質問作成の手順を知る――質問を作るプロセス
  • 質問作成の注意点――パーツ分けのコツ
  • 相手が答えたくなるような質問とは――効果を知るテクニック
  • 複雑な会話の内容で質問を作る――パーツの置き換え

第4章 ITコーチングの道具の使い方

  • 自分のリソースを活用する道具――すばやくコーチングを進めるには
  • リソースのファインディング――相手の資源を探る
  • リソースを活用して行動アップにつなげる手順――次の展開へのスライド
  • 自分の制御権を奪回する方法――マイナスパワーをとりのぞく
  • 技術者の感情の動きは変化する――感情のコントロール

第5章 ITコーチングの実行プロセス

  • ITコーチングを成功させるには――成功のプロセスとパターン
  • 実行プロセスの全体像――イニシエート・リマインド・チェックポイント・チャレンジ
  • イニシエート・プロセスで何をするのか――テーマの具体化
  • リマインド・プロセスで何をするのか――ワンツーワン形式コーチングの事例
  • チェックポイント・プロセスで何をするのか――プチ目標の決定
  • チャレンジ・プロセスで何をするのか――後押しの効果的なやり方

第6章 ITエンジニアの頭の整理と発見を促す実行事例

  • オンシナリオ形式コーチング――気づきと成功のパターン
  • 気づきを促すシナリオの作り方――リアルシミュレーション
  • 効果的なコンテンツの作成方法――トラップ・ポイントが決め手
  • シナリオの戦略を立てる――システム開発,セールスへのコーチング・シナリオの応用

第7章 ITコーチングの効果を判断する

  • 成功事例を分析する――さまざまな応用事例
  • 技術者の気づきの原点はどこにあるのか――変わらないものを探す力
  • ITコーチングの成果が出にくい事例――職業による目的意識の違い
  • 上司やリーダーがコーチするときの注意点――コーチングはマネジメントにあらず
  • 成功した技術者はITコーチングを継続する――満足度のグッドサイクル
  • ITコーチングのスキルを身につけるためには――技術定着のステップを応用する
  • コーチになること――成功のコアコンピタンスの獲得

おわりに