ポケットリファレンスシリーズAjaxポケットリファレンス

[表紙]Ajaxポケットリファレンス

四六判/376ページ

定価(本体2,380円+税)

ISBN 978-4-7741-3510-6

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

Ajaxの基本からライブラリまでを使いやすくまとめたリファレンスです。

Ajaxで利用するコードと実例をまとめたものです。他のAPI技術と併せてマッシュアップする時のリファレンスとして利用できます。非同期通信やDOM関連のAjaxの基本機能と,ライブラリ(XML/JSON/Prototype.js/script.aculo.us/Plotr/ActiveWidgets/Yahoo! UI Librarty/Google Maps API/Google Ajax Search API)を収録しています。

こんな方におすすめ

  • Ajaxを利用するすべてのプログラマ
  • Webプログラミングをするエンジニア
  • Ajaxで何ができるかを一覧したい人に

本書のサンプル

本書の一部ページを,PDFで確認することができます。

目次

Part1 Ajaxプログラミング

Chapter1 Ajax概要

  • 1.1 Ajaxとは
  • 1.2 Ajaxモデルの処理の流れ
  • 1.3 XHTMLで文書を定義する
  • 1.4 CSSでのスタイル指定
  • 1.5 イベントリスナ方式(DOMイベントモデル)でイベントを処理する
  • 1.6 動的画面表示を行う
  • 1.7 Ajax使用上の注意点

Chapter2 非同期通信

Ajax非同期通信の基本
  • 2.1 GET/非同期通信でデータを受信する
  • 2.2 GET/同期通信でデータを受信する
  • 2.3 POST/非同期通信でデータを受信する
  • 2.4 POST/同期通信でデータを受信する
  • 2.5 GET/非同期通信(リクエストとレスポンスを別関数にする)
非同期通信でマスタ管理
  • 2.6 マスタ管理:データの登録を行う(POST/同期)
  • 2.7 マスタ管理:データの参照を行う(GET/非同期)
  • 2.8 マスタ管理:データの参照/更新/削除を行う
  • 2.9 GET/非同期通信でマスタを一覧表示する

Chapter3 DOMイベントモデル(イベントリスナ)

イベントオブジェクトでの処理形式
  • 3.1 イベント発生ノードを識別する
  • 3.2 押下キーコードを識別する
  • 3.3 押したキーをそのまま表示する
  • 3.4 マウスクリックの左右ボタンを識別する
  • 3.5 従業員番号入力後vキーを押すと氏名を表示する
  • 3.6 従業員番号(5桁ID)入力で氏名を表示する
  • 3.7 テーブル入力情報を取得する(getid,ketkcode,getkchar)
  • 3.8 マウスポインタ位置座標をトレース表示する
Ajaxでのフォームコントロール
  • 3.9 Ajaxでラジオボタンを扱う
  • 3.10 Ajaxでチェックボックスを扱う
  • 3.11 チェックボックスで複数選択,選択取り消しを処理する
  • 3.12 Ajaxでセレクトメニューを扱う
  • 3.13 セレクトメニューで絞り込み選択を行う

Chapter4 DOMノード操作

ノード参照
  • 4.1 ID値から要素ノードを参照する(getElementById)
  • 4.2 指定したタグ名を持つ要素ノードを配列形式で返す(getElementsByTagName)
  • 4.3 オブジェクトの指定された属性の値を返す(getAttribute)
  • 4.4 オブジェクトの指定された属性のノード値を返す(getAttributeNode)
  • 4.5 オブジェクトの最初の子ノード,最後の子ノードを参照する(firstChild,lastChild)
  • 4.6 オブジェクトの子ノードを参照する(childNodes)
  • 4.7 子ノードが有るかどうかを調べる(hasChildNodes)
  • 4.8 オブジェクトの兄弟ノードを参照する(nextSibling,previousSibling)
  • 4.9 オブジェクトの親ノードを参照する(parentNode)
ノード追加
  • 4.10 ノード追加でテキストを動的に表示する(createElement,createTextNode,appendChild)
  • 4.11 オブジェクトに属性を追加する(setAttribute)
  • 4.12 テキスト入力フィールドのサイズを変更する(setAttribute)
  • 4.13 既存ノードの前に新しいノードを追加する(insertBefore)
  • 4.14 既存ノードの前後に新しいノードを追加する(insertAdjacentElement)
  • 4.15 テキスト表示を動的に変更する(replaceChild)
  • 4.16 テキスト表示内容を動的に変更する(insertData)
  • 4.17 テキスト表示を動的に削除する①(removeNode)
  • 4.18 テキスト表示を動的に削除する②(removeNode)
  • 4.19 テキスト入力フィールドを動的に削除する(removeChild)

Chapter5 XML/JSONデータの受信処理

ノード参照
  • 5.1 XMLデータを受信し一覧表示する(responseXML)
  • 5.2 XMLデータとスタイルシート受信し一覧表示する(transformNode)
  • 5.3 サーバ側でのXMLデータ検索で全件表示する(JAXP)
  • 5.4 サーバ側でのXMLデータ検索で,ID単位で表示する(JAXP)
JSON/JSONP/JKL
  • 5.5 JSONデータを受信し一覧表示する(eval)
  • 5.6 XML受信データをJKL.ParseXMLで変換表示する
  • 5.7 jsonpで受信データを全件表示する

Part2 Ajaxライブラリ

Chapter6 prototype.js

  • 6.1 $()関数,$F()関数
  • 6.2 $A()関数
  • 6.3 Ajax.Requestでマスタデータを受信/表示する①
  • 6.4 Ajax.Requestでマスタデータを受信/表示する②
  • 6.5 Ajax.Updaterでマスタデータを登録する①
  • 6.6 Ajax.Updaterでマスタデータを登録する②

Chapter7 script.aculo.us

Effect効果
  • 7.1 文字/画像を出現させる(Appear)
  • 7.2 上から下に出現させる(BlindDown)
  • 7.3 下から上に消す(BlindUp)
  • 7.4 落下させて消す(DropOut)
  • 7.5 フェード(消滅)させる(Fade)
  • 7.6 縦横の順に折りたたみ消す(Fold)
  • 7.7 拡大しながら出現させる(Grow)
  • 7.8 ハイライト点滅させる(Highlight)
  • 7.9 移動させる(MoveBy)
  • 7.10 不透明度を変化させる(Opacity)
  • 7.11 拡大しながら消滅させる(Puff)
  • 7.12 点滅させる(Pulsate)
  • 7.13 指定したサイズに拡大縮小する(Scale)
  • 7.14 指定した要素位置に縦スクロールさせる(ScrollTo)
  • 7.15 左右に小刻みに揺らす(Shake)
  • 7.16 縮小し消滅させる(Shrink)
  • 7.17 上から下に出現させる(SlideDown)
  • 7.18 下から上に消滅させる(SlideUp)
  • 7.19 指定位置に向け消滅させる(Squish)
  • 7.20 外側から消滅させる(SwitchOff)
複数Effectの組み合わせ(Parallel)
  • 7.21 複数Effectの組み合わせ①
  • 7.22 複数Effectの組み合わせ②
DragDrop
  • 7.23 ドラッガブル
  • 7.24 ドラッグと固定
  • 7.25 ドラッグと戻り
  • 7.26 ドロッパブル①
  • 7.27 ドロッパブル② ─買い物カゴと合計金額表示
  • 7.28 ドロップ解除
Slider
  • 7.29 標準水平スライダ
  • 7.30 標準垂直スライダ
  • 7.31 断続値スライダ
  • 7.32 自然数連続値スライダ
Sortable
  • 7.33 ドラッグ&ドロップで表示行をソートする
  • 7.34 ドラッグ&ドロップで階層表示の行をソートする
  • 7.35 ソート機能を停止する
Editor
  • 7.36 表示テキストをブラウザ上で編集/保存する
  • 7.37 インプレースエディタの編集開始と終了

Chapter8 Plotr

  • 8.1 棒グラフを縦に表示する
  • 8.2 棒グラフ(横)
  • 8.3 棒グラフ(枠線)
  • 8.4 折れ線グラフ(塗潰し)
  • 8.5 折れ線グラフ
  • 8.6 円グラフ

Chapter9 ActiveWidgets

  • 9.1 リンクコントロールを表示する
  • 9.2 ラベルコントロールを表示する
  • 9.3 インプットコントロールを表示する
  • 9.4 リストコントロールを表示する
  • 9.5 ボタンコントロールを表示する
  • 9.6 グループコントロールを表示する
  • 9.7 ラジオボタンコントロールを表示する
  • 9.8 チェックボックスコントロールを表示する
  • 9.9 コンボボックスコントロールを表示する
  • 9.10 タブメニューコントロールを表示する
  • 9.11 ツリーリストコントロールを表示する
  • 9.12 グリッドコントロールを表示する

Chapter10 Yahoo! User Intreface Library(YUI)

  • 10.1 カレンダを表示する
  • 10.2 2連カレンダを表示する
  • 10.3 日本語カレンダを表示する
  • 10.4 日本語カレンダで年月日入力
  • 10.5 ドラッグ&ドロップ
  • 10.6 日本語カレンダのドラッグ&ドロップ
  • 10.7 グラフ表示のドラッグ&ドロップ

Chapter11 Google Maps API

  • 11.1 地図を表示する
  • 11.2 コントロールとボタンを追加する
  • 11.3 地図右下に子窓地図を表示する
  • 11.4 地図中央の緯度と経度を表示し,ドラッグにより表示を変える
  • 11.5 マーカを表示する
  • 11.6 吹き出しを表示する
  • 11.7 タグフォーマットで吹き出しを表示する
  • 11.8 IFRAMEで吹き出しを表示する
  • 11.9 マーカドラッグで吹き出しを表示する
  • 11.10 地図上をクリックしてマーカを表示/非表示する
  • 11.11 マーカクリックで吹き出しを表示する
  • 11.12 マーカクリックで画像付き吹き出しを表示する
  • 11.13 十字マーカを表示する
  • 11.14 オリジナルマーカを表示する
  • 11.15 地図上のポイントを線分で結ぶ
  • 11.16 地図表示をタイマで移動する(3秒後に品川駅へ移動)
  • 11.17 地図表示をタイマで連続移動する
  • 11.18 住所/スポット名入力で地図を表示する
  • 11.19 非同期受信のCSVデータでマーカを表示する
  • 11.20 非同期受信のテキストデータでマーカを表示する
  • 11.21 非同期受信のXMLデータでマーカを表示する
  • 11.22 非同期受信のJSONデータでマーカを表示する
  • 11.23 大小2画面表示でドラッグ移動を連動させる
  • 11.24 地図/航空写真2連表示でドラッグ移動を連動させる
  • 11.25 マーカクリックで周辺人口衛星写真を吹き出し表示する

Chapter12 Google Ajax Search API

  • 12.1 Webサーチ
  • 12.2 Videoサーチ
  • 12.3 Blogサーチ
  • 12.4 Newsサーチ
  • 12.5 Imageサーチ
  • 12.6 Bookサーチ
  • 12.7 総合サーチサンプル

著者プロフィール

清野克行(せいのかつゆき)

慶應義塾大学工学部電子物理専攻卒。日本IBM,日本HPなどにおいて,業務系/基幹業務系システムのSE/マーケティングおよび,分散アプリケーション&イントラネットによる社内業務システム開発などに携わる。現在は,Ajax/クラウド/Web 2.0関連の書籍執筆/セミナー講師/ソフトウェア開発/コンサルティングなどを行っている。
情報処理学会会員。