ゼロからわかるシリーズゼロからわかるVisual Basic超入門

[表紙]ゼロからわかるVisual Basic超入門

B5判/224ページ/DVD1枚

定価(本体2,280円+税)

ISBN 978-4-7741-4052-0

ただいま弊社在庫はございません。

本書の新版が発行されています。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

本書は,プログラミングの経験がない人でも基本から学ぶことのできる,Visual Basicの学習書です。簡単なサンプルコードを題材にしながら,わかりやすい言葉で解説していますから,初めての人も安心して読み進めることができます。各章の章末には要点整理と練習問題を用意していますので,独習用のテキストはもちろん,授業や講座などのテキストとしてもお勧めです。付属DVDにはVisual Basic 2008 Express Editionが収録されていますから,この1冊があればすぐにプログラミングを楽しむことができます。

こんな方におすすめ

  • プログラミングに興味のある人
  • Visual Basicの勉強をしたい人

目次

第1章 Visual Basicの基礎を学ぼう

1-1 プログラミングの基礎

  • 1-1-1 コンピュータが動く仕組み
  • 1-1-2 プログラミング言語の役割

1-2 Visual Basicってなに?

  • 1-2-1 Visual Basicの特徴
  • 1-2-2 Visual Basicの開発環境
  • 1-2-3 Visual Basicの実行環境

1-3 Visual Basicでどうやってプログラムを作るの?

  • 1-3-1 プログラムの作成手順
  • 1-3-2 Visual Basicの基本要素
  • 1-3-3 イベント,イベントプロシージャ

第2章 Visual Basicを操作してみよう

2-1 Visual Basicをインストールしよう

  • 2-1-1 付属DVD-ROMからのインストール

2-2 Visual Basicをはじめよう

  • 2-2-1 Visual Basicを起動する
  • 2-2-2 新しいプログラムを作成する
  • 2-2-3 開発環境の画面構成を確認する
  • 2-2-4 プロジェクトを実行する
  • 2-2-5 プロジェクトを保存する
  • 2-2-6 プロジェクトを閉じる

2-3 操作方法を覚えよう

  • 2-3-1 作成途中のプロジェクトを開く
  • 2-3-2 デザイン画面を表示する
  • 2-3-3 コード記述画面を表示する
  • 2-3-4 ツールウィンドウの自動的に隠す機能を操作する
  • 2-3-5 ツールウィンドウを移動する
  • 2-3-6 ツールウィンドウの設定をリセットする

第3章 プログラムを作ってみよう

3-1 プログラムを作成する準備をしよう

  • 3-1-1 これから作成するプログラムを理解する
  • 3-1-2 プログラムの作成手順を確認する

3-2 フォームのタイトルや大きさを変更しよう

  • 3-2-1 タイトルを変更する
  • 3-2-2 大きさを変更する
  • 3-2-3 ウィンドウサイズを固定する

3-3 ボタンコントロールを配置しよう

  • 3-3-1 フォームにボタンを追加する
  • 3-3-2 ボタンの名前を設定する
  • 3-3-3 ボタンに表示する文字を変更する

3-4 ラベルを配置しよう

  • 3-4-1 フォームにラベルを追加する
  • 3-4-2 ラベルのサイズを変更する
  • 3-4-3 ラベルの境界線を変更する
  • 3-4-4 ラベルに表示する文字を設定する
  • 3-4-5 文字の配置を設定する

3-5 コードを記述しよう

  • 3-5-1 ボタンクリック時のイベントプロシージャを作成する
  • 3-5-2 コードエディタでイベントプロシージャを作成する
  • 3-5-3 不要なイベントプロシージャを削除する
  • 3-5-4 ラベルに文字を表示する
  • 3-5-5 ラベルの背景色を白に設定する
  • 3-5-6 説明文を入れる
  • 3-5-7 コードの途中で改行する

3-6 プログラムの動作を確認してみよう

  • 3-6-1 プログラムの動作を確認する
  • 3-6-2 エラーに対処する

第4章 文字列を表示しよう

4-1 フォームを用意しよう

  • 4-1-1 これから作成するプログラムを理解する
  • 4-1-2 フォームを用意する
  • 4-1-3 ボタンのサイズを揃える
  • 4-1-4 ボタンの位置を揃える
  • 4-1-5 ボタンの間隔を揃える

4-2 文字列を操作しよう

  • 4-2-1 テキストボックスに入力された文字列を表示する
  • 4-2-2 文字列と文字列をつなぎ合わせる
  • 4-2-3 文字列を改行する

第5章 変数を使ってみよう

5-1 変数ってなに?

  • 5-1-1 変数の役割を知る
  • 5-1-2 変数を宣言する
  • 5-1-3 変数に値を代入する

5-2 変数を使ってみよう

  • 5-2-1 これから作成するプログラムを理解する
  • 5-2-2 フォームを用意する
  • 5-2-3 コードを記述する

5-3 変数の型を覚えよう

  • 5-3-1 変数の型を知る
  • 5-3-2 変数の型を指定する

第6章 計算しよう

6-1 計算結果を表示しよう

  • 6-1-1 これから作成するプログラムを理解する
  • 6-1-2 フォームを用意する
  • 6-1-3 四則演算の方法を学ぶ
  • 6-1-4 計算結果をメッセージで表示する
  • 6-1-5 コードを記述する

6-2 計算の順番を確認しよう

  • 6-2-1 演算子の優先順位を知る
  • 6-2-2 優先したい部分をカッコで囲む

6-3 入力された値で計算しよう

  • 6-3-1 これから作成するプログラムを理解する
  • 6-3-2 フォームを用意する
  • 6-3-3 テキストボックスに入力された数値で計算する
  • 6-3-4 Val関数を使って数値に変換する

第7章 日付を表示しよう

7-1 日付を表示しよう

  • 7-1-1 これから作成するプログラムを理解する
  • 7-1-2 フォームを用意する
  • 7-1-3 日付を表示する

7-2 今日の日付を表示しよう

  • 7-2-1 今日の日付を表示する
  • 7-2-2 曜日まで含めて表示する

7-3 任意の日付を表示しよう

  • 7-3-1 選択肢の中から値を選択できるようにする
  • 7-3-2 任意の日付を表示する
  • 7-3-3 実行時エラーが発生した場合

第8章 条件によって異なる処理を実行しよう

8-1 条件の設定方法を覚えよう

  • 8-1-1 これから作成するプログラムを理解する
  • 8-1-2 フォームを用意する
  • 8-1-3 場合によって実行する処理を変更する
  • 8-1-4 条件式を設定する
  • 8-1-5 複数の条件式を組み合わせる方法

8-2 条件を満たす,満たさないで異なる処理を実行しよう

  • 8-2-1 これから作成するプログラムを理解する
  • 8-2-2 フォームを用意する
  • 8-2-3 条件を満たすときに処理を実行する
  • 8-2-4 条件を満たさないときも処理を実行する
  • 8-2-5 複数の条件で判断し,異なる処理を実行する

8-3 1つの式の値によって異なる処理を実行しよう

  • 8-3-1 1つの式の値から異なる処理を実行する
  • 8-3-2 条件を書くきまりを確認する

第9章 処理を繰り返してみよう

9-1 指定した回数だけ処理を繰り返そう

  • 9-1-1 これから作成するプログラムを理解する
  • 9-1-2 フォームを用意する
  • 9-1-3 リストボックスに項目を追加する
  • 9-1-4 指定した回数だけ処理を繰り返す

9-2 ある条件で処理を繰り返そう

  • 9-2-1 これから作成するプログラムを理解する
  • 9-2-2 フォームを用意する
  • 9-2-3 条件を満たしている間処理を繰り返す
  • 9-2-4 繰り返し処理を途中でやめる

9-3 フォーム上のコントロールに対して同じ処理を実行しよう

  • 9-3-1 これから作成するプログラムを理解する
  • 9-3-2 フォームを用意する
  • 9-3-3 フォーム上のすべてのコントロールに同じ処理を実行する
  • 9-3-4 すべてのテキストボックスについて処理を実行する

第10章 処理をまとめよう

10-1 プロシージャについて理解しよう

  • 10-1-1 よく使用する処理を分割する
  • 10-1-2 処理を実行するプロシージャ
  • 10-1-3 値を返すプロシージャ

10-2 Subプロシージャを作成しよう

  • 10-2-1 これから作成するプログラムを理解する
  • 10-2-2 フォームを用意する
  • 10-2-3 文字を白,背景を黒にするSubプロシージャ
  • 10-2-4 Subプロシージャの作成と呼び出し

10-3 Functionプロシージャを作成しよう

  • 10-3-1 これから作成するプログラムを理解する
  • 10-3-2 フォームを用意する
  • 10-3-3 BMI指数を求めるFunctionプロシージャ
  • 10-3-4 BMIプロシージャの作成と呼び出し

第11章 数合わせゲームを作ろう

11-1 数合わせゲームを作ろう

  • 11-1-1 これから作成するプログラムを理解する
  • 11-1-2 フォームを用意する
  • 11-1-3 タイマーを追加する

11-2 ランダムな数値を表示するコードを記述しよう

  • 11-2-1 ランダムな数値を扱う
  • 11-2-2 タイマーを使って一定間隔で数字を表示する
  • 11-2-3 3つのタイマーをスタートさせる
  • 11-2-4 タイマーで設定した時間間隔で処理を実行する
  • 11-2-5 タイマーを止める
  • 11-2-6 3つ数字が揃ったらメッセージを表示する
  • 11-2-7 [終了]ボタンを使ってプログラムを終了する

第12章 プログラムを配布しよう

12-1 配布用の実行ファイルを作成しよう

  • 12-1-1 プログラムをリリースビルドする
  • 12-1-2 エクスプローラで拡張子を表示する

12-2 プログラムを実行しよう

  • 12-2-1 実行ファイルでプログラムを実行する
  • 12-2-2 プログラムを実行できない場合
  • 12-2-3 実行ファイルの配布方法
  • 解答・解説集

著者プロフィール

国本温子(くにもとあつこ)

Microsoft Office,ExcelVBA,VBなどのインストラクター,実務経験を経て,現在はフリーのテクニカルライターとして書籍の執筆を中心に活動中。主な書籍に,『仕事がはかどる!Excel2007の技 基本編』(技術評論社),『Visual Basic 2008 逆引き大全555の極意』(共著,秀和システム)などがある。