セオリー・オブ・スタイルシート

[表紙]セオリー・オブ・スタイルシート

B5変形判/280ページ

定価(本体3,200円+税)

ISBN 4-7741-2783-3

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

ウェブデザインの手段としてすっかり定着したスタイルシート。レイアウトテクニックやブラウザ別の対応法などTIPS的なテクニックはずいぶん普及しましたが,一方で意外に遅れていたのが,そのメカニズムの理解です。

本書はそこに焦点をあてました。「情報と機能の組織化」をキーワードに,スタイルシートはどんな役割を果たすべきか,どのようなしくみでスタイルシートによる表現が実現するのか,そして,どのように記述すればより効果的で効率的であるのか。実例をまじえながら,これまでにないくわしさで解説します。

Part1(神崎正英氏執筆)では,セレクタ,カスケーディング,継承,ボックスと視覚整形モデルについて,CSS2.1に基づき詳説します。

後半部の「Part2 スタイルシートの実践」(執筆は関拓也氏)では実例を取り上げます。

こんな方におすすめ

  • CSSの原理やメカニズムをじっくり学びたい方
  • CSSでデザインをしていて「なぜ思い通りにならないのか」と悩んでいる方
  • CSSへの理解を深めて、より高度なデザインに挑戦したい方

目次

■Part1 スタイルシートの理論 (執筆:神崎正英)

第1章 情報の組織化とマークアップ

  • 1.1 コミュニケーションと情報ブロック
    • 1.1.1 情報の組織化と理解
    • 1.1.2 タスク/目的に対する機能
    • 1.1.3 情報の組織化,認知を助けるためのデザイン
  • 1.2 XHTMLと情報の組織化
    • 1.2.1 XHTMLの基本ブロック要素型
    • 1.2.2 機能ブロックとXHTML
    • 1.2.3 インラインレベルの要素型

第2章 CSSの基本

  • 2.1 CSSの基本処理モデル
    • 2.1.1 CSSの意味と役割
    • 2.1.2 文書ツリーと整形モデル
    • 2.1.3 キャンバス,表示域,ドキュメント
  • 2.2 CSSの記述
    • 2.2.1 スタイルシートの構文
    • 2.2.2 XHTML文書への組み込み
    • 2.2.3 プロパティ値のデータ型と単位
    • 2.2.4 @規則
    • 2.2.5 CSSでの文字の扱い
  • 2.3 セレクタ
    • 2.3.1 名前をセレクタとして用いる
    • 2.3.2 名前を組み合わせる
    • 2.3.3 属性セレクタ
    • 2.3.4 疑似クラスと疑似要素
    • 2.3.5 機能ブロックとセレクタ
  • 2.4 カスケーディングと継承
    • 2.4.1 値の計算と継承
    • 2.4.2 カスケードと優先順位

第3章 ボックスと視覚整形モデル

  • 3.1 ボックスモデルとブロックの表現
    • 3.1.1 ボックスモデル
    • 3.1.2 パディング
    • 3.1.3 枠
    • 3.1.4 マージン
    • 3.1.5 ボックスと背景
    • 3.1.6 ボックスのタイプと包含ブロック
  • 3.2 通常フローと浮動化
    • 3.2.1 通常フローと整形コンテクスト
    • 3.2.2 浮動化
    • 3.2.3 浮動化と周囲のボックス
    • 3.2.4 浮動化とクリア
    • 3.2.5 テーブルセルと浮動化
  • 3.3 ポジショニングと重ね合わせ
    • 3.3.1 positionプロパティと位置決め
    • 3.3.2 絶対配置
    • 3.3.3 固定配置
    • 3.3.4 相対配置
    • 3.3.5 重ね合わせとレイヤ配置
  • 3.4 ボックスのサイズ
    • 3.4.1 ブロックボックスと置換要素の幅と高さ
    • 3.4.2 幅と高さの最大値,最小値
    • 3.4.3 行ボックスの高さと配置
    • 3.4.4 浮動化とwidth,displayプロパティ
  • 3.5 コンテンツの溢れと切り抜き
    • 3.5.1 overflowと切揃えボックス
    • 3.5.2 overflowと位置決めと整形コンテクスト
    • 3.5.3 領域の切り抜き
    • 3.5.4 画像のクローズアップ

■Part2 スタイルシートの実践 (執筆:関拓也)

チュートリアルの前に

  • 1 チュートリアルで作成するサイト
  • 2 作成するファイルとディレクトリ構成
  • 3 XHTML文書とスタイルシートの準備

第4章:サイト/プロジェクト共通のテンプレートの作成

  • イントロダクション 必要な機能ブロックの設計
  • ステップ1 キャンバス,body,文章の基本設定
  • ステップ2  ヘッダブロック
  • ステップ3 ナビゲーションブロック
  • ステップ4 メインコンテンツブロック
  • ステップ5 フッタブロック

第5章:トップページの作成

  • イントロダクション トップページに必要な機能ブロック
  • ステップ1 メインテーマブロック
  • ステップ2 メインブロック
  • ステップ3 サブブロック

第6章:本文ページの作成

  • イントロダクション 本文ページの構成
  • ステップ1 見出しと要約
  • ステップ2 本文と図
  • ステップ3 表
  • ステップ4 サブメニュー
  • ステップ5 印刷用スタイル

■Appendix(執筆:神崎正英)

  • 1 CSS2仕様書プロパティ定義の読み方
  • 2 CSS2.1プロパティ一覧
  • 3 CSS2.1のHTML4.0デフォルトスタイルシートを読む
  • 4 テキスト方向とUnicode双方向アルゴリズム