今すぐ使えるかんたんExシリーズ今すぐ使えるかんたんEx
Excelマクロ&VBA [決定版] プロ技セレクション
[Excel 2013/2010/2007対応版]

書籍の概要

この本の概要

Excelマクロ&VBAを活用するための即役に立つテクニック集です。Excelの作業を劇的に向上させるマクロ&VBAが一番かんたんにわかります。書類の作成や管理,印刷を一瞬で終わらせる,ビジネスシーンで活躍間違いなしのテクニックがしっかり身につきます。Excel マクロ&VBAを徹底的に使いこなすための必携の1冊です。本書を活用してぜひExcelライフを効率化してください!

この書籍に関連する記事があります!

わずかなコツで効果は絶大! パソコン操作は効率よく行うべし
同じパソコン,同じソフトを使って作業をしているのに,どうしてあの人は仕事が早いのか? そんな疑問を感じたことはありませんか。

目次

第 0 章 マクロ&VBAをはじめる前に

第 1 章 マクロ&VBAの基本を知ろう

  • SECTION 001 マクロとは
  • SECTION 002 VBEの画面構成を知る
  • SECTION 003 操作を記録してマクロを作成する
  • SECTION 004 記述してマクロを作成する
  • SECTION 005 マクロを実行する
  • SECTION 006 VBAの基本的な文法
  • SECTION 007 オブジェクトとは
  • SECTION 008 プロパティとメソッド
  • SECTION 009 コレクションとは
  • SECTION 010 変数とは
  • SECTION 011 関数とは
  • SECTION 012 エラー表示に対応する
  • SECTION 013 改行とコメントで読みやすくする

第 2 章 セルや行列,表の操作で作業効率をアップさせよう

  • SECTION 014 操作対象のセルを指定する
  • SECTION 015 セルの上下左右,隣のセルを指定する
  • SECTION 016 数式や値をセルからクリアする
  • SECTION 017 操作対象の行や列を指定する
  • SECTION 018 表の行や列を挿入移動する
  • SECTION 019 表の行や列を非表示にする
  • SECTION 020 表の行や列を削除する
  • SECTION 021 1列目が空欄のデータを削除する
  • SECTION 022 表の先頭最後右端左端のセルを指定する
  • SECTION 023 表全体の範囲を自動的に指定する
  • SECTION 024 見出しや合計行を除く表の範囲を指定する
  • SECTION 025 計算式を除く文字や数値だけを削除する

第 3 章 シートやブックの操作を楽にしよう

  • SECTION 026 操作対象のシートを指定する
  • SECTION 027 シート名を変更する
  • SECTION 028 シートの見出しの色を変更する
  • SECTION 029 シートを新しいブックに移動コピーする
  • SECTION 030 シートの表示非表示を切り替える
  • SECTION 031 シートを削除する
  • SECTION 032 新しいシートを追加してシート名を付ける
  • SECTION 033 操作対象のブックを指定する
  • SECTION 034 ブックの保存先やブック名を指定する
  • SECTION 035 アクティブブックと同じ場所にあるブックを開く
  • SECTION 036 カレントフォルダーにあるブックを開く
  • SECTION 037 マクロが書かれたブックと同じ場所にあるブックを開く
  • SECTION 038 既定のファイルの場所にあるブックを開く
  • SECTION 039 新しいブックを作成して表全体を貼り付ける
  • SECTION 040 ブックの変更を保存して閉じる
  • SECTION 041 ブックを上書き保存名前を付けて保存する
  • SECTION 042 ブックのコピーを保存してバックアップをとる
  • SECTION 043 「ファイルを開く」画面を使いたい
  • SECTION 044 ファイルを選択する画面を開いて操作対象を指定する
  • SECTION 045 「名前を付けて保存」画面を開いて保存先を指定する

第 4 章 見出しや表,文字の見栄えを一瞬でよくしよう

  • SECTION 046 表の見出しの文字を目立たせる
  • SECTION 047 表の見出しの文字を中央揃えにする
  • SECTION 048 表の見出しに色を付ける
  • SECTION 049 表の見出しにテーマの色を付ける
  • SECTION 050 数値に桁区切りカンマを付ける
  • SECTION 051 日付の表示方法を指定する
  • SECTION 052 表全体に罫線を引く
  • SECTION 053 罫線を引く場所や種類を指定する
  • SECTION 054 表の明細行を区切る点線を引く
  • SECTION 055 表の外枠に太線を引く
  • SECTION 056 枠線や色を指定して一気に表を作る
  • SECTION 057 列幅を文字の長さで調整する
  • SECTION 058 表のタイトルを除く範囲の列幅を調整する

第 5 章 データの管理,集計やグラフ作成も一瞬で済ませよう

  • SECTION 059 文字や値を比較して条件に合うデータを抽出する
  • SECTION 060 文字やセルに色が付いたデータを抽出する
  • SECTION 061 複数の条件に合うデータを抽出する
  • SECTION 062 データの抽出を解除して全データを表示する
  • SECTION 063 抽出したデータをコピーして貼り付ける
  • SECTION 064 抽出したデータの値だけを貼り付ける
  • SECTION 065 データを昇順,降順で並べ替える
  • SECTION 066 文字やセルの色を基準にデータを並べ替える
  • SECTION 067 独自の順番でデータを並べ替える
  • SECTION 068 複数の条件を指定してデータを並べ替える
  • SECTION 069 セル範囲をテーブルに変換する
  • SECTION 070 テーブルに集計行を表示する
  • SECTION 071 表を元に棒グラフや円グラフをグラフシートに作成する
  • SECTION 072 表を元に棒グラフや円グラフを作成する
  • SECTION 073 グラフの大きさや位置を指定する
  • SECTION 074 表のタイトルをグラフのタイトルに表示する
  • SECTION 075 棒グラフに「単位:円」のラベルを表示する
  • SECTION 076 円グラフに「%」を表示する
  • SECTION 077 円グラフの凡例を非表示にする
  • SECTION 078 グラフを図として保存する
  • SECTION 079 ピボットグラフを作成する
  • SECTION 080 ピボットテーブルで集計する

第 6 章 条件分岐や繰り返しを使いこなそう

  • SECTION 081 条件を判定して処理を分岐する
  • SECTION 082 2つ以上の条件を判定して処理を分岐する
  • SECTION 083 複数の条件で処理を分岐する
  • SECTION 084 繰り返し処理とは
  • SECTION 085 条件判定後に繰り返し処理する
  • SECTION 086 繰り返し処理後に条件判定する
  • SECTION 087 表の1行おきに行を追加削除する
  • SECTION 088 指定したセル範囲の条件に合うセルにコメントを付ける
  • SECTION 089 全てのシート名を各シートの表のタイトルにする
  • SECTION 090 複数シートに分けた表をひとつのシートにまとめる
  • SECTION 091 シート内の全てのグラフを図として保存する
  • SECTION 092 指定したシートがあるかを調べてシートを削除する
  • SECTION 093 開いている全てのブックを上書き保存する
  • SECTION 094 指定したブックが開いているかどうか調べて閉じる
  • SECTION 095 指定したブックがフォルダーにあるかを調べて開く
  • SECTION 096 エラーが発生したときの処理を指定する
  • SECTION 097 メッセージ画面で「はい」か「いいえ」を選べるようにする
  • SECTION 098 文字を入力する画面の利用

第 7 章 ファイル操作印刷を便利に使いこなそう

  • SECTION 099 フォルダーを作成してブックを保存する
  • SECTION 100 ブックを移動する
  • SECTION 101 ブックを削除コピーする
  • SECTION 102 フォルダー内のブックを全て開く
  • SECTION 103 表をPDF形式で保存する
  • SECTION 104 表をCSV形式で保存する
  • SECTION 105 表の印刷イメージを見る/印刷する
  • SECTION 106 印刷時の設定をするには
  • SECTION 107 表を用紙の幅に合わせて印刷する
  • SECTION 108 ヘッダーやフッターを指定して印刷する
  • SECTION 109 全ページに表の見出しを表示する

第 8 章 ユーザーフォームで帳票や書類作成をスピードアップしよう

  • SECTION 110 フォーム作成手順を知る
  • SECTION 111 コントロールの種類について
  • SECTION 112 新しいフォームを作成する
  • SECTION 113 フォームの名前やタイトルを指定する
  • SECTION 114 フォームに文字を表示する
  • SECTION 115 文字を入力できるようにする
  • SECTION 116 選択肢から項目を選択できるようにする
  • SECTION 117 マクロ実行用のボタンを作成する
  • SECTION 118 マクロの内容を入力する
  • SECTION 119 フォームを実行して動作を確認する
  • SECTION 120 フォームを表示するマクロを作成する

第 9 章 マクロで定型業務を自動化してみよう

  • SECTION 121 シートを操作するタイミングで処理を行う
  • SECTION 122 セルをダブルクリックしたときにセルに書式を設定する
  • SECTION 123 セルの値が変更されたときに変更時間をコメントに記入する
  • SECTION 124 右クリックしたセルの値をコピーしてダブルクリックで貼り付ける
  • SECTION 125 シートを選択したときに表の最終行の下のセルに移動する
  • SECTION 126 ブックを操作するタイミングで処理を行う
  • SECTION 127 ブックにシートを追加したときヘッダーに日付を入れる
  • SECTION 128 ブックを開いたときに指定シートやフォームを開く
  • SECTION 129 ブックを開いたときに日付をブック名にしたバックアップを作る
  • SECTION 130 ブックを保存する前に重複データを調べる
  • SECTION 131 印刷する前にヘッダーが設定されているか確認する

第 10 章 VBEを使いこなそう

  • SECTION 132 モジュールを使いこなす
  • SECTION 133 モジュールを作成削除する
  • SECTION 134 モジュールを保存する
  • SECTION 135 VBEのウィンドウの表示を見やすくする
  • SECTION 136 入力支援機能で作成スピードアップ
  • SECTION 137 マクロを1ステップずつ実行して問題点を洗い出す
  • SECTION 138 マクロを途中まで実行して問題点を洗い出す
  • SECTION 139 VBEを使いこなすとこんなことができる

第 11 章 レベルアップのマクロ&VBA技

  • SECTION 140 マクロ実行用ボタンを作成する
  • SECTION 141 クイックアクセスツールバーにマクロ実行用ボタンを追加する
  • SECTION 142 ショートカットキーからマクロを実行する
  • SECTION 143 セキュリティメッセージが表示されないようにする
  • SECTION 144 マクロを削除する
  • SECTION 145 ヘルプ機能を活用する
  • SECTION 146 ショートカットキーを使いこなす