1冊でマスターシリーズ1冊でマスター
大学の線形代数

書籍の概要

この本の概要

『1冊でマスター 大学の微分積分』の線形代数バージョンです。高校で扱わなくなってしまった行列は特に丁寧に計算を省かずに解説します。必ず扱う「掃き出し法」は,連立1次方程式を解いたり,行列式,行列のランク等を求めたりするときに大活躍する計算方法ですが,意外と苦手な人が多いようです。本書は,その辺にも十分配慮していねいに解説します。
また,別冊として,練習問題を付けますので実力試しにも役立つこと間違いなしです。
本書1冊があれば,線形代数がマスターできます。

こんな方におすすめ

  • 線形代数を学び始めた人
  • 工学や経済で線形代数を使う必要が出てきた人

目次

  • はじめに

第1章 ベクトル

第2章 行列

第3章 行列式

第4章 連立1次方程式

第5章 線形空間

第6章 線形写像

第7章 行列の標準形1(正則行列を用いて)

第8章 行列の標準形2(直交行列,ユニタリ行列を用いて)

第9章 行列の標準形3(単因子を用いて)

第10章 2次形式

  • 別冊 問題演習と解答