原点回帰 オーディオセッティング再入門
〜アナログからオーディオPCまで,あなたの常識は通用しない?〜

[表紙]原点回帰 オーディオセッティング再入門 〜アナログからオーディオPCまで,あなたの常識は通用しない?〜

A5判/248ページ

定価(本体1,880円+税)

ISBN 978-4-7741-3128-3

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

CDをはじめとするデジタル環境が全盛の中,一昔前と比べて,アマチュアオーディオの定義も大きく変わりました。内外の名だたるオーディオメーカーの機器を購入し,どのように使いこなすのかがアマチュアオーディオの中心課題となっています。

本書はアマチュアオーディオにおける使いこなしに焦点を当て,アマチュアオーディオを総合的に分析,解説しようとする試みです。

こんな方におすすめ

  • オーディオに興味がある人
  • オーディオPCに興味がある人

この書籍に関連する記事があります!

オーディオの今を考える
1956年に日本オーディオ協会から「アマチュアオーディオハンドブック」が発行され,半世紀が経ちました。1950年代後半の日本はまだまだ高度経済成長が始まったばかりで,ラジオを始め,オーディオをやりたくても自作オーディオが幅を利かせていました。

目次

■第一部 オーディオは哲学です

第1章 意識と無意識とオーディオ

  • 0.5秒単位でぶちぶちに切れているのが意識
  • 無意識は極めてアナログ的
  • 無意識が外と繋がっているのであれば,その向こうにあったはずの何かが受け
  • 取れる

第2章 音楽はどこで聴いているか

  • 音楽を知覚するまで
  • 音楽を聴くと気持ちよくなる,眠くなるもしくは,高揚する
  • デジタルであろうと,アナログであろうとどちらも音楽だ

■第二部 デジタルオーディオとアナログオーディオ

第3章 デジタルオーディオとパソコンの切っても切れない関係

  • オーディオPCができた背景とパソコンでオーディオすること
  • MIDIで始まったデジタルの音楽への応用
    • コラム:コモディティー化
  • 日本語化されたIBM PC=DOS/Vマシンの登場
  • HTPCとオーディオPC−この近くて遠い親戚関係
  • PCをオーディオで使うときに考えておくべきこと
  • クロックとジッターの話
  • オーディオでのPCの利用分野
  • 旧式PCをオーディオPCに転用する

第4章 デジタルオーディオの権化−オーディオPCを解剖する/必要な構成と条件を考える

  • 重要なパーツ群
    • コラム:電源選びが重要なわけ
    • コラム:オーディオPCにおける振動源
  • インターコネクト
    • コラム:HDD/DVDドライブの振動対策
    • コラム:外部からのノイズ対策
  • ベースソフトウェア
  • アプリケーションソフトウェア
  • オーディオPCを使うということ
    • コラム:Windows MMEも使い方による?

第5章 そもそもオーディオとは何だったのか

  • そもそもオーディオって何だ
  • 記録するという観点から見た音楽小史
  • レコード(音を記憶する)という革命
  • 人によって聴いているところが違う
  • 人間の感性
    • コラム:結局問われるのは「世界観」
  • 40万の法則(400KHz二乗)
    • コラム:SACDやDVD-Audioが流行らないわけ
  • デジタル化とは情報が落ちにくくなるレベルまで,情報を落とすこと
    • コラム:ノイズは本当に「絶対悪」だったのか
  • 最初にアナログからデジタルにしたところで,決定的に情報が落ちている
    • コラム:DACの問題
  • DSDの限界
  • 特定の枠組みの中で作っているものは,本物とは異なる
  • デジタル化は抽象化の一手法
    • コラム:止まらないコモディティー化
  • 情報の落としかたの美学があってもいい
  • コモディティーに「美」は宿るのか

■第三部 オーディオ復古の大号令

第6章 オーディオの基礎をもう一度やり直す

  • はじめに
    • コラム:オーディオを一からやり直すときに,一番大事なこと
  • コンポーネント(構成要素)の紹介
  • コンポーネントその(1)「人」
  • コンポーネントその(2)「部屋」
  • コンポーネントその(3)「電気」
    • コラム:PLC
    • コラム:人工アースと本当のアース
  • コンポーネントその(4)「ソース(音源)」
  • コンポーネントその(5)「スピーカー」
    • コラム:口径と低音の話
  • コンポーネントその(6)「アクセサリー」
    • コラム:マルチアンプとマルチスピーカーにマルチチャネル,マルチの功罪
  • コンポーネントその(7)「アナログオーディオ」
    • コラム:MCだから?
    • コラム:アナログオーディオを選ぶときに考えておいてほしいこと
  • コンポーネントその(8)「デジタルオーディオ」
  • コンポーネントその(9)「アンプリファイア(アンプ)」
    • コラム:アナログアンプとデジタルアンプ

第7章 セッティング

  • はじめに
  • セッティングと部屋
    • コラム:無音響室とはどんな部屋
    • コラム:極端を避けることが鉄則!
  • スピーカー編:スピーカーのセッティング
    • コラム:3分法,5分法,7分法について
  • スピーカーのセッティングの実際
  • スピーカーセッティングのまとめ
  • アンプ編:アンプのセッティング
  • プレーヤーとインターコネクトのセッティング
    • コラム:スピーカーケーブルについての筆者の考え方
    • コラム:インターコネクトをどのように使うべきか
  • ラックへの組み入れ方
  • 機器のセッティングまとめ
  • ハムノイズ
    • コラム:一般使用の実体
  • 機器のクリーニング方法
    • コラム:オーディオクリニックの手順
  • マルチチャンネルがユーザに求めるもの
  • 結局は全体のバランスがもっとも大きな課題

第8章 オーディオをするということ

  • 自分と向き合う時間

第9章 どう名機は生まれ,なぜなくなるのか

  • Vintage Audioとの付き合い方
  • そもそも「Vintage Audioにおける名機」とは何か
    • コラム:カメラに見る名機
  • 感性と商業主義の葛藤
  • 古い銅線と新しい銅線

第10章 製品と作品の違い

  • はじめに
  • 製品とは
  • 作品とは
  • 試作から製品試作に移るときに起こる相変化

第11章 オーディオのこれから

  • Visual全盛時代。それでもオーディオは残る
    • 消えていったリニアトラッキングとSACDの類似性

Appendix オーディオPCの製作/用語集

  • APP1 オーディオPCの製作
  • APP2 用語解説