知りたい!サイエンスシリーズへその緒が語る体内汚染
―未来世代を守るために

[表紙]へその緒が語る体内汚染―未来世代を守るために

四六判/208ページ

定価(本体1,580円+税)

ISBN 978-4-7741-3442-0

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

「現代人は生まれる前から汚染されている」

生まれた直後の赤ちゃんにあるへその緒を調べてみると,多種多様な物質が見つかります。その中には,ダイオキシンやPCB,カドミウムといった悪名高き汚染物質が含まれます。

こうした汚染物質は,私たち人間にどういった影響を与えているのでしょう?「自閉症」「学習障害」「注意欠陥」「すぐキレる」といった精神疾患は?「小児アレルギー」や「シックハウス」との因果は?将来生まれてくる孫や未来世代へも影響があるのか?……

本書では,こういった疑問と化学物質の胎内曝露との関係の可能性について,最新の研究を元に緻密に考察。そして,未来世代を化学物質曝露から軽減する方策などについても提言していきます。

こんな方におすすめ

  • 子供がいる,またはこれから子供をつくろうと思っている方
  • アレルギーやシックハウスなどで悩んでいる方
  • 子供と自分の健康維持を考えている方

この書籍に関連する記事があります!

最近の子供の"変化"は,科学物質の影響?
「現代人は生まれる前から汚染されている」こう聞いて,皆さんはどう思うでしょう? 「生まれて数年も経てば仕方ないけど,出産前からは……」と思う方も多いのではないでしょうか。

目次

  • Chapter1 胎児期から始まる人体の汚染
  • Chapter2 胎児期汚染による被害の歴史
  • Chapter3 大人と子供と胎児の違い
  • Chapter4 身の周りの環境汚染物質による複合汚染
  • Chapter5 次世代への影響,新しい考え方
  • Chapter6 子供たちを守るには――「環境改善型予防医学」という考え方
  • Chapter7 子供たちの健康と予防原則