Linux RAID 入門

[表紙]Linux RAID 入門

A5判/248ページ

定価(本体2,580円+税)

ISBN 978-4-7741-3092-7

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

本書では,Linuxのディスク管理をマスターするために,Linuxディストリビューションで共通に提供されている機能を中心に解説しております。パーティションの設定からファイルシステム,ソフトウェアRAID機能,LVMまでディスク管理の際に役に立つ情報が満載です。

こんな方におすすめ

  • Linuxのディスク管理をマスターしたい人

この書籍に関連する記事があります!

HDDはいつか必ず壊れます
あるプロジェクトの開発中,いつものようにプロジェクトの開発物を管理しているサーバに接続したところ,開発中のプログラムを格納しているサーバから応答が返ってきませんでした。

目次

第1章 Linuxディスク管理概要

  • 1.1 ディスク管理の目的
  • 1.2 Linuxのディスク管理の概要
  • 1.3 RAIDとは

第2章 ハードウェアの準備

  • 2.1 ディスクの種類
  • 2.2 ソフトウェアRAIDとハードウェアRAID
  • 2.3 RAIDの種類

第3章 RAID構成でのインストール

  • 3.1 RAID構成のインストール
  • 3.2 ディスク2台のRAID 1構成 - Fedora Core 6編
  • 3.3 ディスク6台のRAID 5構成 - Red Hat Enterprise Linux 4編
  • 3.4 ディスク4台のRAID 0+LVM構成 - CentOS 4編
  • 3.5 ディスク3台のRAID 1+スペアディスク構成 - Debian
  • 3.1(sarge)編
  • 3.6 ディスク2台のRAID 1構成 - Debian 4.0(Etch)編

第4章 パーティション設定

  • 4.1 パーティションの概要
  • 4.2 パーティションの命名規則
  • 4.3 fdiskによるパーティション作成
  • 4.4 USBメモリ利用による本書の実行例の確認

第5章 ファイルシステム管理

  • 5.1 ファイルシステムとは
  • 5.2 ファイルシステムのマウント
  • 5.3 Ext3
  • 5.4 XFS
  • 5.5 ReiserFS

第6章 ソフトウェアRAID

  • 6.1 RAIDデバイスの情報取得
  • 6.2 スペアディスクの活用
  • 6.3 RAIDデバイスの新規作成
  • 6.4 RAID 1構成でのディスク交換
  • 6.5 RAIDデバイスの開始と停止
  • 6.6 RAIDデバイスの監視

第7章 LVM

  • 7.1 LVMの機能と特徴
  • 7.2 物理ボリュームの管理
  • 7.3 ボリュームグループの管理
  • 7.4 論理ボリュームの管理
  • 7.5 ディスクの追加
  • 7.6 ファイルシステムのサイズ変更

第8章 バックアップ

  • 8.1 Linuxのバックアップ
  • 8.2 ネットワーク経由のバックアップ

第9章 VMwareによるソフトウェアRAID環境の構築

  • 9.1 VMwareとは
  • 9.2 VMwareの設定方法