プラスチックポケットブック

[表紙]プラスチックポケットブック

新書判/292ページ

定価(本体2,980円+税)

ISBN 978-4-7741-4695-9

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

「現場でちょっと調べたい時に,これ一冊で即座に対応できる」ことをモットーに,プラスチック業界に関する必要資料が材料から加工法,周辺知識まで幅広く収録されています。

本書は,次の方針でまとめています。

  1. 樹脂材料や成形加工などに加えて,法規制,環境・安全,知的財産権などを含めてできるだけ幅広い範囲をカバーするようにしました
  2. 手軽に調べられるように図表中心にまとめられています
  3. 巻末には索引をつけ,キーワードの方からも迅速に調べられるようにしました

プラスチックに関連する仕事では,樹脂,副原料,成形加工,金型などのみならず,最近では,法規制,環境・安全,知的財産権など周辺知識を必要とするケースも増えています。

本書は,研究,生産,設計,販売の現場で活用しやすいようにポケットブックとしてまとめています。現場に常備または携帯されることで,すぐに活用できる実践的な一冊です。

こんな方におすすめ

  • ものづくり現場でプラスチックに携わっている技術者
  • プラスチック関連の研究,生産,設計,販売に携わる関係者
  • 工業製品の法規制,規格化などを担当する方

目次

1.プラスチックの概要

  • 1・1 プラスチックの定義
  • 1・2 ポリマーの種類
  • 1・3 ポリマーの作り方
  • 1・4 ポリマーの変性

2.基本的性質

  • 2・1 平均分子量,分子量分布
  • 2・2 結晶構造
  • 2・3 温度特性
  • 2・4 粘弾性

3.添加剤

  • 3・1 熱安定剤,酸化防止剤
  • 3・2 紫外線吸収剤,光安定剤
  • 3・3 難燃剤
  • 3・4 滑剤
  • 3・5 潤滑剤
  • 3・6 可塑剤
  • 3・7 帯電防止剤
  • 3・8 造核剤

4.着色

  • 4・1 色相
  • 4・2 着色剤
  • 4・3 着色方法
  • 4・4 着色上の注意点

5.材料開発

  • 5・1 強化材料
  • 5・2 ポリマーアロイ材料
  • 5・3 ナノコンポジット材料

6.プラスチックのJIS規格

  • 6・1 プラスチック関連JIS
  • 6・2 略語
  • 6・3 特性の表示方法
  • 6・4 プラスチックの製品の識別と表示
  • 6・5 比較可能な材料特性の表し方
  • 6・6 試験片の形状,成形

7.材料試験法

  • 7・1 物性試験法
  • 7・2 物理的性質
  • 7・3 成形関連の試験法

8.材料の性質と選定ポイント

9.各種成形方法

  • 9・1 熱可塑性樹脂の成形法
  • 9・2 熱硬化性樹脂の成形法

10.射出成形法

  • 10・1 射出成形の基礎
  • 10・2 射出成形機
  • 10・3 射出成形機の装備
  • 10・4 射出成形機の能力
  • 10・5 周辺機器
  • 10・6 製品設計
  • 10・7 成形操作
  • 10・8 成形不良と対策
  • 10・9 アニール処理
  • 10・10 新しい成形技術

11・押出成形法

  • 11・1 基本的な特性
  • 11・2 押出成形法

12.2次加工

  • 12・1 後インサート
  • 12・2 接合
  • 12・3 接着
  • 12・4 表面加飾
  • 12・5 印刷
  • 12・6 メタライジング

13.製品の評価技術

  • 13・1 測定機,評価機器
  • 13・2 残留ひずみ測定法
  • 13・3 破面解析法
  • 13・4 破壊事故の原因推定

14.法規・規格

  • 14・1 プラスチック材料関連規格
  • 14・2 安全関連法規・規格
  • 14・3 環境,リサイクル関連法規・規格

15.環境対応

  • 15・1 3S
  • 15・2 リサイクルフロー
  • 15・3 リサイクル技術
  • 15・4 LCA

16.知的財産権

  • 16・1 特許
  • 16・2 実用新案
  • 16・3 意匠登録
  • 16・4 著作権
  • 16・5 商標登録

17.単位

著者プロフィール

本間精一(ほんませいいち)

1939年 新潟県に生まれる。1963年 東京農工大学工業化学科卒業。同年,三菱ガス化学株式会社(旧名 三菱江戸川化学)入社。ポリカーボネート樹脂の応用研究,技術サービスなどを担当。1989年 プラスチックセンターを神奈川県平塚市に設立。ポリカーボネート,ポリアセタール,変性PPE,ナイロン(レニー)などの研究に従事。1994年 三菱エンジニアリングプラスチック株式会社の設立にともない移籍。技術企画,品質保証,企画開発,市場開発などの部長を歴任。1999年 同社 常務取締役。2001年 同社退社。技術士事務所を設立。

主な著書:『ポリカーボネート樹脂ハンドブック』(日刊工業新聞社,1992年)『材料特性を活かした射出成形技術』(シグマ出版,2000年)『やさしいプラスチック成形材料』(三光出版,2002年)『知っておきたいエンプラ応用技術』(三光出版,2002年) その他,執筆多数。