例題で学ぶシリーズ例題で学ぶ
はじめての電気数学

[表紙]例題で学ぶ はじめての電気数学

A5判/312ページ

定価(本体2,680円+税)

ISBN 978-4-297-10733-8

電子版

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

電流や電圧などの電気・電子に関する値を計算するためのツールと考えれば,それほど深い説明は必要ありません。重要なのは,数学をツールとしてどう電気・電子の現象に適用するかです。本書は,数学の公式の厳密な証明や深い説明は極力避け,電気・電子分野でどう適用するかを中心に,例題を交えて,具体的にどう適用するかについて説明します。

こんな方におすすめ

  • 工学系の大学生,高専の学生

本書のサンプル

本書の紙面イメージは次のとおりです。画像をクリックすることで拡大して確認することができます。

サンプル画像1

サンプル画像2

サンプル画像3

サンプル画像4

目次

第1章 電気数学に関する基本事項

  • 1-1 プラス・マイナス・ゼロ
  • 1-2 10のべき乗と有効数字
  • 1-3 分数

第2章 比例・反比例関係

  • 2-1 比例
  • 2-2 比の表現方法
  • 2-3 反比例

第3章 関数

  • 3-1 1次関数
  • 3-2 2次関数
  • 3-3 関数のブラックボックス表現

第4章 方程式

  • 4-1 方程式
  • 4-2 1元2次方程式
  • 4-3 2元1次方程式と連立方程式

第5章 三角関数

  • 5-1 三角関数の基本的な定義
  • 5-2 三角関数の円を用いた表現
  • 5-3 正弦波(sin 波)・余弦波(cos 波)

第6章 ベクトル

  • 6-1 ベクトルの基本事項
  • 6-2 ベクトルの足し算・引き算
  • 6-3 ベクトルの内積
  • 6-4 ベクトルの外積

第7章 指数・対数

  • 7-1 指数
  • 7-2 対数
  • 7-3 デシベル

第8章 行列

  • 8-1 連立方程式の行列表現
  • 8-2 行列式
  • 8-3 連立方程式の行列を使った解法1(逆行列)
  • 8-4 連立方程式の行列を使った解法2(クラメルの公式)

第9章 複素数

  • 9-1 ルート・n乗根
  • 9-2 複素数
  • 9-3 複素平面
  • 9-4 複素平面を利用した複素数の演算
  • 9-5 複素数による交流の電気回路解析

第10章 微分

  • 10-1 関数と微分の関係
  • 10-2 微分を求める上での一般的な計算規則
  • 10-3 いろいろな関数の微分公式
  • 10-4 関数の最大・最小

第11章 積分

  • 11-1 積分の意味と定積分
  • 11-2 不定積分
  • 11-3 置換積分
  • 11-4 部分積分
  • 11-5 積分の応用

第12章 微分方程式

  • 12-1 微分方程式での基本事項
  • 12-2 変数分離法による微分方程式の解法
  • 12-3 1 階線形微分方程式
  • 12-4 微分方程式の応用

第13章 電気電子回路での応用

  • 13-1 トランジスタの回路解析
  • 13-2 抵抗・コンデンサ・コイルの交流解析
  • 13-3 並列回路の過渡現象解析
  • 13-4 交流電力と整合

第14章 ベクトル解析

  • 14-1 スカラー場・ベクトル場
  • 14-2 直交座標系と極座標系
  • 14-3 偏微分
  • 14-4 grad(勾配)
  • 14-5 div(ダイバージェンス:発散)とガウスの法則
  • 14-6 rot(ローテーション:回転またはカール)とストークスの法則
  • 14-7 grad,div,rot の組み合わせ

第15章 電磁気での応用

  • 15-1 電荷が作る電場(電界)
  • 15-2 電流が作る磁場(磁界)
  • 15-3 アンペールの法則
  • 15-4 電磁力
  • 付録A ギリシャ文字
  • 付録B 電気と磁気の単位表
  • 付録C 接頭語表
  • 付録D 公式集

著者プロフィール

早川潔(はやかわきよし)

山梨大学大学院工学研究科博士後期課程社会・情報システム工学修了 工学(博士)。通商産業省工業技術院電子技術総合研究所,九州工業大学工学部電気工学科講師を経て,現在は大阪府立大学工業高等専門学校の教授。