情報処理試験シリーズソフトウェア開発技術者 試験によくでる 午前問題集

[表紙]ソフトウェア開発技術者 試験によくでる 午前問題集

A5判/400ページ/CD1枚

定価(本体2,280円+税)

ISBN 4-7741-2992-5

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

過去12年分の午前問題と最新の傾向を徹底的に分析したテーマ別頻出問題集。各テーマごとに出題頻度,問題ごとに難易度を表示,詳細な解説は「ポイント」と「解法」の2段階ステップ式で,あいまいな部分を残しません。基本から応用まで,午前の頻出問題337問を収録。

こんな方におすすめ

  • ソフトウェア開発技術者試験の合格を目指す方
  • 午前頻出問題を効率よく、数多く解きたい方
  • くわしい解説を読みたい方

目次

  • 受験のてびき
  • 試験の傾向と対策
  • 本書の使い方
  • 付属CD-ROMの使い方

第1章 情報の基礎理論

  • 1 n進法
  • 2 補数表現
  • 3 数値表現
  • 4 固定小数点表現
  • 5 浮動小数点表現
  • 6 誤差
  • 7 シフト演算I
  • 8 シフト演算II
  • 9 論理式
  • 10 論理回路
  • 11 集合論理
  • 12 命題論理
  • 13 ハミング符号
  • 14 BNF記法
  • 15 逆ポーランド表記法
  • 16 有限オートマトン
  • 17 情報量と符号化
  • 18 確率問題
  • 19 マルコフ過程
  • 20 正規分布
  • 21 最短経路問題I
  • 22 最短経路問題II
    • キーワードCHECK

第2章 データ構造とアルゴリズム

  • 23 リスト構造
  • 24 スタックとキューI
  • 25 スタックとキューII
  • 26 平衡(バランス)木
  • 27 B木の再構成
  • 28 2分探索木
  • 29 根付き木の表現
  • 30 ハッシュI
  • 31 ハッシュII
  • 32 整列アルゴリズム
  • 33 整列における計算量I
  • 34 整列における計算量II
  • 35 探索法I
  • 36 探索法II
  • 37 流れ図I
  • 38 流れ図II
  • 39 流れ図III
  • 40 再帰関数
    • キーワードCHECK

第3章 ハードウェア

  • 41 情報素子I
  • 42 情報素子II
  • 43 CISCとRISC
  • 44 アドレス指定方式
  • 45 割込み処理
  • 46 プロセッサ高速化技術I
  • 47 プロセッサ高速化技術II
  • 48 マルチプロセッサ
  • 49 プロセッサの性能
  • 50 主記憶アクセス時間
  • 51 主記憶への書込み方式
  • 52 キャッシュメモリの割付方式
  • 53 補助記憶装置の容量
  • 54 補助記憶装置のアクセス時間
  • 55 RAID
  • 56 入出力制御方式
  • 57 入出力インタフェース
  • 58 画像データの情報量
    • キーワードCHECK

第4章 基本ソフトウェア

  • 59 タスクの状態遷移I
  • 60 タスクの状態遷移II
  • 61 タスクスケジューリング方式
  • 62 タスクの切替え方式
  • 63 同期・排他制御I
  • 64 同期・排他制御II(セマフォ)
  • 65 デッドロック
  • 66 多重プログラミングI
  • 67 多重プログラミングII
  • 68 実記憶管理(オーバレイ)
  • 69 実記憶管理(メモリ)
  • 70 仮想記憶管理(ページング方式)
  • 71 仮想記憶管理(ページ置換え)
  • 72 仮想記憶管理(ページフォールト)
  • 73 スプーリング機能
    • キーワードCHECK

第5章 システムの構成と方式

  • 74 クライアントサーバシステムI
  • 75 クライアントサーバシステムII
  • 76 分散処理システム
  • 77 システムの構成方式
  • 78 待ち行列の応用(平均待ち時間)
  • 79 待ち行列の応用(平均応答時間)
  • 80 待ち行列の応用(グラフ問題)
  • 81 キャパシティプランニング
  • 82 性能計算I
  • 83 性能計算II
  • 84 性能指標・評価(ベンチマークI)
  • 85 性能指標・評価(ベンチマークII)
  • 86 性能指標・評価(モニタリング)
  • 87 信頼性計算(MTBFとMTTR)
  • 88 信頼性計算(故障率)
  • 89 信頼性計算(稼働率計算I)
  • 90 信頼性計算(稼働率計算II)
  • 91 信頼性設計
  • 92 信頼性指標・評価
    • キーワードCHECK

第6章 システムの開発と運用

  • 93 プログラム構造
  • 94 制御構造(手続き)
  • 95 言語処理系
  • 96 コンパイラ
  • 97 言語の分類
  • 98 言語の特徴(XML)
  • 99 言語の特徴(Java)
  • 100 プログラミングツール
  • 101 CASEツール
  • 102 ソフトウェア開発モデル
  • 103 プロセス成熟度モデル
  • 104 ソフトウェア再利用
  • 105 要求分析手法
  • 106 DFDI
  • 107 DFDII
  • 108 データ中心アプローチ
  • 109 オブジェクト指向I
  • 110 オブジェクト指向II
  • 111 オブジェクト指向III
  • 112 モジュール設計法
  • 113 モジュールの独立性
  • 114 結合テスト
  • 115 ホワイトボックステスト
  • 116 ブラックボックステストI
  • 117 ブラックボックステストII
  • 118 その他のテスト
  • 119 レビュー手法
  • 120 テスト管理手法I
  • 121 テスト管理手法II(FP法の計算)
  • 122 品質管理
  • 123 見積り手法I
  • 124 見積り手法II(FP法の計算)
  • 125 日程計画(PERT)I
  • 126 日程計画(PERT)II
  • 127 進捗管理
  • 128 要員計画・管理
  • 129 マイルストーン
  • 130 外部環境の活用
  • 131 システム運用管理
  • 132 コスト管理
  • 133 資源管理
  • 134 障害管理
    • キーワードCHECK

第7章 ネットワーク技術

  • 135 OSI基本参照モデル
  • 136 TCP/IP
  • 137 IPアドレス
  • 138 アクセス制御方式
  • 139 LAN間接続装置
  • 140 ルーティングプロトコル
  • 141 ネットワーク管理
  • 142 インターネット利用技術
  • 143 HDLC
  • 144 フレームリレー
  • 145 ATM
  • 146 回線容量の計算
  • 147 伝送時間の計算
  • 148 通信コストの計算
  • 149 パルス符号変調方式の計算
    • キーワードCHECK

第8章 データベース技術

  • 150 論理データモデル
  • 151 ANSI/SPARC3層スキーマ
  • 152 データ分析
  • 153 E-R図I
  • 154 E-R図II
  • 155 主キー属性
  • 156 正規化I
  • 157 正規化II
  • 158 正規化の目的
  • 159 データ操作
  • 160 データベース言語
  • 161 SQLI
  • 162 SQLII(自己結合)
  • 163 SQLIII(副問合せ)
  • 164 ビュー
  • 165 整合性
  • 166 アクセスの効率化
  • 167 トランザクション管理
  • 168 データベースのリカバリ
  • 169 データベースの排他制御
  • 170 分散データベースI(2相コミット)
  • 171 分散データベースII
  • 172 データベース応用
    • キーワードCHECK

第9章 セキュリティと標準化

  • 173 暗号方式
  • 174 認証
  • 175 ディジタル署名
  • 176 認証無線LAN
  • 177 コンピュータウイルス
  • 178 セキュリティ対策
  • 179 セキュリティ評価の標準
  • 180 標準化
    • キーワードCHECK

著者プロフィール

大滝みや子(おおたきみやこ)

IT企業にて地球科学分野を中心としたソフトウェア開発に従事した後,現在,日本工学院八王子専門学校 ITスペシャリスト科に勤務し,C言語,データベース,情報理論,および情報処理技術者試験やORACLE MASTERなどの資格対策講座を担当。「基本情報技術者 午前の集中学習」「基本情報技術者 午後の集中学習」(以上,オーム社),「かんたんアルゴリズム解法-流れ図と擬似言語」「めちゃわかり基本情報技術者 極ラク教本」(以上,リックテレコム),「やさしく学ぶ 基本情報技術者」(翔泳社)など著書多数。