まなびのずかんシリーズ親子で学ぶ お金と経済の図鑑

[表紙]親子で学ぶ お金と経済の図鑑

B5判/200ページ

定価(本体2,780円+税)

ISBN 978-4-297-10522-8

電子版

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

お金のしくみ,そして経済のしくみについて,わかりやすく解説したオールカラーの図鑑です。お金の「基本的なしくみ」から始まり,家庭の収入や支出などの「身近なお金」,会社や商店,銀行,保険などの「生活の周りにあるお金のやりとり」,いま話題の「仮想通貨,電子マネー,プリペイドカード」,為替,株取引,貿易,経済・財政政策,国際金融など,幅広く取り上げています。地域経済から日本経済,世界経済まで網羅した本格的な内容です。お子さんが「お金」に対する理解を深めるのはもちろん,大人が「経済」「金融」「財政」などをより深く知る「学び直し」にも大変役立つ一冊となります。

こんな方におすすめ

  • お金や経済について学びたい親子

本書のサンプル

本書の紙面イメージは次のとおりです。画像をクリックすることで拡大して確認することができます。

サンプル画像1

サンプル画像2

サンプル画像3

目次

  • はじめに
  • この本の特徴と使い方

第1章 お金のはなし

act.1 お金

  • お金の誕生
  • 日本のお金の歴史①
  • 日本のお金の歴史②
  • 世界の紙幣
  • 世界の硬貨
  • 日本の紙幣と貨幣

act.2 お金と経済

  • どうしてお金が使えるのか
  • お金はだれが発行しているのか
  • お金が紙くずに変わる日①
  • お金が紙くずに変わる日②
  • キャッシュカードとクレジットカード
  • プリペイドカード
  • これからの通貨・仮想通貨①
  • これからの通貨・仮想通貨②
  • いろいろな仮想通貨とビットコイン

act.3 モノの価格

  • モノの値段はどうやって決まるのか
  • モノの価格に含まれているもの
  • サービスの値段
  • 安ければ売れるのか
  • コラム1 偽札との戦い

第2章 私たちの生活と経済のはなし

act.1 生活と経済

  • 個人の収入の種類
  • 日本人はいくらもっているのか
  • 日本人はいくら稼いでいるのか
  • 日本で暮らすには,いくらかかるのか
  • 個人ローンとは
  • 消費者金融とカードローン
  • 生涯賃金と老後に必要な資金
  • 貧困の問題

act.2 銀行

  • 金融機関とは
  • 銀行の役割
  • 日本銀行
  • 利子と利息のしくみ
  • 投資・出資・融資の違い
  • 預金と貯金の違い
  • 金融機関の破たん

act.3 保険

  • 保険とは
  • いろいろな保険
  • 保険金が支払われるしくみ
  • コラム2 マイナス金利って何?

第3章 企業活動と経済のはなし

act.1 会社

  • 日本の企業形態
  • 株式会社
  • 株の取引
  • 企業価値
  • 株価
  • 決算書を読む①
  • 決算書を読む②
  • 資金調達のしくみ
  • 会社の倒産
  • コラム3 会社を作るのにいくらかかる?

第4章 国や地方自治体のお金のはなし

act.1 公共のお金

  • 税金の役割
  • 世界のユニークな税
  • 国家予算
  • 地方自治体のお金
  • 国の借金
  • 金融政策
  • 社会保障制度
  • 年金制度
  • 年金制度の問題
  • 経済的な助け合い
  • 公共事業と経済
  • 自治体の破たん
  • コラム4 超財政難だった明治政府

第5章 世界経済のはなし

act.1 日本と世界

  • 日本からの輸出
  • 日本への輸入
  • 日本の貿易の課題
  • 外国為替
  • 外国為替のしくみとモノの値段

act.2 世界経済

  • 国内総生産(GDP)
  • 世界の貿易
  • 関税と貿易
  • 貿易摩擦
  • 貿易と協定
  • 金融による世界の結びつき
  • インターネットと世界経済
  • コラム5 戦争と経済

付録

経済学入門

  • 重商主義
  • 重農主義
  • 古典派経済学
  • マルクス経済学
  • 新古典派経済学
  • ケインズ経済学
  • ミクロ経済学とマクロ経済学
  • 複雑系経済学
  • ノーベル経済学賞の歴代受賞者

経済用語と資料

  • お金と経済の用語をもっとくわしく!
  • 日本のおもな税
  • 財政が破綻したおもな国や自治体
  • コラム6 経済学に心理学を取り入れた「行動経済学」
  • さくいん