改訂新版 基本情報技術者 らくらく突破 CASLⅡ

サポートページ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

お詫びと訂正

本書の以下の部分に誤りがありました。ここに訂正するとともに,ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

P.74 一番上の図のキャプション

▼図3-3-3 ST GT0, A, GR1の動作
▼図3-3-3 ST GR0, A, GR1の動作

P.83 図3-4-3の右側,【実行後】のGR0

(FFEF)16
(FFF916

P.84 図3-4-4,【実行後】のGR0レジスタの図の右端内容

1101
1110

P.86 本文下から3行目

(32768)16
(32768)10

P.92 本文上から4~6行目

SUBL命令が扱うことができる値の範囲 0~65535を超えることになるのでOFには1がセットされ,演算結果の正しさが保証されないことになります。
SUBL命令が扱うことができる値の範囲 0~65535を超えていないのでOFには0がセットされます。この場合は,演算結果の正しさが保証されないことになります。

P.92 図3-4-14,図内右下,FRの表

OF SF ZF
  1   1   0
OF SF ZF
  0   1   0

P.140 本文上から11行目

そして,副プログラムから主プログラムを呼び出すための
そして,プログラムからプログラムを呼び出すための