JP1による業務システム運用管理の実践

[表紙]JP1による業務システム運用管理の実践

A5判/336ページ

定価(本体2,900円+税)

ISBN 978-4-7741-4011-7

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

本書はシステム運用管理ツールとして,日本最大のユーザ数を誇るJP1の導入ガイドです。2009年6月,最新のVersion 9がリリースされ,その利便性がますます高まったJP1。本書では最新の機能を中心に,実際の導入ケースを想定した活用のポイントについてまとめています。具体的には,ジョブ管理・IT資産管理・バックアップ・システム監視・仮想環境・内部統制・情報漏洩・自律運用・グリーンITなど,それぞれの項目ごとにJP1のメリットについて詳しく解説します。

こんな方におすすめ

  • システム担当者
  • SIer
  • 上流工程のエンジニア
  • 運用管理ツールの調達責任者

目次

Chapter1 企業ITを取り巻く課題と運用管理者の役割

  • 1.1 変化するビジネス環境とIT
  • 1.2 企業の社会的責任とIT
  • 1.3 信頼される企業を確立するためのITシステムとは
    • 1.3.1 内部統制への対応
    • 1.3.2 情報セキュリティの確保
    • 1.3.3 グリーンITへの対応
  • 1.4 信頼される企業を維持するためのITシステムとは
    • 1.4.1 変化する処理要求への対応
    • 1.5 企業ITにおける運用管理業務の役割
    • 1.5.1 システムの状態を把握する
    • 1.5.2 各種ポリシーを適用する
    • 1.5.3 業務の流れを制御する
  • 1.6 システム管理者の仕事と役割
  • 1.7 システム改善の必要性

Chapter2 これだけは押さえておきたい!システム運用管理の基礎

  • 2.1 システム運用の基礎
    • 2.1.1 システム運用の自動化/省力化の基礎
    • 2.1.2 IT資産管理の基礎
    • 2.1.3 バックアップの基礎
    • 2.1.4 システム監視の基礎
    • 2.1.5 情報セキュリティ対策の基礎
  • 2.2 システム運用を支えるJP1
    • 2.2.1 「JP1」とは
    • 2.2.2 コンセプト
    • 2.2.3 JP1の特長
    • 2.2.4 JP1の商品体系
  • 2.3 JP1を使ったシステム運用管理

Chapter3 シチュエーション別運用設計

  • 3.1 ジョブ運用
    • 3.1.1 自動運用について
    • 3.1.2 JP1を使った自動運用の構築
    • 3.1.3 業務の監視と運用
  • 3.2 IT資産管理について
    • 3.2.1 IT資産管理とは
    • 3.2.2 IT資産管理に必要な情報
    • 3.2.3 具体的なIT資産管理について
    • 3.2.4 JP1を使ったIT資産管理
    • 3.2.5 JP1で収集する情報について
    • 3.2.6 ライセンス管理
    • 3.2.7 契約管理
    • 3.2.8 保守履歴の管理
    • 3.2.9 棚卸
    • 3.2.10 統合資産管理その他の特長
  • 3.3 バックアップ(データ保全)
    • 3.3.1 バックアップについて
    • 3.3.2 バックアップ運用の検討
    • 3.3.3 JP1を使ったバックアップ運用
  • 3.4 システム監視について
    • 3.4.1 ネットワーク,ハードウェアの監視
    • 3.4.2 システム監視について
    • 3.4.3 複数システムの横断的な管理
    • 3.4.4 JP1を使ったシステム監視
    • 3.4.5 JP1を使ったシステム監視(アプリケーション・OSの稼働監視)
    • 3.4.6 JP1を使った複数システムの横断的な管理
  • 3.5 仮想環境の運用
    • 3.5.1 仮想環境について
    • 3.5.2 JP1を使った仮想環境の管理
  • 3.6 内部統制について
    • 3.6.1 企業における内部統制
    • 3.6.2 JP1を使った内部統制
  • 3.7 情報漏えい対策
    • 3.7.1 情報漏えい対策の必要性について
    • 3.7.2 関連する法律や基準
    • 3.7.3 効果的な情報漏えい対策とは
    • 3.7.4 JP1を使った情報漏えい対策
    • 3.7.5 持ち出し制御による情報漏えい対策
    • 3.7.6 データ暗号による情報漏えい対策
    • 3.7.7 アクセス制御による情報漏えい対策
    • 3.7.8 持ち出し行為の見える化
  • 3.8 自律運用
    • 3.8.1 自律運用とは
    • 3.8.2 自律運用が登場してきた背景
    • 3.8.3 自律運用のメリット
    • 3.8.4 JP1で実現する自律運用
    • 3.8.5 JP1/IM - RLの運用
    • 3.8.6 JP1/IM-SSが管理するナレッジの取り込み
  • 3.9 グリーンIT
    • 3.9.1 環境問題とITシステム
    • 3.9.2 JP1が支援するグリーンIT

Chapter4 稼働管理のモデル事例

  • 4.1 モデル事例のシステム構成
  • 4.2 サーバの監視方法
  • 4.3 障害発生