ロングセラー

『SQLポケットリファレンス』の著者にインタビュー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

SQLのリファレンスとしてご好評いただいております「改訂新版 SQL ポケットリファレンス」の著者,朝井淳氏にお話を伺いました。

自己紹介を兼ねて,簡単に現在のお仕事とご職歴を教えて頂けますか?
現在は,通信プロトコルの実装など,通信系のソフトウェア開発が本業です。サーバープログラムを開発することもあるので,SQLを使うこともあります。主に使うプログラム言語はC/C++です。
これまでやってきた仕事は,ほとんどがソフトウェア開発の仕事です。学校はCG科でしたが,仕事でCGをやったことはないです。
最初にデータベースを使い始めたのは,MiscrosoftのSQL Serverが登場したての頃でした。もちろん,ちゃんとした仕事でです。VBでクライアントプログラムを作っていました。
本書の執筆のきっかけは,以前に朝井さんが作成されたホームページ上で,SQLの入門を解説されていたことです。このページを編集担当者が偶然見つけて,連絡をとったのが「はじめの一歩」でした。
朝井さんが以前にSQLを解説するページを作成されて,公開されておられたのはどうしてでしょうか?
VBでクライアントを作る開発が多くなり,社内の新人に教える必要があったので,初歩的なSQLのテキストを作りました。最初は普通にワープロで作ってあったと思います。ちょうどその時期に,職場がインターネットにつながったのです。
会社でも,Webサーバーを立ててみたわけです。サーバーを立てたは良いが,コンテンツが何もない状態だとさみしいので,新人教育用のSQLのテキストをHTMLに直して,置いてみた,といったところでしょうか。
その後,編集の方の目に留まり,あれよあれよという間にポケリになってしまったわけです。
SQLの使い始めで,何か具体的に気をつけることはありますか?
CとかJavaなどは,手続き型言語なので,命令が順番に実行されていきますよね。ひとつの命令は単純です。SQLはひとつの命令,とくにSELECT命令はそれだけでいろいろなことができます。命令の数もSQLの方が少ないですしね。
手続き型言語に慣れている人は,その辺りのことを注意した方が良いかも知れません。考え方が違うのだと。
最初は簡単だと思うかも知れませんが,けっこう奥が深いんですよね。SQLって。舐めてかからない方が良いと思いますよ。
SQLはたくさんの関数や文法がありますが,朝井さんは全て覚えているのでしょうか? それとも最低限,覚えておいて,必要に応じて,調べるのでしょうか?
さすがに,全部は覚えられません。それに,メインで使っている言語がCやJavaであったりすると,そっちの方はよく使うので覚えていられますが,SQLはたまにしか使わないので...,うろ覚えだったりします。
そこで,ポケリの出番なのです。自分で書いたものを自分で使っているわけですが。
本書を有効に活用するために,著者として,読者にどのように使ってもらいたいでしょうか?
使い道は,読者の方でそれぞれでしょうから,私がこう使ってくれと主張しても仕方がないと思います。
ただ,どのように使ってもらってもうれしいです。リファレンスは使ってもらってこそ,価値があるものですから。「ページを開きまくってボロボロになってしまった」といった話を聞くと,「書いてよかったなぁ」としみじみ思います。

コメント

コメントの記入