ケアプラン 困ったときに開く本

[表紙]ケアプラン 困ったときに開く本

A5判/272ページ

定価(本体2,240円+税)

ISBN 978-4-7741-8978-9

電子版

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

「ケアプラン作成で困ってます!」。そんなケアマネジャーの方に向けた1冊です。アセスメントからケアプラン作成,サービス選択,さらにはケアプランの変更・更新まで。多くのケアマネさんが感じる疑問・難問に,ベテランケアマネ指導者が答えます。「最初の面接ではどこまで話を聞いていいの?」「長期目標も短期目標も同じような文面になっちゃう……」「医療系サービスの導入ポイントは?」「どこまで生活援助として認められる? 」「インフォーマルなサービスはどう取り込む?」……。いざという時に,きっとこの本があなたを助けてくれるはずです。

こんな方におすすめ

  • ケアマネジャー
  • とくにまだ経験の浅い方

目次

第1章 アセスメントの前に

  • Q01 居宅介護支援のPDCAって……,何ですか?
  • Q02 最初の面接時に,どこまで話を伺ってもよいものなんでしょうか?
  • Q03 家や部屋の状況からどんなことがわかりますか?
  • Q04 前任者から引き継ぎましたが,なかなか信頼関係が構築できません(泣)
  • Q05 意思疎通がうまくできない方で,話すのに時間がかかり困っています。
  • Q06 これから退院となる方の支援や,病院との連携方法を教えてください。
  • Q07 初回訪問時に「ゴミ屋敷」と遭遇。どうしたらよいのでしょう?
  • Q08 初回訪問時に虐待を疑う場面を発見! さてどうすればよいか?
  • Q09 「支援経過記録」って,何を書くの?

第2章 アセスメント

  • Q10 アセスメントに時間がかかっちゃう! どうすればよいでしょうか?
  • Q11 「本人の意向の確認」が困難な場合,どうすればよいのでしょうか?
  • Q12 家族の訴えが手強く,ご本人の希望がわかりません。どうすればよい?
  • Q13 ご家族が多く,意見がまとまりません。どうすればよいでしょうか?
  • Q14 家族図は,どのように描けばよいでしょうか?
  • Q15 「チェックポイントシート」って必要ですか?

第3章 ケアプランの作成

  • Q16 「ICF」(国際生活機能分類)を意識したプランニングって?
  • Q17 「居宅サービス計画」って,結局どう作ればよいんでしょうか?
  • Q18 そもそも,「生活全般の解決すべき課題」とは何でしょうか?
  • Q19 「長期目標」と「短期目標」の書き方を知りたいです。
  • Q20 目標の具体的な引き出し方を教えてください!
  • Q21 「長期目標」も「短期目標」も同じような文面になってしまいます……。
  • Q22 「長期目標」と「短期目標」の期間は,どのように設定すればよい?
  • Q23 サービス内容の書き方について知りたいのですが。
  • Q24 家族の意向はどう書けばよいですか?
  • Q25 「総合的な援助の方針」の書き方が知りたいのですが。
  • Q26 「週間サービス計画表」を作成するときの注意点を教えてください。
  • Q27 「生活機能を向上させるためのプランニング」ってどう作る?
  • Q28 「生活行為の向上」って,ううん,何でしょうか?
  • Q29 「暫定プラン」から「本プラン」への決定。サービス担当者会議が必要?
  • Q30 「居宅サービス計画」と「給付管理」とは,どうつながっている?
  • Q31 「リ・アセスメント支援シート」を初めて見ましたが,何ですか?

第4章 サービスの選択・提案

  • Q32 サービス提供事業所の案内方法を教えてください。
  • Q33 通所系サービスが必要だと思いますが,どう案内すればよいか?
  • Q34 医療系サービスの導入ポイントを教えて!
  • Q35 薬剤師さんの役割をサービスに組み込みたいのですが……。
  • Q36 どこまで「生活援助」で認められますか?
  • Q37 「地域密着型のサービス」の特徴って何でしょうか?
  • Q38 「居宅サービス計画」にインフォーマルなサービスを入れる方法は?
  • Q39 「インフォーマル」なサービスを増やすにはどうすればよいか?
  • Q40 支給限度額を「めいっぱい使いたい! 」という方。どうすれば?
  • Q41 サービス事業者との「ファーストコンタクト」の際の注意事項は?

第5章 サービス担当者会議

  • Q42 初回の「サービス担当者会議」の開き方が知りたいです!
  • Q43 サービス担当者会議を開催する目的を教えてください。
  • Q44 ふつう,「サービス担当者会議」って1回で済みますか?
  • Q45 サービス担当者会議に主治医が出てくれません。どうすれば?
  • Q46 「課題整理総括表」って何ですか?

第6章 モニタリング・変更・更新

  • Q47 「モニタリング」と「評価」って,どう違うんですか?
  • Q48 「居宅サービス計画」を更新しますが,初めてです。手順は?
  • Q49 居宅サービス計画で「軽微な変更」を行う場合は?
  • Q50 月途中での「サービス変更」は可能ですか?
  • Q51 要介護認定の「更新手続き」は,どうしたもんでしょう?
  • Q52 「区分変更」とは,どんなときにやるんですか?
  • Q53 「評価表」には何をどう書く? そもそも「評価表」って何?
  • Q54 自宅でのモニタリングを拒否されています。どうすれば?
  • Q55 訪問サービスですが,娘さんが離れず,現場が困っています……。
  • Q56 利用者がデイサービスに行かなくなりました。どうすれば?
  • Q57 「栄養指導」を守ってくれません。どうすれば?
  • Q58 専門病院への受診が必要。娘さんへのサポートは?
  • Q59 利用者が入院しました! ベッドなどはどうすれば?
  • Q60 ご家族が在宅での看取りを希望。支援での心構えは?

付録 「指定基準」と本書の「Q&A」の対応箇所

著者プロフィール

佐藤ちよみ(さとうちよみ)

対人援助スキルアップ研究所所長。介護支援専門員・介護福祉士・交流分析インストラクター・東京都福祉サービス第三者評価評価者等。ケアマネおよび介護職の研修を中心に,介護現場はもちろん,日本古代史・民俗学等,ホームページやブログで幅広いテーマで発信。著書に『サービス提供責任者の業務実践マニュアル』(中央法規出版),『よくわかり,すぐ使える新訪問介護計画書のつくりかた』(日本医療企画)など。
ホームぺージ:https://tokyotesk33.jimdo.com/