プロが明かす危ない家、壊れる家
「いい家」が建つ本当の方法

[表紙]プロが明かす危ない家、壊れる家  「いい家」が建つ本当の方法

四六判/256ページ

定価(本体1,680円+税)

ISBN 978-4-7741-3620-2

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

これまで数多くの建築関連の情報で明らかにされていなかった,危ない家が建つ「本当の理由」と,本当に「いい家」ができる住宅建築の方法を消費者向けに解説。建築業界の現場も設計も知り尽くし,欠陥住宅救済の活動も行う鈴木てつやが,不動産購入や建築依頼の真実をはじめて公開!

こんな方におすすめ

  • 住宅取得を検討中の人。家を買いたい人。
  • 新築住宅が欲しい人。注文住宅を検討中の人。
  • 自分の家が欠陥住宅か疑問を持つ人。

目次

  • はじめに
  • 第1章 もしも,わが家が欠陥住宅だったら
  • 第2章 欠陥住宅はこうしてできる
  • 第3章 よい家を手に入れるための準備
  • 第4章 より快適で丈夫な住宅を設計する
  • 第5章 欠陥のない住宅を施工する
  • 第6章 被害を補填できる! 火災保険の意外な活用法
  • 第7章 欠陥被害をみつけたら
  • 付録チェックリスト

著者プロフィール

鈴木てつや(すずきてつや)

一級建築士・宅地建物取引主任者。

1960年,北海道生まれ。大工職人としての施工経験を経て,1985年からデベロッパー勤務に転身,土地有効活用,ビル・マンションの企画,設計・監理,M&A(企業買収)といった業務全般に携わる。

1993年から欠陥住宅や災害被害に遭った消費者の救済事業を一部開始し,2007年からは本格的に被害対策を専業とするニホンケンサ一級建築士事務所を設立する。優良な住宅の普及推進のため,札幌市木造住宅耐震診断員や北海道が推進する北方型住宅の断熱・気密施工技術者(BIS)としても活動する傍ら,中越沖地震の際には被災住宅の建物診断といったボランティア活動にも参加し,現在に至る。

ニホンケンサ一級建築士事務所ホームページ
http://www7.plala.or.jp/nihonkensa/