パーフェクトガイドシリーズVisual Studio パーフェクトガイド

[表紙]Visual Studio パーフェクトガイド

B5変形判/320ページ

定価(本体2,780円+税)

ISBN 978-4-297-10598-3

電子版

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

本書はIDEに焦点を当てた書籍です。IDEは豊富な機能が揃っているため,C#を用いてUnityでゲーム開発を行う場合やクロスプラットフォーム開発を行う際,IDE(Visual Studio)を使うのはデファクトスタンダードになっています。本書は新人エンジニアに向けて,豊富な機能が揃ったIDEが裏で何をやっているかをわかりやすく解説した書籍を目指します。Visual Studio 2019に対応。

こんな方におすすめ

  • Visual Studioを使いこなしたいと思っている新人エンジニア
著者プロフィール

保科尚郁(ほしなたかふみ)

1章,2章,9章担当。
1980年生まれ。Microsoft 系(.NET Framework)開発に携わりたく,2002 年10月に転職して株式会社Knowlbo へ入社。
現在,各PC,サーバーのセットアップ作業からプロダクトマネージメント業務,データセンター運営管理,Office365 管理などなど・・・幅広く業務をこなしつつ,カスタマー対応(提案,開発)までこなす「何でも屋さん」として活動中。

田村光功(たむらみつのり)

3章,4章担当。
一切プログラミング経験の無いド素人プログラマとして,2010年,株式会社Knowlboに入社。コンポーネントの開発から任され始め,気付けばもう10年近くになった。最近では,会社での役割上,開発をする機会は減ったが,Microsoft Graph APIやGoogle APIなど,外部APIを利用したシステム連携の開発を主に担当している。

緒方強支(おがたつよし)

6章,7章担当。
1971年生まれ。埼玉県在住。MCP取得(Programing C#)。専門学校卒業後,株式会社Knowlboへ入社。自社パッケージソフトの開発を担当。家では洗濯と洗い物を担当。入社してすぐにMSの開発環境を使い始めたため,Visual C++ から数えるとVisual Studio 歴は25 年!Visual Studio(+ MacBook Pro + EV2736W + HHKB Pro2 + M570 + VirtualBox)のおかげで,快適なソフトウェア開発の人生が送れているといっても過言ではない。

佐々木隆行(ささきたかゆき)

5章担当。
小学校6年生の時にFM-8というパソコンでBASICを使用しプログラミングを始める。高校生には自作のハードウェアでファミコンとパソコンを接続し,ファミコンのゲームをクロスプラットフォームで開発。アセンブリがなかったので,MOS 6502のマシン語を直接打ち込んでいた。社会人2 年目でとある大企業のトレーニーのC++とMotifの教育をしていた。自宅のFM-TOWNSにはLinuxをインストールしていたが,そのときのVer.0.96とかで毎週のようにバージョンアップしていた。王国民で時々アビサポ。

齋藤歩(さいとうあゆみ)

8章担当。
大学は情報工学を専攻し,流れでプログラミングサークルへ入部し,初めてプログラミングと出会う。大学卒業後,1 回の転職を経て2017 年に株式会社Knowlbo に入社し現在に至る。現在のお仕事は弊社製品であるワークフローEX の新規機能開発や機能修正をメインで行っている。

目次

第1章 Visual Studioとは

1-1 Visual Studioの概要

  • Visual Studioは統合開発環境(IDE)
  • 統合開発環境(IDE)の歴史
  • Visual Studioの歴史

1-2 Visual Studioの特徴

  • .NET Framework
  • .NET CoreとXamarin
  • Visual Studioで開発できるアプリケーションとワークロード

1-3 Visual Studioのエディション構成

  • Visual Studio 2019のエディション

第2章 Visual Studioをはじめよう

2-1 Visual Studioのインストール

  • Visual Studio 2019のシステム要件
  • Visual Studio 2019の入手先
  • Visual Studio 2019のインストール
  • ワークロードの追加,変更
  • 個別のコンポーネント構成
  • 言語パックのインストール

2-2 Visual Studioの起動と構成

  • Visual Studio 2019の起動
  • Visual Studio 2019の開発画面

2-3 アプリケーション開発の基礎知識

  • プロジェクトとソリューション
  • ビルドとコンパイル
  • デバッグ
  • Visual Studioの拡張機能
  • Visual Studio Marketplaceからの追加方法

第3章 Visual Studioの基本

3-1 Visual Studioの基礎知識

  • Visual Studioでできること
  • Visual Studioで開発できるアプリケーションの種類
  • Visual Studioにおける開発の流れ

3-2 プロジェクトを使いこなす

  • プロジェクトを作成する
  • C#クラスを作成する
  • プロジェクトを閉じる
  • プロジェクトを開く
  • 複数のプロジェクトを開く
  • プロジェクトを移行する
  • プロジェクトの取り込み
  • ファイルの取り込み
  • プロジェクトの設定を理解する

3-3 ソリューション エクスプローラー

  • ソリューション エクスプローラーとは
  • 表示位置
  • 表示項目
  • ツールバー
  • 検索テキストボックス
  • コンテキスト メニュー
  • 「ソリューション」ノードのコンテキスト メニュー
  • 「プロジェクト」ノードのコンテキスト メニュー
  • 「ファイル,クラス,メソッド」ノードのコンテキスト メニュー

第4章 エディターを使いこなす(コーディング)

4-1 エディターの基礎知識

  • テキストエディターとは
  • Visual Studioエディターの特徴

4-2 エディターの基本操作

  • 選択範囲のコメントアウト/コメント解除
  • 選択範囲のインデント/インデント解除
  • ソースコードの折りたたみ/展開
  • 検索/置換
  • 名前の変更
  • デザイナーの利用
  • アセンブリの参照
  • Webサービスの参照
  • NuGetパッケージの管理
  • アセンブリ情報の設定

4-3 便利な編集機能

  • 特定の場所への移動
  • Usingの削除と並べ替え
  • コード生成(スニペット,クイックアクションなど)
  • 画面の切り替えと分割
  • ズームイン/ズームアウト

4-4 入力予測機能の使用

  • IntelliSense
  • IntelliCode

4-5 エディターのカスタマイズ

  • 配色のカスタマイズ
  • フォントのカスタマイズ
  • 現在表示中のファイルを選択状態にする
  • 固定されたタブを別の行で表示する
  • 空白の表示
  • スクロールバーの動作を変更する
  • タブの設定

第5章 Visual Studioのデバッグ

5-1 デバッグ手法を学ぶ前の基礎知識

  • デバッグとは
  • サンプルプロジェクトの作成
  • サンプルプロジェクトのビルド
  • リビルド
  • デバッグの開始

5-2 実行の制御

  • ステップイン
  • ステップオーバー
  • ステップアウト
  • Run To Click
  • 実行フローの変更
  • 呼び出し履歴ウィンドウ

5-3 データの検査

  • データヒント
  • 自動変数とローカル
  • ウォッチ
  • 変数ウィンドウの検索
  • コマンドウィンドウ
  • イミディエイトウィンドウ
  • 例外ヘルパー
  • 出力ウィンドウ
  • 実際のデバッグ
  • IntelliTraceを使う

5-4 実行中プロセスのデバッグ

  • プロセスにアタッチ
  • 一般的なアタッチによるデバッグ

第6章 Visual Studioのテスト手法

6-1 テスト手法を学ぶ前の基礎知識

  • ソフトウェアテスト
  • Visual Studioの単体テスト向けの機能
  • Visual Studioの機能/テストツール

6-2 単体テストのプログラム構成

  • テストドライバー
  • スタブ/モック

6-3 単体テスト用の機能

  • 単体テスト プロジェクト
  • 単体テスト用の属性
  • Assertクラス
  • テスト エクスプローラー
  • テスト エクスプローラーのツールバー
  • テスト エクスプローラーのコンテキスト メニュー

6-4 テストドライバーの作成

  • サンプルプログラムのプロジェクト作成
  • フォームの作成
  • サービスクラスの作成
  • 単体テストのプロジェクト作成

6-5 スタブ/モックを利用した単体テストの実装

  • ロジックのクラスライブラリのプロジェクト作成
  • ロジック/機能のインターフェイス作成
  • モック用ライブラリの利用

6-6 クラスライブラリのテストドライバー作成

  • ロジッククラスの実装1
  • ロジッククラスの実装2
  • ロジッククラスの修正

第7章 Visual Studioのデプロイ手法

7-1 デプロイ手法を学ぶ前の基礎知識

  • デプロイとは
  • Webアプリのデプロイ
  • Windowsアプリのデプロイ

7-2 Webアプリをデプロイする

  • Webアプリの発行
  • Webアプリの発行/Web配置
  • Webアプリの発行/Webデプロイパッケージ
  • Webサイトへのデプロイ

7-3 Windowsアプリをデプロイする

  • Windowsアプリの発行
  • Windowsアプリのデプロイ
  • Windowsインストーラーの作成

第8章 クロスプラットフォーム開発

8-1 クロスプラットフォーム開発の基礎知識

  • なぜクロスプラットフォーム開発?
  • クロスプラットフォーム開発とは

8-2 Unity

  • Unityとは
  • 導入方法
  • スクリプトを編集するエディターを設定する

8-3 Xamarin

  • Xamarinとは
  • プログラムの更新
  • エミュレーターによるデバッグ(Android)
  • エミュレーターによるデバッグ(iOS)
  • スマートフォン上での動作確認

第9章 Visual Studioによるチーム開発

9-1 チーム開発とは

  • チーム開発と個人開発の違い
  • チーム開発で利用するツール

9-2 Visual Studioのチーム開発機能

  • チームエクスプローラー
  • Live Share

9-3 Gitによるバージョン管理

  • ソリューションをローカルGitリポジトリに登録する
  • 変更したファイルをローカルGitリポジトリにコミットする
  • GitHubとの統合

9-4 Team Foundationバージョン管理

  • プロジェクトを作成する
  • プロジェクトとワークスペースのマッピング
  • ソリューションをソース管理に追加する
  • 変更したファイルをチェックインする

Appendix 用語集

A-1 Visual Studio 関係の用語

A-2 プログラミング関係の用語

A-3 IT関係の用語