新農民になろう! 就農計画の設計と実例

[表紙]新農民になろう! 就農計画の設計と実例

A5判/160ページ

定価(本体1,680円+税)

ISBN 978-4-7741-3739-1

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

食料自給率の低下,食の安全への不信感,近い将来の食糧不足……などなど,わが国の「食」と第一次産業そのものへの関心が高まっています。全国で就農あるいは帰農の支援活動が盛んになるなか,新たな仕事の場,起業の場として「農家」から目が離せません。

本書は,現在の仕事を辞めて新たに農業を始めたいという人にむけて,お米の専作農家や年間何十品目もの野菜を栽培する農家をはじめ,ブドウのもぎ取りができる観光農園,デリやカフェも経営する農家,女性1人ではじめた農家など,全国のさまざまな就農実例を紹介します。新規就農のアドバイスから,作物を販売する実践的なノウハウ,資金準備・営農のポイントまで,初心者にもわかりやすく解説しています。

こんな方におすすめ

  • 食の安全・安心に問題意識をもち,農業への関心が強い人
  • 近い将来,「農」で起業することを考えている人
  • 生産者の生活ぶり,生の情報がほしい人

この書籍に関連する記事があります!

都市生活者でも“農園生活”が体験できる 週末ファーマーから始めよう!
農業に縁もゆかりもない都会の人が就農を考えたとき,いったい何から始めることができるのでしょうか。

目次

  • Chapter1 新たに就農した農業経営者の成功事例
    --就農初年度から数年で経営を軌道にのせる--
  • Chapter2 就農までのプロセスと注意点
    --自分に合った就農スタイルをつかむ--
  • Chapter3 「作目選び」と栽培方法のヒント
    --栽培管理と販路が確立したものに重点をおく--
  • Chapter4 農産物を「売る」ための基礎知識
    --流通コストの低減を図るとともに収益率の高い販路を開拓する--
  • Chapter5 経営者として知っておくべきこと
    --事業展開のための心得と経営のポイント--

著者プロフィール

伊藤裕樹(いとうひろき)

1970年,秋田県生まれ。山形大学農学部卒業。有限会社ネオリブラ(経営コンサルティング,ビジネスコーチング),有限会社拓の里(農作業受託,農産物仕入販売,農業技術指導)の代表を務める。また国際コーチ連盟マスター認定コーチ,財団法人生涯学習開発財団認定マスターコーチ。現在はコンサルタント,コーチ,ファーマーの3足のワラジを履き,年間の3分の1を東京,3分の1を秋田,3分の1が全国各地の生活を送る。それぞれのワラジを履くことで,「育てる」「信頼する」ということの価値や,そのための新しい視点について想いを巡らせている。