Access マクロ 入門
~仕事の現場で即使える

書籍の概要

この本の概要

Accessには業務を自動化するためのプログラミングツールが2種類あります。マクロとVBAです。マクロはかんたんに操作できるがゆえに,VBAと比べて,機能が劣っているというイメージがあるかもしれません。ただし,それは古いイメージによっています。現在ではマクロでも機能はパワフルであり,たいがいの業務を自動化することはできるでしょう。本書は唯一のAccessマクロ専用の入門書です。

こんな方におすすめ

  • Accessマクロを学ぶ人全般

本書のサンプル

本書の一部ページを,PDFで確認することができます。

目次

CHAPTER 1 マクロの基本と本書のサンプルについて

  • 1-1 Accessで扱うオブジェクト
  • 1-2 作業の自動化
  • 1-3 サンプルの構造と動作

CHAPTER 2 マクロツールを使ってみよう

  • 2-1 マクロツールを開いてみよう
  • 2-2 アクションカタログについて理解しよう
  • 2-3 マクロを作成してみよう
  • 2-4 マクロを実行しよう

CHAPTER 3 フォームを作成しよう

  • 3-1 テーブルをベースにフォームを作ろう
  • 3-2 フォームを使ってみよう
  • 3-3 フォームを呼び出すフォームを作ろう
  • 3-4 作成したマクロを実行しよう

CHAPTER 4 高機能なフォームからクエリやレポートを操作しよう

  • 4-1 マクロの動きを変化させよう
  • 4-2 条件分岐「If」について理解しよう
  • 4-3 フォームに入力された値を利用しよう

CHAPTER 5 アプリケーションを仕上げて使いやすくしよう

  • 5-1 フォームを呼び出すボタンをまとめよう
  • 5-2 自動で新規レコードへ移動しよう
  • 5-3 開いているオブジェクトを閉じよう
  • 5-4 データが0件の場合はマクロを中止しよう
  • 5-5 マクロの一部をグループ化して見やすくしよう

CHAPTER 6 Excel とデータをやりとりしよう

  • 6-1 クエリの結果をエクスポートしよう
  • 6-2 Excel データをインポートしよう
  • 6-3 変数の使い方を学ぼう
  • 6-4 エラーが起きたときの対処法を学ぼう

CHAPTER 7 マクロをもっと使いこなそう

  • 7-1 ユーザーの入力した値を使おう
  • 7-2 繰り返し処理を使ってみよう
  • 7-3 コンボボックスの値を絞り込もう
  • 7-4 マクロをコピーしよう
  • 7-5 データマクロを使ってみよう

APPENDIX アクションカタログ リファレンス

  • A-1 UIマクロ
  • A-2 データマクロ

著者プロフィール

今村ゆうこ(いまむらゆうこ)

非IT 系企業の情報システム部門に所属し,Web 担当と業務アプリケーション開発を手掛ける。小学生と保育園児の2 人の子供を抱えるワーキングマザー。