今すぐ使えるかんたんシリーズ今すぐ使えるかんたん
Excel 2010

[表紙]今すぐ使えるかんたん Excel 2010

B5変形判/320ページ

定価(本体1,143円+税)

ISBN 978-4-7741-4243-2

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

Excel 2010の発売に合わせて,「今すぐ使えるかんたん」シリーズから,「Excel 2010」が登場します。Excelの基本操作から,関数,グラフ作成,データベースとしての利用まで,これ1冊でばっちり。無料で使えるWeb版Office「Office App」の使い方も,しっかり解説しています!

こんな方におすすめ

  • Excel 2010の基本操作をマスターしたい方

この書籍に関連する記事があります!

Office 2010新発売!!
マイクロソフトOfficeが6月にバージョンアップされました。Office 2010の登場です。前回のバージョンが2007でしたので,約3年ぶりの新バージョンです。

目次

第1章 Excel 2010を使う前に

Section 01 Excelとは?

  • 表計算ソフトとは?
  • Excelではこんなことができる

Section 02 Excel 2010の新機能

  • リボンのカスタマイズが可能になった
  • <Office>ボタンが<ファイル>タブに変わった
  • セルの中にグラフが描ける
  • ピボットテーブルで集計項目を簡単に絞り込める
  • グラフィックソフト並みの画像編集機能の搭載

Section 03 Excel 2010を起動・終了する

  • Excel 2010を起動する
  • Excel 2010を終了する

Section 04 Excelの画面構成とファイルの構成

  • 基本的な画面構成
  • ブックとシート

Section 05 リボンの基本操作

  • リボンの操作
  • リボンを非表示にする
  • リボンからダイアログボックスを表示する
  • 作業に応じてリボンが表示される
  • ミニツールバーを表示する

Section 06 リボンをカスタマイズする

  • オリジナルのリボンを作る
  • 既存のリボンを非表示にする

Section 07 クイックアクセスツールバーの基本操作

  • クイックアクセスツールバーにボタンを追加する
  • メニューやリボンに表示されていないボタンを追加する

Section 08 操作に困ったときは?

  • <Excel ヘルプ>ウィンドウの検索ボックスを利用する
  • <Excel ヘルプ>ウィンドウの目次から検索する

第2章 Excelの基本操作

Section 09 新しいブックを作成する

  • ブックを新規作成する
  • サンプルテンプレートを利用する
  • Office.comテンプレートをダウンロードして利用する

Section 10 データ入力の基本

  • データを入力する
  • 「,」や「\」,「%」付きの表示形式で数値を入力する
  • 日付の表示形式で入力する
  • データを続けて入力する

Section 11 オートコンプリートを利用してデータを入力する

  • 同じ列にある文字列を入力する
  • 同じ列にある文字列を一覧から選択して入力する

Section 12 フィルハンドルを使ってデータを入力する

  • 同じデータをコピーする
  • 連続するデータを入力する
  • 間隔を指定して日付データを入力する
  • オートフィルの動作を変更して入力する

Section 13 データを修正する

  • セル内のデータ全体を書き換える
  • セル内のデータの一部を修正する
  • セルのデータをクリアする

Section 14 セル範囲を選択する

  • マウスやキーボードでセル範囲を選択する
  • 離れた位置にあるセルを選択する
  • アクティブセル領域を選択する
  • ワークシート全体を選択する
  • 行や列をまとめて選択する

Section 15 データをコピー・移動する

  • データをコピーする
  • ドラッグ&ドロップでデータをコピーする
  • データを移動する
  • ドラッグ&ドロップでデータを移動する

Section 16 合計や平均を計算する

  • 連続したセル範囲のデータの合計を求める
  • 離れた位置にあるセルに合計を求める
  • 複数の列や行の合計をまとめて求める
  • 平均を求める
  • 数値が入力されているセルの個数を求める

第3章 セルの表示と印刷の基本

Section 17 セルの表示と印刷の概要

Section 18 罫線を引く

  • <罫線>ボタンを利用して罫線を引く
  • <罫線>ボタンを利用して斜線を引く
  • 線のスタイルを指定して罫線を引く
  • <セルの書式設定>ダイアログボックスを利用して罫線を引く

Section 19 セルの背景に色を設定する

  • セルの背景に<標準の色>を設定する
  • セルの背景に<テーマの色>を設定する

Section 20 見出しの文字書式を設定する

  • 見出しの文字列を太字にする
  • 見出しの文字列を中央揃えにする

Section 21 操作を元に戻す・やり直す・繰り返す

  • 操作を元に戻す・やり直す
  • 直前の操作を繰り返す

Section 22 表示倍率を変更する

  • ワークシートを拡大・縮小表示する
  • 選択したセル範囲をウィンドウ全体に表示する

Section 23 ワークシートを印刷する

  • 印刷プレビューで印刷のイメージを確認する
  • 印刷の向きや用紙,余白の設定を行う
  • 印刷を実行する

Section 24 ブックを保存する

  • ブックに名前を付けて保存する
  • ブックを上書き保存する
  • ブックにパスワードを設定する

Section 25 ブックを閉じる

  • 保存したブックを閉じる

Section 26 ブックを開く

  • 保存してあるブックを開く
  • <最近使用したファイル>からブックを開く
  • タスクバーのジャンプリストからブックを開く

第4章  数式や関数の利用

Section 27 数式と関数の概要

Section 28 数式を入力する

  • セルに数式を入力する
  • 他のセルに数式をコピーする
  • 数式を移動する

Section 29 関数を入力する

  • 関数を使って平均を求める
  • キーボードから関数を直接入力する

Section 30 関数を組み合わせる

  • 最初の関数を指定する
  • 内側に追加する関数を指定する
  • 最初の関数に戻って引数を指定する

Section 31 数式の参照範囲を変更する

  • 数式の参照先のセル範囲を移動する
  • 数式の参照先のセル範囲を広げる

Section 32 参照方式を切り替える

  • 相対参照・絶対参照・複合参照の違い
  • 参照方式を切り替えるには

Section 33 絶対参照を利用する

  • 相対参照でコピーすると…
  • 絶対参照でコピーする

Section 34 複合参照を利用する

  • 複合参照でコピーする
  • 数式を表示して確認する

Section 35 構造化参照を利用する

  • 表をテーブルに変換する
  • 構造化参照を利用する

Section 36 代表的な関数

  • 数値を四捨五入・切り上げ・切り捨てる関数
  • 条件を満たす数値の合計を求める関数
  • 条件を満たすセルの個数を求める関数
  • 複数の数値を掛け合わせる関数
  • 現在の日付を表示する関数
  • 表からデータを検索して抽出する関数
  • 条件に合うかどうかで別々の値を返す関数
  • 文字列を操作する関数

Section 37 数式のエラーを解決する

  • エラー値「#VALUE!」が表示されたら…
  • エラー値「#####」が表示されたら…
  • エラー値「#NAME?」が表示されたら…
  • エラー値「#DIV/0!」が表示されたら…
  • エラー値「#N/A」が表示されたら…
  • 数式を検証する
  • 循環参照を解消する

第5章 書式・印刷設定の詳細

Section 38 書式と印刷設定の概要

Section 39 表示形式を変更する

  • 数値を3桁区切りで表示する
  • 表示形式を<通貨>スタイルに変更する
  • 表示形式を<パーセンテージ>スタイルに変更する
  • 日付の表示形式を変更する

Section 40 列幅や行の高さを調整する

  • ドラッグして列の幅を変更する
  • セルのデータに列の幅を合わせる

Section 41 セルを結合する

  • セルを結合して文字列を中央に揃える
  • 文字を左揃えのままセルを結合する

Section 42 文字サイズやフォントを変更する

  • 文字サイズを変更する
  • フォントを変更する

Section 43 文字色や下線を設定する

  • 文字列に色を付ける
  • 文字列に下線を付ける

Section 44 ふりがなを表示する

  • セル内の文字列にふりがなを表示する
  • ふりがなを編集する
  • ふりがなの種類や配置を変更する

Section 45 文字列の配置を変更する

  • 文字列を折り返して全体を表示する
  • 文字列を縦書きにして表示する
  • 文字列の大きさをセルの幅に合わせる
  • インデントを設定する

Section 46 書式をコピーする

  • セルの書式をコピーする
  • セルの書式を連続して貼り付ける

Section 47 形式を選択して貼り付ける

  • 値のみを貼り付ける
  • 数式と数値の書式を貼り付ける
  • 元の列幅を保持して貼り付ける

Section 48 条件付き書式を利用する

  • 値を指定してセル値を評価する
  • 数値や割合または平均でセル値を評価する
  • セルの値を相対評価する
  • 数式を使って条件を設定する

Section 49 改ページ位置を変更する

  • 改ページプレビューを表示する
  • 改ページ位置を移動する
  • ページレイアウトビューでページを調整する

Section 50 ヘッダーとフッターを挿入する

  • ヘッダーを設定する
  • フッターを設定する

Section 51 印刷範囲を設定する

  • 印刷範囲を設定する
  • 設定した印刷範囲の印刷結果を確認する

Section 52 表に見出しを付けて印刷する

第6章 セル・シート・ブックの操作

Section 53 セル・シート・ブック操作の概要

Section 54 行や列を挿入・削除する

  • 行や列を挿入する
  • 行や列を削除する

Section 55 セルを挿入・削除する

  • セルを挿入する
  • セルを削除する

Section 56 文字列を検索する

  • <検索と置換>ダイアログボックスの<検索>タブを表示する
  • 文字列を検索する

Section 57 文字列を置換する

  • <検索と置換>ダイアログボックスの<置換>タブを表示する
  • 文字列を置換する

Section 58 ワークシートを操作する

  • ワークシートを追加する
  • ワークシートを削除する
  • ワークシートを移動・コピーする
  • ブック間でワークシートを移動・コピーする
  • ワークシートの名前を変更する
  • シート見出しに色を設定する

Section 59 行や列を非表示にする

  • 列を非表示にする
  • 非表示にした列を再表示する

Section 60 ウィンドウを分割・整列する

  • ウィンドウを上下に分割する
  • 1つのブックを左右に並べて表示する

Section 61 見出しを固定する

  • 見出しの行を固定する
  • 行と列を同時に固定する

Section 62 シートやブックを保護する

第7章 グラフの利用

Section 63 グラフの概要

Section 64 グラフを作成する

  • グラフを作成する
  • グラフを移動する
  • グラフタイトルを表示する
  • 軸ラベルを表示する
  • 目盛線を表示する

Section 65 グラフの位置やサイズを変更する

  • グラフを他のシートに移動する
  • グラフのサイズを変更する
  • グラフ要素のサイズを変更する

Section 66 グラフのレイアウトやデザインを変更する

  • グラフのレイアウトを変更する
  • グラフのスタイルを変更する
  • 縦(値)軸の目盛範囲と表示単位を変更する
  • グラフエリアにスタイルを設定する

Section 67 セルの中にグラフを作成する

  • スパークラインを作成する
  • スパークラインのスタイルを変更する

Section 68 グラフの種類を変更する

  • グラフの種類やスタイルを変更する
  • 複合グラフを作成する

第8章 データベースとしての利用

Section 69 データベース機能の概要

Section 70 データを並べ替える

  • データを昇順・降順に並べ替える
  • 2つの条件で並べ替える
  • オリジナルの順序で並べ替える

Section 71 条件に合ったデータを抽出する

  • オートフィルターの検索機能を利用する
  • トップテンオートフィルターを利用する
  • 細かく条件を設定してデータを表示する

Section 72 テーブル機能を利用する

  • 表をテーブルに変換する
  • テーブルに集計列を追加する
  • テーブルに集計行を表示する

Section 73 アウトライン機能を利用す

  • アウトラインを自動的に作成する
  • アウトラインを操作する
  • 小計や総計を自動的に集計する

Section 74 ピボットテーブルとグラフを作成する

  • 新規ワークシートにピボットテーブルを作成する
  • 空のピボットテーブルにフィールドを配置する
  • ピボットテーブルにスタイルを適用する
  • スライサーを追加する
  • スライサーにスタイルを設定する
  • ピボットテーブルの集計結果をグラフ化する

第9章 デザインパーツの利用

Section 75 デザインパーツの概要

Section 76 線や図形を描く

  • 直線を描く
  • 曲線を描く
  • 図形を描く
  • 図形の中に文字を入力する

Section 77 図形を編集する

  • 図形をコピー・移動する
  • 図形のサイズを変更する・回転する
  • 図形の色と線の太さを変更する
  • 図形にスタイルを適用する

Section 78 イラストを挿入する

  • クリップアートを挿入する
  • Office.comからクリップアートをコピーする

Section 79 写真を挿入する

  • 写真を挿入する
  • 写真の背景を削除する

Section 80 テキストボックスを挿入する

  • テキストボックスを作成して文字を入力する
  • 入力した文字の配置を変更する
  • フォントの種類やサイズを変更する

Section 81 SmartArtを利用する

付 録

  • Appendix A-1 リボンの機能一覧
  • Appendix B-1 Office Web Appsの利用
  • Appendix B-2 Excelファイルのアップロード
  • Appendix B-3 Excel Web Appのファイルの利用
  • Appendix B-4 Excel Web Appの画面構成
  • Appendix B-5 Excel Web Appのファイルを閉じる