しっかりわかる新しい医療シリーズ血糖値を体型別治療でどんどん下げる

[表紙]血糖値を体型別治療でどんどん下げる

A5判/208ページ

定価(本体1,580円+税)

ISBN 978-4-7741-8692-4

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

年々増え続ける糖尿病患者とその予備軍。本書は,その方々の指針となる,正しい糖尿病の知識と治療法をやさしく伝えます。糖尿病患者は,メタボ型,やせ型,小太り型など,いろいろな体型の方がいますが,本書は非メタボ型糖尿病患者特有の治療法などにも言及します。また,普及しはじめた糖尿病患者向けのスマホアプリを取り上げ,その使い方を紹介します。巻末には,糖尿病が役立つ資料編も用意していますので,本書一冊で糖尿病のことがよくわかるでしょう。

こんな方におすすめ

  • 糖尿病患者,糖尿病予備軍とその家族

目次

序章 日本人はやせていても糖尿病になる

  • 1 糖尿病の今
  • 2 日本の現状
  • 3 糖尿病の多様化
  • 4 若者の糖尿病
  • 5 日本の糖尿病
  • 6 糖尿病の背景
  • コラム 糖尿病はなぜ増えているのか

第1章 糖尿病とはどういう病気なのか

  • 1 糖尿病とは
  • 2 血糖とは
  • 3 血糖の変動
  • 4 インスリンとは
  • 5 インスリン作用不足
  • 6 糖尿病の症状
  • 7 糖尿病の検査
  • 8 糖尿病の診断
  • 9 糖尿病の種類
  • 10 1型糖尿病
  • 11 2型糖尿病
  • 12 2型糖尿病の遺伝
  • 13 内臓脂肪型肥満
  • 14 2型糖尿病と体型
  • 15 糖尿病の進行
  • 16 合併症の症状
  • 17 糖尿病合併症
  • 18 合併症①
  • 19 合併症②
  • 20 合併症③
  • 21 大血管障害
  • 22 合併症④
  • 23 合併症⑤
  • 24 合併症⑥
  • 25 合併症⑦
  • 26 生命予後
  • コラム 糖尿病とはどういう病気か

第2章 体型別・糖尿病治療のポイント

  • 1 治療を開始するタイミング
  • 2 糖尿病とのつきあい方
  • 3 糖尿病治療の目指すもの
  • 4 血糖コントロールの目安
  • 5 HbA1c以外で気をつけること
  • 6 治療法の選択
  • 7 年代別の注意点
  • 8 生活習慣の改善
  • 9 【メタボ型糖尿病】
  • 10 メタボ型の食べ方
  • 11 【非メタボ型糖尿病】
  • 12 非メタボ型の食べ方
  • 13 食事療法のコツ
  • 14 運動療法の効果
  • 15 有酸素運動
  • 16 筋肉を維持する運動
  • 17 運動療法の注意点
  • 18 運動療法のコツ
  • 19 生活で注意すること

第3章 わかりやすい糖尿病薬のポイント

  • 1 薬物療法を開始するタイミング
  • 2 様変わりする糖尿病治療
  • 3 糖尿病薬のファーストチョイス
  • 4 糖の排泄を促す新薬
  • 5 薬の使い分け
  • 6 インスリン分泌を促す薬①
  • 7 DPP-4阻害薬の対象者
  • 8 インスリン分泌を促す薬②
  • 9 インスリン分泌を促す薬③
  • 10 インスリン抵抗性を改善する薬①
  • 11 インスリン抵抗性を改善する薬②
  • 12 糖の吸収や排泄を調節する薬①
  • 13 糖の吸収や排泄を調節する薬②
  • 14 SGLT2阻害薬の対象者
  • 15 SGLT2阻害薬処方の食事
  • 16 注射薬①
  • 17 注射薬②
  • 18 薬物療法の注意点
  • 19 低血糖
  • 20 薬物療法のコツ
  • 21 治療中の自己管理
  • コラム わかりやすい糖尿病薬のポイント

第4章 糖尿病が一目でわかる!データブック

  • 糖尿病データ
  • 食事データ
  • 運動データ
  • 糖尿病の薬データ
  • コラム 一目でわかる糖尿病資料

第5章 血糖値を管理する!便利なスマホアプリの使い方

  • 1 生活習慣病管理アプリの使い方
  • 2 血糖値管理アプリの使い方
  • 3 便利なスマホアプリ
  • コラム 血糖値を管理するアプリ

著者プロフィール

松葉育郎(まつばいくろう)

松葉医院院長
昭和29年米国シカゴ生まれ。東京慈恵会医科大学卒業。同大学院医学博士課程を経て医学博士取得後, ハゲトロン研究所(デンマーク)研究員(JDF Fellow:国際小児糖尿病基金研究員)。帰国後,同大学第3内科講師。平成3年に松葉医院を神奈川県川崎市に開業。日本糖尿病学会専門医,評議員。日本内科 学会認定医。全国糖尿病医会理事,日本糖尿病協会委員,東京臨床糖尿病医会幹事,日本糖尿病協会季刊誌<さかえ>編集委員などを歴任。現職は,川崎糖尿病懇話会幹事,神奈川県療養指導士認定機構療 養指導委員会委員長,神奈川県内科医学会学術部会長・糖尿病対策委員会委員長,神奈川県糖尿病推進 会議委員,日本糖尿病協会関東支部理事,糖尿病データマネージメント研究会(JDDM)臨床研究プロト コール委員,聖マリアンナ医科大学非常勤講師。