Gihyo Expert BooksシリーズCheck Point UTM-1導入ハンドブック

[表紙]Check Point UTM-1導入ハンドブック

B5変形判/312ページ

定価(本体2,980円+税)

ISBN 978-4-7741-4000-1

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

1台の筐体の中にファイアウォール,侵入検知,アンチウイルス,VPNなどの複合機能を備えたCheckPoint製のセキュリティアプライアンスUTM-1を使えば,手軽に強固なセキュリティ機能を持つネットワークを構築することができます。本書はUTM-1の導入,設定,運用を例に,アプライアンスを使った企業のセキュリティ構築の初歩をわかりやすく紹介します。

こんな方におすすめ

  • ネットワーク管理者
  • チェックポイント社製品ユーザ
  • 導入企業の担当者
  • セキュリティやファイアウォールを初歩から勉強したい人

目次

はじめに

第1章 UTM-1とセキュリティ

  • 1-1 UTM の意義とUTM-1 の位置づけ

第2章 計画・検討

  • 2-1 現状の把握
  • 2-2 目的の明確化
  • 2-3 セキュリティ対策の検討
  • 2-4 アプライアンスにするか? ソフトウェアにするか?
  • 2-5 UTM-1 の管理アーキテクチャと配置

第3章 導入

  • 3-1 UTM-1 の初期設定
  • 3-2 SmartConsole の導入

第4章UTM-1の設定

  • 4-1 SmartConsole の機能と起動
  • 4-2 オブジェクト
  • 4-3 ファイアウォール 096
  • 4-4 IPS―不正侵入防御システム 136
  • 4-5 メッセージング・セキュリティ 156
  • 4-6 アンチウィルス & URLフィルタリング 185
  • 4-7 VPN(バーチャル・プライベート・ネットワーク) 211

第5章 運用・管理

  • 5-1 ログの管理 272
  • 5-2 ステータスの参照 284
  • 5-3 Web GUIを使用したUTM-1 の管理 290

巻末付録 Check Point R70.1に関して

著者プロフィール

飯田篤太郎(いいだとくたろう)

工学院大学を中退後,ノベル株式会社を経てチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社へ入社しセキュリティ・コンサルタントとして従事。現在は,フリーのライターとして活動中。

『インターネットハンディリファレンス Netscape Communicator 4』(オーム社/共著)の執筆,雑誌などでもセキュリティ関連の連載経験がある。