知りたい!サイエンスシリーズ兎はウサギの形になりたがる
−宇宙と生命を支配する形の科学−

[表紙]兎はウサギの形になりたがる −宇宙と生命を支配する形の科学−

四六判/224ページ

定価(本体1,580円+税)

ISBN 978-4-7741-3123-8

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

つる植物や巻貝,宇宙の銀河はらせん形を選んでいる。空から舞う雪は六角形を好み,兎はウサギの形に成長する。事物はなぜその形を選ぶのか…現在の科学はそれには答えてくれない。

本書は自然界の形がもつ謎や不思議に切り込み,見えなかった真実を浮かびあがらせる。

こんな方におすすめ

  • 自然界の「形」について不思議を感じている方
  • 「形」について各方面の専門分野に興味のある方

目次

プロローグ 「形の科学」へのメッセージ

  • 科学は量から形へ

第1章 生物を形づくるブラックボックスの遺伝子

  • 生物の“形”はこうしてつくられる

第2章 無数の星々が生み出す天空のらせん

  • 銀河はなぜらせんを描くのか

第3章 生物が隠しもつらせん構造

  • 人間はなぜらせん形ではないのか

第4章 フラクタル幾何学

  • 複雑さの中に単純なルールを探す

第5章 生物形態学を学問する

  • アロメトリーとゴム板幾何学

第6章 生物と無生物のはざま・ウイルスの幾何学

  • ウイルスはなぜ正20面体やらせん形か

第7章 生物の機能と形

  • 植物の形重力で決まる

第8章 結晶に刻まれた成長の歴史

  • 雪の結晶の形を解読する

第9章 特殊な比率「黄金比」の謎

  • 建築物や人体の理想のプロポーション

第10章 バッキーボールとシナジー幾何学

  • 5角形と6角形からできた奇妙な炭素

エピローグ 宇宙の物質進化史

  • 「自己組織化」が生み出した宇宙・生物・人間

著者プロフィール

矢沢潔(やざわきよし)

1970年代に科学雑誌Cosmo創刊編集長を経て1982年より科学情報グループ「矢沢サイエンスオフィス((株)矢沢事務所)」主宰。内外の科学者・研究者,科学ジャーナリスト,編集者,翻訳者などのネットワークをつくり,アメリカ,ヨーロッパの取材を行いながら自然科学,エネルギー技術,医学,未来文明論,科学哲学,テラフォーミング等に関する情報執筆活動を続ける。「最新科学論シリーズ」37冊(学研),世界の第一線科学者へのインタビュー集『知の巨人』(学研),『ニューサイエンティスト群像』(勁草書房)などの一般科学書のほか,『ビームディフェンス』(時事通信社),『巨大プロジェクト』『B1戦略爆撃機』(談講社),『経済学のすべてがわかる本』(学研),『薬は体に何をするか』『地球温暖化は本当か?』『原子力ルネサンス』(技術評論社),『日本人の精子力』(学研),『始まりの科学』(ソフトバンククリエイティブ)などの編著書を送り出してきた。がん医学書や動物医学書,科学図鑑も多い。