スピードマスターシリーズスピードマスター
1時間でわかる Webライティング

[表紙]スピードマスター 1時間でわかる Webライティング

四六判/160ページ

定価(本体1,000円+税)

ISBN 978-4-297-10253-1

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

本書は「1時間で読める・わかる」をコンセプトに制作された,まったく新しいタイプの実用書です。「1時間でなにができる?」と疑問を感じているかもしれませんが,知っておくべき必要な知識や操作それほど多くはありません。
逆にいえば,本書で解説していることを,1時間しっかりと読んで理解することができれば,正しいライティングを行うテクニックとしては十分なのです。あとは実践あるのみです。

こんな方におすすめ

  • 小さなお店のオーナー,小さい会社のWebマーケッター

著者の一言

インターネットが普及し,誰もが自由に情報発信できる環境を手に入れた今,「書く力」「伝える力」は,誰もが身に付けなければならない,重要なスキルとして注目されています。ライティングに関するテクニックやコツは,たくさんあります。「ちょっとしたコツ」を取り入れるだけで,あなたの文章は,劇的に変わります。
ぜひ本書を手に取り,カフェで1時間,ライティングを学ぶ時間を過ごしていただけたら嬉しいです。

本書のサンプル

本書の一部ページを,PDFで確認することができます。

目次

1章 なぜWebライティングが重要なのか?

  • 01 日本全国総ライター時代
  • 02 Webメディアの特性
  • コラム Webライティングが売上に直結する

2章 正しい文を書く

  • 03 なぜ「正しい文を書く」ことが大切なのか?
  • 04 情報ソースの正確性を見極める
  • 05 正しい日本語を使う
  • 06 著作権のルールを守る
  • 07 誤字・脱字チェック(校正)を徹底する
  • 08 自分自身の表記ルールを作る
  • コラム 記者ハンドブックのすすめ

3章 読みやすい文を書く

  • 09 なぜ「読みやすい文を書く」ことが大切なのか?
  • 10 空白行を入れる
  • 11 見出し・小見出しを入れる
  • 12 目次を入れる
  • 13 漢字・ひらがな・カタカナを書き分ける
  • 14 体言止めでリズムを生み出す
  • 15 重複表現・繰り返しを避ける
  • コラム 同じ言葉を使わないために「類語辞典」を活用する

4章 わかりやすい文を書く

  • 16 なぜ「わかりやすい文を書く」ことが大切なのか?
  • 17 ターゲットを明確にする
  • 18 一文一義で書く
  • 19 箇条書きを使う
  • 20 主語と述語を近くに置く
  • 21 修飾語と被修飾語を近くに置く
  • 22 肯定表現と否定表現を使い分ける
  • 23 能動態と受動態を使い分ける
  • コラム ターゲットを明確にするために,ペルソナシートを活用

5章 伝わりやすい文を書く

  • 24 なぜ「伝わりやすい文を書く」ことが大切なのか?
  • 25 目的を明確にする
  • 26 具体的に書く その1(数字を使う)
  • 27 具体的に書く その2(固有名詞を使う)
  • 28 主観と客観を書き分ける
  • 29 序論・本論・結論で論文のように構成する
  • コラム 画像を使って伝わりやすくする

6章 心を動かす文を書く

  • 30 なぜ「心を動かす文を書く」ことが大切なのか?
  • 31 表現力豊かに書く
  • 32 ネガティブアプローチ
  • 33 ポジティブアプローチ
  • 34 キャッチコピーを活用する
  • 35 心理学的活用で気持ちを震わす
  • 36 行動させるためのボタンの工夫
  • コラム キャッチコピーに敏感になる

7章 集客につながる文を書く

  • 37 なぜ「集客につながる文を書く」ことが大切なのか?
  • 38 Goog le検索で1位になる意味を知る
  • 39 検索されるキーワードを抽出する
  • 40 ページ=1テーマで書く
  • 41 SEOに効果的な3大タグを使う
  • 42 重複コンテンツを作らない
  • コラム 検索順位を調べるツール

8章 効率的に速く書く

  • 43 なぜ「効率的に速く書く」ことが大切なのか?
  • 44 準備8割を徹底する
  • 45 音声入力・単語登録でスピードアップ
  • 46 プロ意識を持つ
  • コラム 量稽古で腕を磨く

著者プロフィール

ふくだたみこ

富士通系子会社にてテクニカルライターとして金融系,流通系ソフトウェアのマニュアル開発に従事。フリーランスのライターを経て2004年に株式会社グリーゼに入社。企業向けコンテンツマーケティング及びコンテンツ制作などの支援を実施。デジタルハリウッドや全国の商工会議所等にて「コンテンツマーケティング」に関する研修を多数担当。SEOやWebライティングに関する著書3 冊がある。


さかたみちこ

阪急百貨店勤務後,株式会社グリーゼのディレクター/ライターとして,企業のWebコンテンツの企画/設計/制作を多数担当している。「人を動かすコンテンツ」をモットーに,ペルソナの設計を重視し,ユーザー目線のコンテンツ制作が得意。