テック・ライブ!シリーズ電気自動車が加速する!
─日本の技術が拓くエコカー進化形

[表紙]電気自動車が加速する!─日本の技術が拓くエコカー進化形

A5判/272ページ

定価(本体1,680円+税)

ISBN 978-4-7741-3792-6

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

次に選ぶ車はもうモーター駆動という時代が来ました。ハイブリッド車を経て,本命の電気自動車(EV)が今年いよいよ登場。その先には水素を使った燃料電池車(FCV)も開発されています。現場の開発エンジニアたちに取材した次世代車の先端技術を,生活者の視点でわかりやすく解説します。それぞれのしくみの違いや長所,課題は何か? インフラ整備も含め,近未来のクルマ社会の姿と,そこで賢いユーザーとなるための知識を得られます。

こんな方におすすめ

  • 電気自動車や燃料電池車のしくみや技術を知りたい方
  • 実際に電気自動車を欲しいと思っている方
  • 日本がリードする次世代車の開発状況を知りたい方

本書のサンプル

本書の一部ページを,PDFで確認することができます。

目次

0章 なぜ,いま電気自動車なのか

  • 0-1 何度もモーターショーに登場しながら,実現しない夢のクルマたち
  • 0-2 エコロジー(環境保護)とエコノミー(原油高騰)で時代のニーズが急上昇
  • 0-3 ハイブリッド車が開拓し,EVそしてFCVへ

1章 充電で何百キロも走れたら/バッテリーカーEV

  • 1-1 ラジコンカーと同じ電池でモーターを動かして走るEV
  • 1-2 バッテリーの進化が最大の鍵を握る
  • 1-3 全域性能と信頼性―モーターの進化
  • 1-4 ドライブトレインの変化
  • 1-5 充電インフラ
  • 1-6 2009年EVいよいよ市販

2章 水素+酸素=電気+水/中学の理科でクルマが動くFCV

  • 2-1 燃料電池車とは
  • 2-2 燃料電池がコア技術
  • 2-3 水素をクルマにどう積むか
  • 2-4 燃料電池車の市販に向けて
  • 2-5 水素供給インフラ

3章 電動化が変えるクルマの常識

  • 3-1 モーターが可能にするエネルギー回生
  • 3-2 エアコンや補機をまかなうエネルギー
  • 3-3 インホイールモーターが描くクルマの未来
  • 3-4 もっと快適で理想的なクルマに

4章 ポスト・ガソリン車を狙うエコカーの真実

  • 4-1 エコカーの選択肢
  • 4-2 環境と脱石油のエネルギーシフト
  • 4-3 当面はプラグインハイブリッド車が有力?

5章 いつ替える?いつ変わる?

  • 5-1 EV,FCVの普及ロードマップ
  • 5-2 普及から,さらにその次へ
  • 5-3 開発者の描く夢
  • 5-4 使い方の発想を変えよう

著者プロフィール

御堀直嗣(みほりなおつぐ)

1955年2月26日,東京生まれ。玉川大学工学部機械工学科卒業。日本EVクラブ副代表。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。著書は,『快走・電気自動車レーシング』『燃料電池のすべてが面白いほどわかる本』『エコフレンドリーカー』『未来カー・新型プリウス』『メルセデスの魂』ほか。