Haskell入門 関数型プログラミング言語の基礎と実践

サポートページ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ダウンロード

サンプルファイルのダウンロード

本書のサンプルファイルをご利用いただけます。
サンプルファイルの利用方法についてはzipファイル内のREADME.mdを参照してください。
https://github.com/hiratara/Haskell-Nyumon-Sampleからgitでも取得できます。

ダウンロード
サンプルファイル

お詫びと訂正

本書の以下の部分に誤りがありました。ここに訂正するとともに,ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

(2017年9月26日最終更新)

目次,P.256

型安全なJOSN操作 - aeson
型安全なJSON操作 - aeson

P.44「ポイントフリースタイルによる可読性の悪化」

\x y -> (x + 2) * (y + 3)
\x y -> (2 + x) * (3 + y)

P.60リスト


Prelude> case x of (x1, x2) -> print x2


Prelude> case x of (x1, x2) -> x2

P.73リスト


module Main(main) where import Params


module Main(main) where
import Params

P.161最下部のリスト

正しくは黒背景です。

P.169リスト


game :: [Card] -> [(Score, Hand, Player)]


game :: Stock -> [(Score, Hand, Player)

P.245のリスト

import Control.Monadは必要ありません。

P.245最下部のリスト

次の修正に加えて,背景色は黒色です。


fromList ["Dog", "Pig", "Cat", "Wolf", "Mouse", "Cow", "Horse"]


["Dog", "Pig", "Cat", "Wolf", "Mouse", "Cow", "Horse"]

P.260リスト


nameListValue :: Value



{# LANGUAGE OverloadedLists}
nameListValue :: Value


P.271「Prism」によるデータアクセス内のリスト


他の関数も使うのでControl.Lens.Prismまでしてしない


他の関数も使うのでControl.Lens.Prismまで指定しない

P.301リスト


getUrl :: Request -> IO L8.ByteString


getUrl :: Request -> IO C8.ByteString