大学受験シリーズ東大理系数学 系統と分析

書籍の概要

この本の概要

東京大学理系志望者,国立大理系受験者向けの問題集です。東大理系数学ならではのクセや傾向を分析し,解くための前提知識,ポイント,さらに知っていると得するテクニックなどを紹介します。過去問100問を分野別にソートし,見開き2ページ完結型で解説するので自分が苦手な部分を集中的に読むこともできます。東大の過去問だけではなく他大学からの出題例も類題として掲載するので,東大受験生だけではなく難関私大受験者も本書で実戦力・思考力を養うことができます。
2016年の入試問題も掲載します。

こんな方におすすめ

  • 東大理系受験予定の方,国公立難関私大を受験予定の方

目次

はじめに

本書の使い方

東京大学(理科)の数学入試の概要

最近15年の出題傾向

§1 方程式・不等式・関数

§2 整数・数列

§3 確率

§4 図形

§5 極限

§6 微分法

§7 積分法

別冊付録 (問題のみを掲載)

著者プロフィール

松田聡平(まつだそうへい)

東進ハイスクール東大特進コース,河合塾 数学講師。
(株)建築と数理 代表取締役社長。
京都市生まれ。東京大学大学院工学系研究科博士課程満期。
毎年,全国数万人の受験生を対象に,基礎レベルから東大レベルまでを担当する。
特に,東大特進コース等の上位層から「射程の長い本質的な数学」は高い評価を得ている。

 

教育コンサルタント,イラストレーターとしても活躍。
著書の『松田の数学ⅠAⅡB典型問題 Type100』(東進ブックス)は,受験生必携の書。