実践Rust入門[言語仕様から開発手法まで]

サポートページ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

お詫びと訂正(正誤表)

本書の以下の部分に誤りがありました。ここに訂正するとともに,ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

(2019年5月20日最終更新)

P.92 2段落目

一方でバイトニックソートは計算量が .. 常にO(n log n)です。
一方でバイトニックソートは計算量が .. 常にO(n log^2 n)です。

P.92 2段落目

全行程の並列処理が可能で、その場合はO(log n)の時間でソートできます
全行程の並列処理が可能で、その場合はO(log^2 n)の時間でソートできます

P.94 7行目

ステップ3bでは
ステップ2cでは

P.107 ch3/biotonic-sorter/src/second.rs


let mut x = vec!["Rust", "is", "a", "system", "programming", "language",
"that", "runs"];


let mut x = vec!["Rust", "is", "fast", "and", "memory-efficient",
"with", "no", "GC"];

P.120 ch3/biotonic-sorter/src/third.rs


use super::{is_power_of_two, sort, sort_by};


use super::{sort, sort_by};

P.123 ch3/biotonic-sorter/src/third.rs


if is_power_of_two(x.len()) {


if x.len().is_power_of_two() {

P.132 コードブロック31行目


let sum = (1.. = n).sum();


let sum = (1..=n).sum();

P.150 表4.2 整数型がサポートしている主な演算の「算術演算」

加算、除算、..
加算、減算、..

P.181 図5.3 左上

capacity 5
capacity 8

P.181 図5.3 左上

vec
Vec

P.259 図7.1図の右

直前の状態
の状態

P.284 図7.10

「所有する」の矢印の方向が下の箱に向かっている
「所有する」の矢印の方向は「100」、「200」の箱に向かう

P.370 ch9/parser/src/main.rsの12行目に以下を追加


use std::iter::Peekable;

P.380 ch9/parser/src/main.rs(抜粋)の1行目に以下を追加


use std::str::FromStr;

P.382 ch9/parser/src/main.rs(抜粋)の26行目


let loc = &self.1


let loc = &self.loc

P.382 ch9/parser/src/main.rs(抜粋)の27行目


match self.0


match self.value

P.382 ch9/parser/src/main.rs(抜粋)の38,40,41,45行目


tok.kind


tok.value

P.385 ch9/parser/src/main.rs(抜粋)の16行目


e.1.clone()


e.loc.clone()

P.393 ch9/parser/src/main.rs(上)の2行目


use self::Ast::*;


use self::AstKind::*;

P.393 ch9/parser/src/main.rs(下)の9行目


use self::BinOp::*;


use self::BinOpKind::*;

P.456 2つ目のコードブロック先頭に以下を追加


use actix_web::State;

P.526 ch12/onigmo-rs/onigmo-sys/build.rs

以下のURLより差分をご確認ください。

P.535 ch12/onigmo-rs/onigmo/src/lib.rs(抜粋)の14行目


num_regs = (*self.0).num_regs


num_regs = (*self.as_ptr()).num_regs

P.535 ch12/onigmo-rs/onigmo/src/lib.rs(抜粋)の14行目


let region = *(self.0).0;


let region = *(self.0).as_ptr();

P.536 ch12/onigmo-rs/onigmo/examples/simple.rs(抜粋)の4行目


"a(.*)b|[e-f]+".to_string()


"a(.*)b|[e-f]+"