スピードマスターシリーズスピードマスター
1時間でわかる Accessデータベース超入門 ひとりでデータベースを構築できる!

書籍の概要

この本の概要

1時間読むだけで必要な知識が身に付くという,まったく新しいパソコン書籍シリーズです。「えっ!?,1時間で理解できるの?」って思うかもしれませんが,Accessでデータベースを構築することは,操作を覚えることではありません。操作よりも「原理」や「原則」などの"仕組み"の部分を理解することが重要なのです。本書は,この「仕組み」の部分を丁寧に解説した上で,1時間で理解できることを実現します。ビジネス書を読む感覚で,手軽に手に取れる「新感覚」なパソコン解説書です。

こんな方におすすめ

  • Accessを使ってみたい人

目次

1章アクセス&データベースの基本知識

  • 01 データベースとは料理前の材料を保管する食材庫
  • 02 データベースはアプリケーションの部品のひとつ
  • 03 アクセスには3つの利用法がある
  • 04 アクセスの中でデータはどのように管理されるのか
  • 05 テーブルを複数使ってデータを管理するメリット
  • 06 データベース特有のデータを操作するしくみ
  • 07 アクセスでデータを管理する前に知っておくべきこと
  • 08 アクセスでの運用で守らなくてはならないルール
  • 09 本書で紹介するアクセスの利用方法
  • コラム エクセルからアクセスを操作できる

2章アクセスデータベース作成・運用

  • 10 エクセルのデータをアクセスへ取り込むための事前準備
  • 11 アクセスのテーブルに対応するエクセルシートの作成
  • 12 アクセスでデータベースファイルを作成する
  • 13 テーブルを作成する前に決めておくこと
  • 14 テーブルを作成し必要事項を設定する
  • 15 リレーションシップを設定して複数テーブルを関連付ける
  • 16 エクセルで作ったデータをアクセスのテーブルへ格納する
  • 17 2つの方法でテーブルのデータを編集する
  • 18 条件を付けてレコードを抽出しエクセルに書き出す
  • 19 レポートを使って帳票形式に出力する
  • 20 アクセスでデータ運用する際の注意事項

3章データベースアプリケーションへの応用・発展

  • 21 アクセスで作るアプリケーションとはどんなものか
  • 22 どういった手順でアプリケーションを作っていくのか?
  • 23 アプリケーション開発は「どう使いたいのか」が一番重要
  • 24 フォームビューを使ってフォームを作成してみよう
  • 25 アクセスでプログラミングに取り組むコツ
  • 26 フォームから動くマクロを作ってみよう
  • 27 VBAでレコードの保存を制御するプログラムを書いてみよう
  • 28 サンプルアプリケーションの解説