大森徹の「究極パネル式」生物基礎

書籍の概要

この本の概要

大森先生考案の「究極パネル式」は,他の参考書と違い「一切の無駄を排除」。生物基礎に多くの時間を割けない学習者のために「画期的な短時間学習」を実現します。「究極パネル」は全部で45。さらに究極パネルごとに「スマホ連動の音声講義」がついています。QRコードから音声講義を聞くことで,暗記だけでなく,要点をしっかりつかむことができます。また,各章末には確認問題がついていて知識を確認できます。本当に出題される内容だけに絞っているため,効率的に合格点に導いてくれます。一切無駄のない学習をしたい学生に最適です。

こんな方におすすめ

  • 生物基礎を履修する学生
  • センター試験で生物基礎を選択する人

本書のサンプル

本書の紙面イメージは次のとおりです。画像をクリックすることで拡大して確認することができます。

サンプル画像1

サンプル画像2

サンプル画像3

目次

  • 本書の特長と使い方
  • はしがき

第1章 細胞と代謝

  • 究極パネル01 生物の共通性
  • 究極パネル02 細胞における共通性と多様性
  • 究極パネル03 細胞小器官の特徴と働き
  • 究極パネル04 様々な生物と大きさ
  • 究極パネル05 顕微鏡
  • 究極パネル06 ミクロメーター
  • 究極パネル07 代謝とATP
  • 究極パネル08 酵素
  • 究極パネル09 光合成と呼吸
  • 究極パネル10 共生説
  • 確認問題

第2章 遺伝子

  • 究極パネル11 形質転換
  • 究極パネル12 ファージの増殖
  • 究極パネル13 核酸の構造
  • 究極パネル14 DNAの構造
  • 究極パネル15 転写翻訳
  • 究極パネル16 DNA の抽出
  • 究極パネル17 DNA に関する計算
  • 究極パネル18 細胞分裂
  • 究極パネル19 細胞分裂の観察と計算
  • 究極パネル20 ゲノム
  • 確認問題

第3章 体液

  • 究極パネル21 体液の種類
  • 究極パネル22 血液凝固
  • 究極パネル23 心臓の構造と血管
  • 究極パネル24 循環系
  • 究極パネル25 酸素運搬
  • 究極パネル26 生体防御その1
  • 究極パネル27 生体防御その2
  • 究極パネル28 生体防御その3
  • 確認問題

第4章 恒常性

  • 究極パネル29 ホルモン
  • 究極パネル30 分泌調節
  • 究極パネル31 自律神経
  • 究極パネル32 血糖濃度調節
  • 究極パネル33 体温調節
  • 究極パネル34 腎臓
  • 究極パネル35 尿生成
  • 究極パネル36 体液濃度調節
  • 究極パネル37 肝臓
  • 確認問題

第5章 生態系

  • 究極パネル38 様々な植生
  • 究極パネル39 遷移
  • 究極パネル40 世界のバイオーム
  • 究極パネル41 日本のバイオーム
  • 究極パネル42 生態系
  • 究極パネル43 炭素循環
  • 究極パネル44 窒素循環
  • 究極パネル45 生態系のバランス
  • 確認問題